« やっと春…心に | トップページ | 手芸の会を »

2013年2月 8日 (金)

半年過ぎても

footmemo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

例年よりずっと早い『春一番』が吹いて驚いたら、なんと今日は今冬一番の寒風に襟元を掻き合わせ。

明日からも寒い日が続くそうですから風邪や体調の乱れに要注意ですね。

.

夏の怪我から半年になりますが、実はまだ管を抜いた後(ここがカギ裂き傷の先端)は赤いままで痛みが強いのです。

右下肢が疼く痛みで眠れない夜もあります。

それだけ痛いのに、一部に神経が切れて感覚が鈍っている箇所があり、カイロなども低温火傷の危険があって使えません。

.

足を冷やさないように&Gパンの縫い目で擦れないように…この冬は薄くても温かいスパッツや膝サポーター、細身だけれど裏起毛で伸縮性のあるパンツ、そして膝上(over-knee)ブーツが増えました。

寝具も自然保温の出来る敷きパッドと、足元から遠ざけてタオル巻きした湯タンポ。

.

例年なら“花粉症”の危惧から素直に喜べない春風が待ち遠しくさえ思えます。

.

左足は脊柱管狭窄で痺れ、右足は…長引く怪我の後遺症。

それでも“他人に痛んでいると気取られずにシャキッと歩く”のが私の突っ張り?、頑張りです。

右足の痛みはいずれは軽くなるでしょうが、左足の可能性は先細り。

歩けなくなったら治癒確率の悪い手術が待ってるだけですもの。

.

薬も効かない、医師も「とくに効果的な治療は無いですね」と言う痛みに対する私のレジスタンス。

.

自治会長のTさんが「後ろから見ていて、時々歩みが止まって深呼吸してると“痛んでるんだろうなぁ~”って思うことがある。

あなたが80歳台なら直ぐに手を貸せるし、70歳台でも声は掛けられると思うけど。

まだ60歳台だから「頑張れ!」って陰ながら背を押すしかないんだよね」と。

.

出歩く時には、痛みを顔に出さないように店舗のガラスを姿見代わりに、ふらつかないように真っ直ぐに歩くことを心がけて。

そして、何より他人にぶつかったりしないように気を付けて。

.

スーパーで顔見知りとすれ違うと、「重い荷物は車で持って行ってあげるよ」と嬉しい言葉を頂きます。

(重い物は殆ど店の配達サービスを使っているのでお気持ちだけ有りがたく頂いていますが)

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« やっと春…心に | トップページ | 手芸の会を »

コメント

傷は寒かったり季節の変わり目には特に痛みますね。
もっとも私の痛みは年がら年中ですが。

ご近所に親切な方がたくさんいらっしゃるようで、良かったですね。
遠くの親戚より近くの他人っていいますものね。

こちらでは夕方から雪が降り始めました。
まだ帰宅しない息子が心配です。

思わず。。そんなに頑張りすぎなくても......と声に出してつぶやいてしまいました。

.....が、それがば〜ばさまの矜持なのでしょうね。そして私と同じ匂いがするなあ。。と。

周囲に依存せず毅然と生きている母の姿を見て育った私は、「毅然と」まではいかないかもしれませんが、母と同じような生き方をしているなあと思います。その母が、80歳を過ぎ、近頃よく私に「あなた、そんなに頑張りすぎなくても。。」と言います。「それは私の台詞。もっと娘に頼ってくれたらいいのに。」という私に、「まさか!一旦頼っちゃったらどんどん自分を甘やかしちゃうわよ。どうしても困ったらお願いするから。」

年を重ねると、善し悪しは別にしてそれまでの生き方を濃縮した生き方しかできないし、またそれは変えられず、変える必要もないのでしょうね。

私はば〜ばさまの生き方、大好きですよ。

「他人に痛んでいると気取られずに・・・」
反対に痛いこと、辛いことをアピールしなくてはいられない人っていますね。
ば~ばさんは強いですね。
私もどちらかと言うとどうしても手助けが欲しいとき以外は気取られないようにする方です。


Tさんの言葉は深いです。

絵手紙・・・自由でいいんじゃないですかね(*´∀`*)
最近、我が家でもネットスーパーで重い物を買い物することにしました。
お米とか飲み物とか大変になってきちゃってね
無理せず頑張りましょう(*´∀`*)

ばーばさま、大変ご無沙汰をいたしております。
PCのながーーい修理のために冬眠状態になりました(苦笑)。
文面を拝見しておりますと、かなりの痛みのようですね。
神経の痛みは、私も経験をしておりますが、耐えられません。
しかし、その痛みを詳細に綴るばーばさま。かなり冷静なお方です。
私も坐骨神経痛がありますが、ばーばさまを見習って克服しますね。
えっと、執筆活動とえらそうなことをいっておりますが、煮詰まりました。
どうかアドバイスをお願いいたします。ペコリ
正直いって、何をかいてよいものやら~見失いました。

heart応援を頂いている皆様

shineMOM様、shineじゅんこ様、shineプチトマ様、shineみどり様


pencilいつも応援、コメントをありがとうございます。

右足は疼く痛み、左足は痺れる痛み…まるで違う痛みなのですが同時に痛むとどっちがどうか分からなくなるものですね。

痛みは時には人間の感情や尊厳まで支配しようとするようで、痛みから解放されるためなら何もかも投げ出してもいいとさえ思わせます…あとで情けなくなりますが。

外に出た時には、Tさんのように陰ながら見てくれている方も居るようですから、精一杯の笑顔でなるべく気遣いを掛けないようにしたいものですconfident

ボタンの付いた帽子かぶってみたい!!何でもやってしまうば~ばさま。近くだったら教えてもらいに行きたいけど遠すぎる。見るだけで我慢します。

pencilあけぼの様
ボタンの付いた帽子は案外簡単なのですよ、どうぞ編んでみてくださいhappy01

1)模様編みが大変なら変わり糸などで結構ですから、約10㎝幅くらいに真っ直ぐ頭回り+重なり分(2㎝位)編んでボタンで止めます。
2)片側から頭囲分の拾い目をし、4~5㎝平らに編んだら10目に1目~9目に1目と減らしていき最後の数目は絞って終わり…完成です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと春…心に | トップページ | 手芸の会を »