« あなたの椅子で | トップページ | 野次馬の麺(面)食い »

2013年2月 3日 (日)

認知症を知る

flairmemo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

今日も自治会委員のKさんにお誘い頂いて、地域ホールでの講演会に出かけました。

テーマは“介護保険市民フォーラム『みんなで支える認知症』”。

.

講師は介護福祉士で、高齢者福祉の在り方を様々に提案・実現してこられた和田行男さん。

東京都で初の認知症高齢者グループホームの施設長になられた方です。

『大逆転の痴呆ケア』『認知症開花支援』などの著者でもあり、認知症になっても「人として生きる」ことを応援し続けておられます。

.

認知症は過ぎたばかりの新しい記憶は残らないけれど、古い過去の記憶はシッカリ残っているそうです。

とくにルーティンとしてきた家事や日課は覚えているので、それらを活かしてあげるのが寝たきりの予防にもなると。

だから独居高齢者と言えど完全介護の施設に入るより、グループホームなど看護リーダーの許で家事をしながら生活できるのが望ましいみたい。

.

初期の症状が出始めた方への対応の仕方、接し方(付き合い方)なども具体的に教えられました。

ただ、独居の場合、近隣の高齢の方が認知症らしき症状を呈されたとして、気付いてあげることはできるでしょうが~。

自分が認知症になってどなたかが気付いてくださればいいのですが。

.

帰り道でKさんが提案、もちろん喜んで賛成させて頂きました。

「ご迷惑かしらなんて思わずに、なるべくお声を掛け合いましょうね。

無用な遠慮はしないで、都合が悪い時は断って無事だけを確認し合いましょう」

さばけた好い方とお近づきになれたようです。

.

**************************

午後からの講演なので、聖蹟桜ヶ丘・京王ダイニング【Ducky Duck(ダッキーダック】でランチしてから。

サーモンとトビッ子と生海苔&アスパラのパスタ+サラダバー+ドリンクです。Rimg0003

.

講演が終わってデパ地下に立ち寄ると、あちこちのお店に人だかり…何処も店頭に“恵方巻き”が並べられていました。

私たちもつい商魂に乗って「ミーハーだわね」と笑い合いながら買いました。Rimg0004

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« あなたの椅子で | トップページ | 野次馬の麺(面)食い »

コメント

認知症は怖いです。
友人と「いっそのこと何も分からなくなった方が本人は楽かも」と話しています。
笑い話で終わっている間はいいのですが。

ば~ばさんはこれからまだまだお勉強で脳トレをなさるでしょ?
大丈夫ですよ。
私の方が早いかもしれませんね。

こんばんは、社会とのつながりが増えると
刺激が有って認知症にはなりにくいでしょうね。
まだまだ若いので認知症やその他弱者の役にたつことで生きがいが生まれると思いますよ。
素敵な人とお近づきになり素敵な人生送れそうですね。

誰もがなりたくないと思う認知症ですね。
ひとり暮らしだと気付かれるのが遅い。
娘たちに「ブログの内容がおかしかったら・・・」と言ったりしてます。
一番はボランティア、気付かれ易いと思います。
お仕事や出席予定があり、最近おひとりがお忘れが多くなり始めました。

マンションの友人たちは声を掛け合っていますが普通のおしゃべりでは気付きにくいでしょうね。


ご主人様の椅子は座り心地がよさそうです。
守られている気分になるのではないでしょうか。

ば~ばさん こんにちは^^
入退院を繰り返している実母
最近、・・・かな?と思う事がしばしば
あの、勝気な母が!と思うと切ないです。

heart応援を頂いている皆様

shineMOM様、shineみかん様、shineベンジャミン(keiko)様、shineチーちゃん様


pencilいつも温かな応援、コメントをありがとうございます。

わが母は独り暮らしで米寿まで生きましたが、最後の数年ほどは認知症の兆候が出て小火を出すなど危険でしたので特養施設のお世話になりました。

小火の時にはお向かいの家で直ぐに気付いて貰えましたが、真っ黒に焦げた鍋が幾つもあったり、買ってきたまま冷蔵庫に入れず腐らせた食品や、同じ商品を何度も買っていたり、かなり前から兆候は出ていたのでしょう。
でも、電話ではちゃんとした受け答えをするし、ご近所に迷惑を掛けたと言うことも無かったので気付くのが遅れました。

そんなことを我が身に想像すると何より怖いですthink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたの椅子で | トップページ | 野次馬の麺(面)食い »