« 自分で儘にならない体 | トップページ | 夫の友人たち »

2013年4月11日 (木)

おとめさん

heart03memo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

気の置けない友人なのですが口が悪い…で、いきなりグサッと来ました。

「久々に笑える話だこと。

Yさん(我が夫)もあの世で大笑いしてるよ、さすが永遠乙女のHちゃん(私)だってね。

.

あんたの場合は姑の“おトメさん”じゃなく、本当に“おとめさん”なんだから」

なんのことかと思われるでしょ…私の体調が悪いことです。

.

「それってアレよ、『お医者様でも草津の湯でも』って…あ、相手は医者だっけ。

症状が出たのは彼が居なくなってからでしょ、ネッ。

.

Yさんが信頼して命を預けた医師に、今度は自分の怪我や腫瘍を診てもらって。

ちょうどいい具合にYさんの受け持ち医が担当医になって…乙女チック婆さんは若い医者に夫をダブらせてしまった。

しかも都合のいいことにイニシャルまで同じときてるし。

.

彼をYさんの想い出共有者として、またYさんの代わりに自分を守ってくれる者として『草津の湯でも治らない病』にかかっちゃたわけよ。

(そう言えば、夫との最後の旅行は草津温泉でした)

.

文字通り身も心も頼り切って委ねた壁が急に外されて、ドテッとこけた…。

そりゃぁ痛いよね~全身打撲だもの、歳取ると治りが悪いしね~。

あんたが陥りそうな切ない話だわ、Yさんもきっと苦笑いしてることでしょ」。

.

そんなこと無い!、本当に吐き気がするし胃も痛むんだから。

でも、キッパリ『違う!』と言い返せなかったのですcoldsweats02

なにしろ消化器科では「何も心配ありません、夏の定期検査まで気楽に過ごしてください」ですから。

.

さらに娘にも「私もそれって失恋症状だと思う。

若いうちの失恋とは違うだろうけど“心細い病”には違いないわよ」と言われました。

「パパの想い出と直結していた医師に、自分も治療して貰って、いつの間にか年齢に関係なくパパを感じていたんだと思う」って。

.

そう言われると何だか本当にそんな気が~~病院に行くのがつまらなくなったし。

.

そうだとすると、ご心配頂いた方には申し訳なくて顔向けできません(*_ _)ゴメンナサイ 。

“春の病でしょ”と大目に見てください…本人はマジ苦痛なのですから。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 自分で儘にならない体 | トップページ | 夫の友人たち »

コメント

今晩は、まだ具合が悪いみたいですね。
心の平衡感覚の病ですね?
自律神経の狂いなら(機能的欠陥?でなければ)
私は少しばかり食べた物を歩きながら最高30回吐いたが
鍼治療で吐かなくなりました。
参考までに。

何年もは病院の前も通れなかったのに今は同じN医師に年1回検査を受けています。
T医師に会うと夫が急に身近に感じて不思議な感覚になります。
夫の話はしませんが私たちをずーっと見守っていて下さいました。

もう一人の医師は定年退職。
N医師も退職されて月一だけこの大学病院で診ていられます。

どちらのも尊敬できて素晴らしい医師でした。

私もどこか「おとめさん」になってお会いしたいので想い出だらけで辛い病院に行っているのかもしれません。

私はまだ尊敬できる医師に会っていないので、何もコメントできないんです。
手術をしていただいた先生がご病気で亡くなられた時はショックでしたし、これからどうしようとは思いました。
でも、幸い私の場合は急を要する問題は今のところないようなので、どんな先生に診ていただいても同じかな、と思っています。
どんな素敵な医師に出会っても、やはり病院は苦手です。

娘さんがおっしゃるのだから、そうなのかも~
ちょっとホッとしました。
ならば、時間が解決してくれますよ。
それに、もっと素敵な方が現れるかも・・・(^_-)


heart応援を頂いている皆様

shineみかん様、shineベンジャミン(keiko)様、shineMOM様、shineMONA様


pencil応援、コメントを本当にありがとうございます。

言葉では“失恋症状”と言われましたが、この気持ちは夫と私を良く知る医師が居なくなった心細さだと思います。

どんな素敵な医師でも名医でも取って代われることじゃなく、夫を看取った医師だからこそ、夫を診た指や眼に夫を懐かしむような愛しく切ない感情を抱いたのだと思うのですが…。

しかも、その医師が夫が居たこの病院の外科に居ればこそで、そういう夫に繋がるものが此処には無くなったと言う寂しさでしょうねconfident

身体と相談して心の病なら遠くと言っても旅行感覚で尋ねたらいかがですか?
医者と個人的な付き合いができるなら
良いと思いますよ。余計な事ですが。

追伸です。
個人的な付き合い、と言っても病気を見ていただくなら
話題も有りますが、用も無いのに只会えませんでしょうが
顔を見るだけでも、確認してみたらら、です。
余計の追伸でした。

pencilみかん様
コメント、そしていろいろとお気遣いありがとうございます。

他の病院に行って会っても、きっとこんな気持ちになれないでしょうね…そこには夫の想い出が無いですもの。

乙女チックと言われても、いい思い出はソッとこのままにしておきますconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分で儘にならない体 | トップページ | 夫の友人たち »