« 時代の先取りは | トップページ | 打鍵の不自由 »

2013年6月26日 (水)

鎮痛剤の功罪

sleepymemo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

私にいま処方されている鎮痛薬には要注意の副作用が幾つもあります。

浮動性めまい、傾眠、全身的浮腫、呼吸困難、体動時の動悸、吐き気、体重増加などなど。

.

『ふら付き注意、車の運転はしないこと』『とくに就寝中に起きる時は転ばないように』…etc。

医師からも薬剤師からも何度も言われました。

.

この3ヶ月ほど、そんな注意条項の多い薬を服用して、1日中フラフラし頭痛や眠気が絶えません。

たぶん、先日の不整脈も夏風邪もこういう副作用が要因だったのでしょうし。

そんな状態ですから、深夜にトイレに行くのも気を付けていたのですが。

.

なのに、昨夜…いえ日付が変わっていたかも知れません。

ふら付きが尋常じゃなかった(夏風邪の失敗以来、アルコール類は飲んでません)。

起きずに我慢して居られたら…でも、膀胱の誘惑って抑えられないでしょ。

.

立ち上がる時にも“ふら付き”の自覚があったので、ベッドに手を付き、壁に手を付き…。

なのに戸を開けた途端に引っくり返りました。

かなり脳が『要注意』信号を発していたので、たぶん体勢的に危険を忌避したのでしょう。

左肩が柱に当りましたが、あとは何ともなかったような~せいぜいが尾てい骨打撲かな。

.

ただ、自分的には、夜中のトイレに起きて倒れた…そのことだけで大ショック。

この1年ほどの歳を思い知る事柄の数々、好きなビールやワインも控えてるのに、薬のせい…とばかり言ってもね~。

.

鎮痛薬は次々に強いものが処方されます。

そしてどれも痛みを止めてはくれませんでした。

足腰の痛みに効果があると処方された一番新しい薬。

注意事項はたくさん有りましたが、こんな引っくり返るほどの副作用に見合う効果はあったかしらん。

でも、この薬が「効きませんでした」と言ったら、次回は脊髄に神経ブロック注射、その診断は3週間後。

.

この注射の痛みはツライそうですが、その時はどんなに痛くても後で効けばいいのです。

.

柱に強打してズキズキする左肩を摩りながら、心の半分が「もういや~!!」と訴えます…それでもトイレだけは我慢しようがないですし。

トイレを済ませて、再び寝て、ところが朝になったら左肩と尾てい骨だけでは無いんです…あちこちが痛みます。

.

打撲を最小限にしようと、体を変に捻ったのかも。

ひどい寝違え、筋違え状態で首も腕もギシギシです。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 時代の先取りは | トップページ | 打鍵の不自由 »

コメント

骨折でなくて不幸中の幸いでしたね。
友人が自転車で転んで骨折して大変でした。

夫もヘルニアの手術をする前にブロック注射を何度かしたようです。
私は腰椎麻酔の痛かった記憶が抜けないので注射は駄目です。
私が服用している薬の副作用はかなりありますが、止めるわけにはいかないので我慢我慢です。
先生も一度飲んでみて、この辛さを分かって欲しいような気がします。

夜中に大変なことでしたね。
肩だけではなくアチコチが痛くなられたんですね。
ひとりはひとりで対処しなくてはなりませんね。
どうぞ、お大事なさって下さい。

ボランティア仲間の同年代の男性が顔にひどいケガをしていました。
伺うとば~ばさんと同じように副作用にふらつきがある薬を服用しているそうです。
夜中にトイレに起きて転び、顔に大ケガをしたそうです。
その話を聞いてから(お薬は飲んでいませんが)夜中のトイレは注意をしています。

寝室からトイレまで距離があるのでしょうか?
不安な時には、立たずに四つん這いで行くとか(ゴメンナサイ)。
骨折や大きな怪我をされないようにと祈ります。

痛みを抑えるための薬。
でも副作用で大けがしては元も子もないですよね。
好きで副作用起こしてる訳じゃないのに注意しろと言われても…ですよねぇ(~_~;)
そこまで痛みが強いならブロック注射の方がいいのかも。
もしくは簡易トイレを寝室に置くか。
頭でも打ったら大変ですよ!
副作用が強く出ている事を早めに伝えた方がいいかもしれないですね。

大変でしたね~。

倒れたら困るので、家の中なら
這ったほうがいいですよ。

なったことは仕方がないので
これがストレスになって
また別の病気が起きないように
気をつけた方がいいですよ。

私の目眩はストレスでかたずけられます。


大変でした。。。。 お痛み、その後いかがですか

副作用も、体質によって強く出たり、弱かったりすることがあると聞いたことがありますが......

痛みもつらいし、副作用もつらい....  ば〜ばさまに合った薬が見つかりますように。

追伸

這うと言っても板の間に膝つかなくては目的場所に行けない場合
一番つらいのは膝が痛いことです。

私は学習効果で、自分がいる部屋には座布団を置いています。
座布団を膝に敷いて徐々に座布団と一緒に這い進みます。

ですが少しづつしか進まないので、トイレ我慢しないで
行きます。
私の場合はそういうときは
動くと吐気が酷くなるので
もっと時間がかかります。

余計な事書きました。

ば~ばさん こんにちは。
温かいコメントありがとうございました。
今日、やっと一息ついたところです。

その後痛みは如何ですか?
お薬に副作用は、つきものですもんね。
我が母も薬が変わるたび副作用で入院します。
くれぐれも無理なさいませんように。

ばーばさま
お邪魔します
その後、具合はいかがでしょうか?
薬の副作用って怖いとは良く言われますが私はとんと駄目でついつい軽視してしまいます。
気を付けたいと思います。

heart応援を頂いている皆様
いつも本当にありがとうございます、私の生きる力になっておりますconfident


pencilMOM様
コメントをありがとうございます。

薬によっては途中で止めると服用効果が無に帰すことがあるので何処まで副作用を我慢するか…あと2週間、頑張りますsmile


pencilベンジャミン(keiko)様
コメントをありがとうございます。

薬を飲んでいなくても、高齢になると夜のトイレは要注意と言われますねcoldsweats01


pencilMONA様
コメントをありがとうございます。

狭い家ですから距離などありませんが、もっと手すりなどを活用しますconfident


pencilでんぐりがえる様
コメントをありがとうございます。

途中で止めると今までの分が…という薬なので中止を悩みますが、ふら付きにも慣れてきたようで、もう少し頑張りますcoldsweats02


pencilみかん様
コメントをありがとうございます。

ちょっとの油断からです、副作用の注意は散々言われてましたのにcoldsweats02


pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

胃の潰瘍があっての薬の変更で…痛み止めと言っても他科のことも考えてくれての処方なのでconfident


pencilチーちゃん様
コメントをありがとうございます。

高齢と共に病は一つではないので、薬が他科に影響することがあり、処方の変更は止むを得ないですね。

お母様、どうぞお大切にconfident


pencilしょぶ様
コメントをありがとうございます。

見て頂いていること嬉しく思います、薬は両刃の刃ですねthink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 時代の先取りは | トップページ | 打鍵の不自由 »