« 指趾粘液嚢腫 | トップページ | 竹とんぼ »

2013年8月 3日 (土)

生きようとする体

budmemo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

≪生きる≫言葉にするとそれだけですが、人によってはとても重いし、人によっては・・・。

.

生きてるんだから、少しでも体を労わらなくてはと病院の予約もちゃんと行きます。

22日には、痛む足を引き摺りながら爪のMRIを撮りに行き、31日には関節腔内注射も再開しました…なんか、気分的にはどうでもいい、って気もしましたが。

.

8/6は結膜嚢腫の切開、7日はまた関節腔内注射。

.

独りになって21ヶ月ほどで何度のX線、CTやMRI、大腸内視鏡に胃カメラ検査をしたでしょう。

とくにMRIの待合室に居ると、何事にも動じない『泰然自若』そのものの夫でさえ「Hちゃんが隣に居てくれるから緊張しないで済むよ」とニコッとしたのを思い出します。

彼なら独りでも平気だったでしょうか…。

でも、やはり彼を独りで此処に座らせて置きたいとは思わないですね。

.

夫が逝ってから、何度か“後追い”を夢見ました…今でも往けるものなら逝きたいと心の何処かが願います。

誰のために、何のために…そんな目標も無く、ただ残る者の迷惑にならぬように命を保っているだけのような。

.

次々に病気が続くので気弱になっているせいもあるのでしょうね。

.

いろんなサークルや活動も参加してますが、どれも本心から打ち込めません。

「逝くまでの時間潰し」の感が払拭しきれないのです。

.

「お独りは気楽でいいでしょ」なんて…どれだけの独り時間を耐えたら気楽な時が来るのでしょう。

返事に困ります…気楽なんて要らない(寂しさの方がずっとツライ)のに~。

.

目覚めないことを願ってベッドに横たわる…眠れない夜中には未だに涙が溢れます。

.

**********************

r(^ω^*)))…先日ネ、相次ぐ病気や痛みで心まで疲弊したのでしょうか。

ちょっとバカなことを思い付いて夜の食事を抜いてベッドに…。

.

このまま翌朝も起きず、次いで昼も抜いて、何日くらいで“餓死”出来るかな~と。

何度も胃カメラや大腸カメラを体験して、胃腸を空っぽにしてますから、空腹には耐えられる自信があったのですが~。

.

でも、結局は朝までどころかお腹ペコペコでは寝付けず、夜中にコーンスープで誤魔化し(wobbly ダミダ コリャ…)。

検査など控えてれば我慢も出来たでしょうが、別に何も無いですしね。

早朝からハムサンドbreadなど作って…餓死は夢視sign02

.

体が生きるための食事を要求するってスゴイこと。

食事が摂れない夫を看てきたのに、罰当たりなことを考えたものです。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 指趾粘液嚢腫 | トップページ | 竹とんぼ »

コメント

ば~ば様 お早うございます

本当に体の彼方此方が悲鳴を上げているのですね・・・・
飛んでいってば~ばさんの体を擦ってあげたい~~
ご主人がおられたら、甘えたりできたでしょうに・・・

わたしも「独りは気楽でいいでしょう」といわれますが
内心はムッとしています・・・
元気な(今のところ)私でさえこんな時に主人がいたらと思うときがいつもあります。

一つ一つ乗り越えて元気な体を取り戻してください
ご主人が見守っていますよ!!

heart応援を頂いている皆様
いつもありがとうございます、感謝を励みに替えさせていただいていますconfident


pencilyokko様
コメントをありがとうございます。

いろんなことを考えますが、独りになることがいわゆる気楽とは違う気がしますねconfident


pencil非公開でコメントを頂いた皆様
コメントをありがとうございます。

「人は自分のためには生きられない、誰かのためには生きられる」と聴いたことがあります。
生きていると言うことは、まだ何か出来ること、遣らなければいけないことがあるのですね。

後追いを考えたことがあるのは私だけじゃない、それを知って心が少し和みました。
誰かの温もりを感じたり、誰かを守ったりすることで生きられる…その誰かは見知らぬ人でも。

いろんな方のお話から、お会いしたことは無くても人と人の繋がりを感じられるものだと思い、感謝致しますconfident

初めてのコメントです。2年半前、主人が食道がんの宣告を受け、藁をもすがるおもいでネットで検索していた時に見つけた、ブログでした。。
ばぁばさんのご主人が亡くなって2ヶ月足らずで家の主人も亡くなりました。
発覚から11ヶ月、51歳でした。
ばぁばさんのブログに来てがんはってる姿をこっそり拝見し、勇気づけられたり、毎日泣いてる私はおかしくない、と安心したり、、、。
病気になると、気弱になりますね。同じ空の下、あなたのずっと年下の妹が、あなたの、ブログに助けられていたことをわかってほしい。
また、美味しそうなごはんの写真を待っています。。

pencilえすこ様
コメントをありがとうございます。

そんなお若い方が~~ツラいです。
私が挫けずに寂しさを乗り越えてお手本にならないといけないですね。

余りに体のあちこちに不調が出て弱気になっていたようですが、ベランダ菜園をしたり料理はしていますが、独り分なので何だかワンプレートが多くなって写真の恰好が付きませんcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 指趾粘液嚢腫 | トップページ | 竹とんぼ »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ