« 2020年東京五輪 | トップページ | 大学病院の常連? »

2013年9月11日 (水)

あなたは私の陽だまり

sunmemo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

Photo

こんな唄に泪します。

『ひだまりの詩 』作詞 水野幸代  、作曲 日向敏文

.

歌詞を全て紹介することは作者の意志に反するかも知れませんので、私の胸を打った部分だけを。

逢えなくなって どれくらい経つのでしょう
……

どんなに言葉にしても足りないくらい
あなた愛してくれた すべて包んでくれた
まるで陽だまりでした

……
広い空の下 二度と逢えなくても生きてゆくの
こんな私のこと心から愛してくれた すべて包んでくれた
まるで陽だまりでした

あなた愛してくれた すべて包んでくれた
それは陽だまりでした

私は、夫の掌の上&子供たちの我慢の中で、好きに動き回っていただけだったなぁ~とシミジミ思います。

仕事の徹夜が続いても、出張で家を空けても、取材と言う名のもとに飲み会が続いても「体を壊さない程度に頑張れ」と。

.

子どもたちも、記事末に私の名前が出ることが何となく嬉しかったようで~。

でも、いまになるとそんな生活を続けられた私は“幸せ者”だったでしょうね。

.

家族の応援&支え、それに甘えて私の“仕事”は成り立ってきたのですもの。

夫が応援して呉れて守ってくれたから、子供たちもそれを認めてくれて、私はまさかの30歳代後半からの仕事三昧が出来たのです。

.

短い編集者時代でしたが、多くの名人・名工と呼ばれる方々と出会えた幸せには感謝です。

でも、そんな生活不規則な編集者の日々を順調に送らせてくれたのは夫の無言の愛。

.

あなたが居てくれて、私はどんなことにも挑戦できたし、哀しい時も悔しい時もあなたが肩をポンでOK気分。

あなたは私の“陽だまり”、いちばん癒される場所?、人?、全て!…でした。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 2020年東京五輪 | トップページ | 大学病院の常連? »

コメント

お早うございます。
素敵な旦那に守られ
幸せな人生共有出来
楽しい思い出沢山あり
無かった人には
羨まし限りです。


お気持ちよくわかります。働く女は、夫の理解がないと
自由に行動ができません自分が自由に動けるのは、
自分の力だけではない。実は、それに気づくのは
ずっとずっと後なんですよね。無我夢中で突っ走った
若い頃。自分の力で仕事が成功したような気になる。
年取ったとき、夫を亡くしたとき。その力の大きさに、
陽だまりのぬくもちに初めて気づく。
わかります。ばーばさま、お日様ポカポカでしたね。

長くても辛い夫婦生活と短くても充実した生活、比べることはできないかも知れませんがば~ばさんはお幸せだったと思いますよ。

温かくて、やさしい思い出をお持ちのば〜ばさま、お幸せだなあ、と思いながら、やはり哀しいです。。。 

でも、いまは何もおっしゃらないけれど、きっとじ〜じさまも「きみがいたから....」と思っておられることでしょう。「きみがいてくれたから、どんな時もがんばれた。いつも日だまりだったよ」と。

ば~ばさん こんにちは^^
私も、いつもいつも守って貰ってばかり
そんな夫の陽だまりになれるよう
過ごさなければ、と思いました^^@

じーじ様が亡くなられて、もう2年になりますね。
ばーば様が少しずつその事実を受け入れていく様子をみていると、切なくなり、頑張ってと応援したくなります。
それが亡くなった人への供養であり、傷ついた自分の修復の時間なのでしょうね。
もう充分落ち着かれたように思います。
お身体の調子さえ整えば、前に進めるのではないかしら?

heart応援を頂いている皆様
いつもありがとうございます、“暑さ寒さも彼岸まで”と言いますから、この厳しい残暑ももうちょっとの我慢でしょうか…ご自愛くださいconfident


pencilみかん様
コメントをありがとうございます。

旦那様もみかんさんに、立派な家屋敷や頼れる息子さんたちを遺してくださったhappy01


pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

家族の協力があってのことなのに、多忙時には自分の力だと勘違いすることもありましたcoldsweats01


pencilMOM様
コメントをありがとうございます。

亡くなるといい思い出が残って、思い出さなくていいことは薄れていくのだと思いますconfident


pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

互いに労り会う時間があれば、きっと互いの陽だまりになれるんでしょうねhappy01


pencilチーちゃん様
コメントをありがとうございます。

いつも笑顔で「行くべー」に付いて歩き、一緒に晩酌するのが、旦那様にとって陽だまりかもhappy01


pencilMONA様
コメントをありがとうございます。

きっと体調が良くなれば、もっと心も落ち着き、またいろんなことが出来るでしょうねsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年東京五輪 | トップページ | 大学病院の常連? »