« 私風に秋の七草 | トップページ | 夏名残の茗荷ご飯 »

2013年9月23日 (月)

手術前自己管理開始

eyememo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

目の手術後はしばらくモヤモヤが残るでしょうと言われてます。

視力の回復には木々の緑を眺めるのも効果があると聞いたことが。

.

先日の落陽に輝く葉々は、我が家のベランダの前…芝生庭のすぐ先にある公園の木々です。

いつも洗濯物を干しながらとか、部屋の椅子から窓越しにと見ている日常に在る景色。

ベランダの物干しを入れて撮って見るとこんな感じです。Rimg0007

Rimg0001Rimg0004

Rimg0003

景色だけは森の別荘に居るみたいで…夏は蝉しぐれ、秋は紅葉、季節ごとにいろいろな鳥も来ます。

戸建の時はブロック塀と隣家の窓が見えていたのに、今は木々の他は殆ど何も見えません。

.

******************************

今日から3種類の点眼薬をキッチリ点していきます。

.

先ずは消毒綿で目の周辺を清拭してから点眼薬。

一つは朝・昼・夜・就寝前、二つ目は朝と夜…一つ目を点して5分経過後に。

三つ目は就寝前だけのですが、一つ目を点して10分経過後です。

ややこしいでしょ。

.

これが何で5分置きで、一度に点してはいけないかと言うと、点眼薬の許容量は1回1滴。

その1滴が吸収されて次の1滴…それが効果があるですって。

続けての点滴は流れ出てムダ!、花粉症の時などについ続けて2滴など点してましたが無駄だったんですって…過ぎたるは何とやら~。

.

しかも冷蔵庫に入れておく薬なので目に付くところには置けません。

忘れないように自分なりの『点眼表』を作って、点すたびに印しを入れることにしました。

忘れっぽくなっている可能性大なので、表の記入まで忘れないかと心配ですが~。

.

ただ幸いと言うか、長年の花粉症の目の痒み対応で点眼薬の点し方はメチャ上手いですよ。

1滴も無駄なく目の中に点せますgood

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 私風に秋の七草 | トップページ | 夏名残の茗荷ご飯 »

コメント

ホント、木立の中の別荘にお住みにようですね。
我が家は多摩川は見えますがこんなに緑はありません(。-_-。)

いよいよですね。
眼科の手術は点眼薬の時間が大変です。
皆さんそれぞれ工夫をされて忘れないようにされますね。

無事に終わりますように・・・。

ほんと、ややこしい眼薬ですね。
私はこれまでほとんど薬に円のない生活をしていたので、10年前ガンの術後にお薬を飲むのがとても嫌でした。
薬局に勤めていた友人が上がりクスを勧めてくれたので買ったのですが、1日3回飲めなくてどんどんたまっていきました。
病院からの薬は朝食後なので、これは忘れません。
だから律儀に忙しくても食欲がなくても朝食を食べてます(*^笑^*)
でも、こちらのヨーグルトは美味しくな~い。

ば~ばさん こんにちは^^
ほんとだね、ややこしくて大変そう^^;
頑張れ!!!
無事に手術が終わること祈ってますね。

私んとこは、目の前が国道で家の後ろが駐車場
緑なんて、はるか向こうですぅ(--。
窓越しに緑が見えて、季節の移り変わりを目の当たりに出来るなんて
羨ましい限りです^^@

薬をとるのはめんどう。
確かに、紙に書いておくのはいい方法ですね・
飲み薬と違って、冷蔵庫にいれておかなくては
いけない点眼薬。忘れますよね。
窓からの眺め。素敵ですね。
野鳥の本。あれもなかなか楽しいですよ。
ぜひ、お手元に一冊おいてくださいね。
あ~目の手術が終わったあとです。

heart応援を頂いている皆様
いつもありがとうございます、点眼薬のせいなのか目が翳みますので簡単でごめんなさいconfident


shineベンジャミン(keiko)様、shineMOM様、shineチーちゃん様、shineみどり様

pencilコメントをありがとうございます。

目薬はどんな薬でも1滴以上は流れ出るだけでムダ、知らなかったんですよ。
ややこしいにはそれなりの意味があったんですね。

お一方ごとにお返事をすべきですが少し目が翳んで、明日のことがありますのでごめんなさいconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私風に秋の七草 | トップページ | 夏名残の茗荷ご飯 »