« 母の7回忌 | トップページ | ピエロに惹かれた薔薇 »

2013年10月 5日 (土)

オペラ座の怪人

dramamemo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

9/26日に予定された“結膜腫瘍摘出”は、思いがけないことでオペ中止・入院キャンセルになりましたが。

実は目に腫瘍と言うことにはツライ想い出があるのです。

.

.

私の叔父は『駒沢オリンピック公園前』…つまり駒澤大学前に住まいがありました。

と言うか今でも叔母も従弟もそこに居ます。

.

叔父は“眼の癌”で亡くなりました…自慢の超イケメンの叔父でしたが、30歳代半ばで発病し、最期は顔の半分を失い脳に達して。

.

叔父から「目に腫瘍が出来た」と聴かされた時は、その眼が義眼になるのか程度に思っただけでしたが。

義眼から目の周りの皮膚も無くなって『オペラ座の怪人』のような仮面になりました。

やがて顔の半分ほどが人造皮膚と人工骨になり…イケメンがお化け屋敷の人形のようになり…まだ40歳前でしたから言葉も掛けられませんでした。

.

弟が真っ先に聴いてきたのは「叔父さんと同じ病気か?」

「違うと思う、たぶん悪性じゃない普通の腫瘍」「そっか、仮面にならずに済むんだね」

.

叔父と同じような症状の方には本心でお見舞い申し上げます…出会って真っ先に視線がいくのは顔ですから。

.

100%とは言えないまでも、わたしの腫瘍は良性…医師の対応に危機感が無かったし、看護師さんたちも笑顔が強張ってなかったし。

叔父の最期の顔を思い出しながら…そして夫の緊急に対応した看護師さんたちの表情を思い浮かべ、私は何の危機感も無く安心していられたのです。

.

.

長く生きていると、いろんなことなあります…もちろん、ツライことより楽しい嬉しいことが多かったはずなのですが。

一つ病気を持つたびに、その病気から思い出す懐かしい人との優しい想い出。

.

叔母はいま膵臓癌で入院中とか、会っておきたいと思うのですが「母は意識も定かでは無いし、疲れさせたくないから」と…従弟の言葉ももっともで~。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 母の7回忌 | トップページ | ピエロに惹かれた薔薇 »

コメント

つらい、お話でした。。。最近でこそさまざまな再建術やいい医療材料などがありますが、きっとその当時は、手術で病変を取り除くのが精一杯だったのでしょうね。。。

亡くなった方にまつわる思い出は、何年経ってもこうしてあちこちに残っているのだなぁ、と改めて思いました。私もそうです。何かのはずみに、祖父母や義父、叔父や叔母の思い出が蘇ります。思い出してくれる人がいなくなった時が、本当に死んでしまった時なのでしょう。

私の子どもたちは、亡くなった叔父叔母のことは、顔もほとんど知らないのですが、夫や私のきょうだいのことは、叔父叔母として、ずっと心に残るのでしょうね......。こうして人は連綿とつながっていくのだなあ。。
ちょっと時間に余裕のある、雨の土曜日。何だかしみじみしてしまいました。

こんばんは。
今日は雨のようで雨でなしの空模様で、何もする気が有りませんでした。
癌の罹患率2人に1人だそうですね。
いつ自分がなっても不思議ないですね。

はっきり覚えていないのですが「どうせ死ぬならがんが良い」とかいう本が出ているらしい。
読んだことはないのですが、がん経験者としては、そうかな~と疑問です。
「がんと闘うな」も読んでみようかと思ったのですが、小心者の私は読むのを止めました。
不安で眠れなくなりそうですから。

ば~ばさんの腫瘍は良性なのでしょう?
悪性なら腫瘍が無くなっていてもきっと先生は、「一応切ってみましょう」とおっしゃるでしょうし。

健康で生きることがあたりまえ。
青空に急に黒い雲。瞬く間に、大空に広がって、
そらは真っ黒。そんなものが、病かもしれませんね。
私には、突然の病。10年後の母の病。
人の人生なんてわかりません。今日は、10キロランして
物思いにふけっていました。
「やるぞ!」これです。笑
人生の残り時間がなくなる気がしちゃうんですよ、近頃。
ばーばさま。何かしましょう!病から脱出しましょう。

ば~ばさん こんにちは。
辛いお話です。
医学が進歩したとはいえやっぱり癌は怖いです。
寿命が来るまで、健康でいられたら
どんなに幸せなことかと思います。

今日は蒸し蒸し暑くて体がだるいです(ーー。

イケメンの叔父さまにとっては人並み以上にお辛かったでしょう。

夫は脳腫瘍、病室に叔父様のような方がいらっしゃいました。
マスクをされてない時は目のやり場に困りました。

病気は本人にも周りにも多くの物を多くの物を失わせますね。


heart応援を頂いている皆様
いつもありがとうございます、やっと爽やかな秋が…台風が来なければいい季節なのですがconfident


pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

我が家の息子や娘も、この叔父はもちろん、私の父も知りません…でも私の父と息子とは干支が同じで誕生日が近いのです、なんとなく縁を感じましたhappy01


pencilみかん様
コメントをありがとうございます。

年々に癌の発症&死亡率が高くなっていますねthink


pencilMOM様
コメントをありがとうございます。

癌で死ぬ苦しみを知らない人が書いたのでしょうね、癌患者に無礼です。
ただ闘うなと言うのはある意味分かります…抗癌剤が病巣以上の苦しみになることもあるからthink


pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

残り時間が短い…時々そんなことも考えますが焦らずノンビリ。
帯を結ぶのが大変になってきたので、時間を見ては付け帯に縫い直してます(高い帯に鋏を入れるのが快感になりました)coldsweats01


pencilチーちゃん様
コメントをありがとうございます。

ご両親ともご長命だから大丈夫!、って言い切れたらいいのですけど、でも不安ですよねconfident


pencilベンジャミン(keiko)様
コメントをありがとうございます。

体の何処も失っていい箇所なんてありませんが、顔が削られていくって隠しようも無いですしthink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 母の7回忌 | トップページ | ピエロに惹かれた薔薇 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ