« 花の命は短いけれど | トップページ | 夫の『三回忌』 »

2013年10月28日 (月)

呼び名の変遷

keymemo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

これって咲き切った“フジバカマ”でしょうか。Rimg0015

散りゆく寸前…そんな植物を見ると身につまされる昨今。

.

*************************

多くの方の名前は生まれてから死ぬまで変わりません、結婚して入籍すれば姓だけは変わりますが。

下の名前を換えられるのは、法的に根拠が認められた場合のみ。

.

.

戸籍上の名前は変えられませんが、俗称や通称、仮称、ペンネームなど呼び名は自由に変えられます。

.

そういうことじゃなくても、女性は結婚、出産、子育てなど人生の節目で呼び名が変わることが多々ありますね。

.

結婚で姓が変わり、出産や子育てで“〇〇ちゃんのおかぁさん”になり、ご近所付き合いでは“〇さんの奥さま”。

仕事では姓で呼ばれることが多かったですが、役職が付いたら役職で呼ばれてましたし。

.

商店街などに買い物に行くと、赤の他人から“奥さーん”ならまだしも、“お母さん(あんたの母じゃ無い!)”“おばさん(此処での買い物は見送り)”。

最近では“ちょっと、お婆ちゃん”なんて…相手が高校生くらいまでなら許すけど、そんなのに限ってオッサンだったり。

.

.

男性は対外的には姓で、社内的には姓か役職で…ご近所や商店街だと“だんなさん”かな。

.

.

さて、家族的にはと言うと、亡き夫は結婚以来ずっと私は「Hちゃん」…機嫌を損ねると「Hちゃん」が「Hさん」になるから分かり易いでしょ。

私は彼を「Yさん」、機嫌が良くても悪くてもね(年長者ですし)。

.

娘は生まれてからずっと一貫して、今でも「パパ」「ママ」…周りに左右されない性格です。

.

成長過程で何度か変わったのは息子、小学校くらいまでは「パパ」「ママ」。

恰好付け始めた中学から高校は「オヤジ」「オフクロ」。

次第に生意気になって高校生になった頃には、時に話の途中だと私を「あんた」なんて。

.

そして、いつしか気が付けば夫は相変わらず「オヤジ」ですが、私は「オカン」になっていました。

.

夫は亡くなったので、きっと息子からは永遠に「オヤジ」と呼ばれ続けるのでしょうが。

私は、もしかしたらまだ変わる可能性があるかも~、「オカン」の次は何でしょう。

楽しみというよりは不安なような、怖いような。

.

.

そんな息子が「もうすぐ2年か~、なんだかつい昨日のようであり、遠い過去のような…。

あれ?去年も同じように感じていたような r(^ω^*)))」と。

.

30日は平日で出勤なので、昨日線香を上げに来て「鰻屋か寿司屋かどっちがいい?」

「誰にもお声を掛けてないから、パパの好物で家ご飯にしようよ」

「了解sign03.

ちょっと贅沢してオヤジの好物を全部買おう」と、外食ではありませんが鰻やらウニやら鮪やら買って・・・そして、あの鯖寿司も。

息子が支払うと思うと、躊躇うことなく本マグロの大トロをカートに入れますsmilegood

.

精進料理ではない生物ですが、夫の好物でしたから迷わず供えました。

きっと美味しく食べてくれたでしょう。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 花の命は短いけれど | トップページ | 夫の『三回忌』 »

コメント

私は子どもたちにご近所さんは名字で呼ぶように教えました。
子どもたちはそれぞれ友人のご両親を○○ちゃんのおばちゃん・おじちゃんと呼んでいました。
娘の友人の中には私を○○さんと呼んでくれる人もいますし、若い友人は私を名前で呼んでくれるので彼女のお嬢さんもちいさい時から回らない舌で○○○さんと呼んでくれました。
おばちゃんと呼ばれるよりちょっと嬉しい。

今では私は夫を「お父さん」夫は私を「お母さん」と呼びます。
夫はふざける時だけ○○ちゃんと呼びます。
私もいつかは昔のように○ーちゃんと呼ぼうかな。

息子さんのさらりとしたやさしさに、こちらまで嬉しくなりました。30日のご命日まで、いろいろ思い出してお辛い日が続くのでは.....と案じています。でもずっとお天気がいいようですので、少しだけ紛れるでしょうか。。。

呼び名。。。あらためて考えると、私たちは、本当にいくつもの呼び名を持っているんですね。温かい思いにつながる呼び名、ほろ苦い思いにつながる呼び名、懐かしい呼び名.....その人のいろいろな面が、いくつもの呼び名になって表れるのでしょうね。

こんにちは。
今日は雨です。
お付き合いが広いと、それなりに色んな呼び方されますね。

名前、私なんぞ何だかわかりません。笑
アメリカでは、ファーストネームでいきます。
偉い人でもね。ビルとよんで。いい感じでしょう。
気取りがない。それって好感をもたれますから。
日本に行くと、私は旧姓を使います。
面倒ですね~名前。ナカミの人間は同じなのに。
息子さんとお好きな物のバイキング。
楽しくてよかったですね。

確かに呼ばれ方が変化して来ましたね。
夫は結婚前は「キミ」と呼んでくれたのに結婚後は名前でした。
「ちゃ」んも「さん」も付かなかったです。

古い友人たちは当時のニックネームを呼びます。
mixiをやっていた時にそのニックネームを使ったのでマンションの友人はそのニックネームに「ちゃん」を付けて呼んでくれます。

ブロ友さんとお会いすると「Keikoさん」と呼んで下さいます。


父親と息子、っていい感じでしょうね。
やさしい息子さんでお幸せ。

同窓会では、みな旧姓で。
あっ・・そうだったんだと、不思議な気がしました。
そのうち夫婦別姓になると思います。
じーじさまの命日ですね。

ばーば様、おはようございます。
二度目の特別な日が、巡ってきました。
昨日のように、あるいは思い出せないような霧の中のように、あの頃を思い返されることと、お察し申し上げます。
今日の東京の青空のように、静かで、少しだけ暖かいような気持ちで、今朝を迎えてくださっておいででありますように。

遠くから、貴方様の安寧を祈っています。今日も何か一つ、笑顔になることを見つけてくださいますように。お大切に。

heart応援を頂いている皆様
いつもありがとうございます、数日は好天に恵まれそうです…2年前の30、31日も快晴でしたconfident


pencilMOM様
コメントをありがとうございます。

息子さんも独立して夫婦二人になったら是非名前で呼び合って~、第二の新婚生活ですからhappy01


pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

呼び名の変遷は生活の歴史に繋がりますね、遠い思い出が呼び名と共に蘇ったりしますものhappy01


pencilみかん様
コメントをありがとうございます。

日本は特に付き合い上で呼ばれ方が変わりますねcoldsweats01


pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

家族関係上の呼び方はあるでしょうが、社会的にはファーストネームでOKっていいですよねsmile


pencilベンジャミン(keiko)様
コメントをありがとうございます。

結婚前の友人はいまでもニックネームです…男の子の方が親の呼び方を換えるようですねcoldsweats01


pencilMONA様
コメントをありがとうございます。

入籍しても妻の姓になる男性も居るし、入籍しても仕事上で姓を替えない女性もいますねsmile


pencil今日を寂しく思う者様
コメントをありがとうございます。

あの日も翌日もカラッとした秋空でした…あ、去年は薄曇りでしたが“偲ぶ会”は好天でしたhappy01
お気にかけて頂きありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花の命は短いけれど | トップページ | 夫の『三回忌』 »