« 術後診察 | トップページ | 自動インストールで »

2014年2月22日 (土)

揉んじゃダメって、でも

hospital美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

一昨日は消化器科で相談した下肢の浮腫み&赤み&痛みで、足のことなら~って整形外科に。

Rimg0018_2 Rimg0014

ずっと気になっている下肢・特に脹脛下の色素沈着と痛み。

.

自覚は無くても“冷え”なのかな~と、『カラスの行水』の私が温湯の長湯。

ジワ~ッと汗が額から流れるまで…我慢・ガマンの入浴。

.

他にも靴下を欠かさないことや、湯たんぽも買いました。

朝晩のジックリ入浴とマッサージ、温めグッズで赤黒くなりかけていた色素沈着は薄れましたが、なかなか痛みが取れないのです。

.

で、2/19日の消化器科の術後診察で「これって何科で受診したらいいでしょう?」

「内科だと思うけれど、取り敢えず整形外科で膝の治療を受けてるし、足のことだから其処で相談するのがいいでしょ」

.

と翌日は整形外科へ…「どう診ても、持病の脊柱管狭窄からの症状とは思えません。

末梢静脈血栓症の疑いもあるけれど…と言って、直ぐに内科に回していいかの決め手が無いし…。

.

ただ、くれぐれも検査結果が出るまでは強いマッサージなどしないように。

もし血栓があると、微細な塊が動きだしたりして危ないことになるからね」

.

sign02もう、かなりグリグリ揉んでしまったんですけど~(;´д`)トホホ

.

そして、何科に回るかはレントゲン撮影、採血などの検査結果次第…で、2/26・27日以降。

.

**************************

それにしても、整形外科のいつにない混雑…足、腕、肩などの骨折や打撲の方が目立ちました。

先日来の大雪や、その後の融雪凍結で転倒された方が多いんですって。

.

予約で行ったのに待ち時間の長いこと…その間にも転んだ高齢者が救急車で。

救急車で搬送された方が優先されるので、結局は診察途中での中断もあり、終わったのは3時間後。

.

歩道の雪は片付けられ、歩くスペースは確保されていますが、路肩に積まれた雪が融け流れ出て凍ります…そこで滑る方が。

雪に慣れていない街に大雪が降ると、豪雪地帯では考えられないことが危険を招くんですね。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 術後診察 | トップページ | 自動インストールで »

コメント

おはようございます。
整形外科って、アメリカにはないんです。
ホームドクターのところにいってから、
専門の医者にまわされます。
しかし、日本の病院でのあの長い待ち時間。
健康保険がある国だからですかね?
患者さんが待合室であふれているのって。
老後は、日本にかえりたいですね。
足の痛みが和らぐことを祈っています。
ホント、雪になれないと怪我をしますね。
ばーばさまも、外出の際には、足元にご注意を!

お医者様が変わるのは本当に患者にとっては不安ですよね
おんなじこと何回も聞かれてね…。◔‸◔。
私も恐い先生から今の先生に変わりましたけど…
優しい事は優しいけど、病気に対しての情熱が今一つ、いや三つ
自分が何の薬出してるのかも忘れます
優しいので私が言った通り薬出してくれるんですが…それってちょっと…ˇε ˇ
病気って治療方法が決まるまで検査漬けになりますね
でも、きっといい結果に繋がりますよ…◠‿◠。✿

ありゃ〜。。痛みや色素沈着などは、揉んではいけないのですか。。。首が凝ってグリグリがある〜、座りっぱなしだったから足がむくんで痛い〜  このようなとき、否が応でも年を感じさせられますが、揉んだり、椅子の背もたれでごりごり… 気をつけなくては、ですね。

息子は大雪当日の金曜夜、たまたまERでの当直でした。「手首、足首骨折の人ばかりだった。こんなの初めて」と言っていました。傘をさしたり、手に荷物を持ったりして、大雪の中を歩き、ころんだときに手首を骨折してしまうそうです。なるほど、テレビで見ていると、雪国の方は傘をささず、カッパを着ているなあ、と。 雪のないところで暮らしていると気づかないことですね。私も、今度雪が降ったら、カッパを着て、バックパックを背負って歩こうと思いました。…… もう降ってほしくないですが。

久しぶりです。
足の病も大変ですよね。
検査の結果心配ですが、治る病気なら良いですね。

痛かったり、血流が悪いといわれたらつい揉んでしまいますよね。
でも、あとで駄目だといわれたらがっくりきます。
早く検査結果が分からないと治療方法が見つからないし、またしばらくの辛抱ですね。
でも、これまでもいつも何とかなってきたから、あまり心配し過ぎないでくださいね。
とこれも人には言えること。
私は心配症ですから。

コート来た写真を写しました。

東京へ行く時以外は、長いこと長靴で出かけました。
ホントに作業用の長靴・・・ 
でも、これが安全で結構つかえるのですよ~
靴下何枚も履いてもいいし、凍っていても、泥んこでも。(o^-^o)

ば~ばさん 今晩は^^
ついつい揉んでしまいますが
揉んではいけない事もあるんですよね。
くれぐれもお大事に~。

>路肩に積まれた雪が融け流れ出て凍ります…そこで滑る方が
そうそう、家の前の歩道も朝、積まれた雪が融けて凍ってるの
小学校の通学路になってて、転んでは危ないとのことで
歩道に融雪剤を撒いてくれと、学校側から頼まれましたよ。

はやく、暖かくなると良いね。

温めていらっしゃるのね。
何が効くかはまだ分からないんですね。
早く、治療法が分かるといいです。

痛いところに自然と手がいきます。
「お手あて」って言葉がありますものね。
でも揉んではいけない事もあるのね。

heart応援を頂いている皆様
いつもありがとうございます、路肩に残った雪がアスファルト粉塵や排気ガスで真っ黒ですconfident


pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

健康保険に高齢者医療保険など通院で間に合う病気ならそんなに高額出費になりませんから気軽に診察に来れるのでしょうね…それに辛抱強い日本人は長い待ち時間もナンノソノsmile


penciltime様
コメントをありがとうございます。

私の整形の医師もとっつき難い方です、でもダメはダメとハッキリ言うのも医師としては良しかと…診察を受ける患者が萎縮するって変ですよねcoldsweats01


pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

そうそう肩凝り、特に首筋のコリは揉むと危険なこともあるんですって~、つい遣っちゃいますけど筋の硬化や痛み、色素沈着など侮れないですねcoldsweats02


pencilみかん様
コメントをありがとうございます。

体がツラくてもみかんさんのようになるべく散歩に出ればいいのですが…歩かないとダメですねcoldsweats01


pencilMOM様
コメントをありがとうございます。

たぶん大丈夫だろうとか、このくらいならとかの自己診断しちゃいます…ちゃんと医師の診断を受けてから「この程度」の手当てにしないと、逆なことをしてたりするんですねcoldsweats02


pencilMONA様
コメントをありがとうございます。

雪の積もってる最中より、融けてくると油断も出るのでしょうか…打撲、捻挫など多かったですconfident


pencilチーちゃん様
コメントをありがとうございます。

雪道が融けてくるとつい気持ちも緩むんですね…凍結道路や濡れた歩道橋の階段が怖いですcoldsweats01


pencilけいこ様
コメントをありがとうございます。

ついグリグリっと遣っちゃいますけど…凝りや痛みがまれに怖い病気に繋がることがあるなんてcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 術後診察 | トップページ | 自動インストールで »