« アリエルの海を目指して | トップページ | 花の五月 »

2014年4月29日 (火)

夫の好物は…私も

beer美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

人の好みは年々に歳と共に変わりますね。

.

昔の人は「自分のいまの体力で得られる物=それが相応の食」と言ってます。

.

猟(狩り)で仕留めた獲物の肉は、①仕留めた者=働き盛り、②育ち盛り、③妊婦に…内臓などは病弱者や高齢者に…と順に分けられたそうです。

すごく理に適ってると思います。

体力の無くなった高齢者は、里山の山菜や木の実~海辺で採れる海藻や貝類、身近の鶏卵…。

時に漁師から雑魚を分けて貰って…そんな手に入る食料が体に適していたんです。

.

.

そんな食物歴史を思い出しながら、自身の食生活を見直しています。

.

夫がまだ食が摂れていた頃は、 高齢になってからは本鮪中トロ、ウニ、鰻蒲焼、薄塩の紅鮭…秋刀魚や鰯も好きでしたし、週に5日は魚系。

肉の日でも、鶏肝のワイン煮や牛肉じゃが、豚腿肉の生姜焼きなどなど。。

Cocolog_oekaki_2014_04_29_20_06

とくに好き嫌いはありませんでしたが、若い時のようにステーキや焼き肉、トンカツの要望は減りました。

.

甘味の食品は好まず、薩摩芋やカボチャも滅多には箸を付けません。

もちろん菓子類は一切口にせず、唯一食べるのはカカオ85%以上のブラックチョコレート1欠け。

.

調味も家庭料理では砂糖を使わず味醂と酒、、出汁を利かせて塩気も薄く…だから和食が多くなります。

晩食にカレーやシチューにすると「ツマミにならないですね」と、ちょっと不満げで。

.

アルコールも、若いころはスコッチのストレート派で、氷入りの水(チェサー)を傍らに置いてジックリ飲んでいました。

それが、いつの間にか殆どビールだけになり、ビールの中でもヱビスビールがお気に入り。

.

私独りのいま、カレーやシチューが昼じゃなく夜でもいいのに…夫と違ってカレーやシチューでも呑めますhappy02

でも、やはり晩食は煮物や焼き物などの和食になりますね。

そして、私もbeerが好き…ただし、お値段手頃な第3のビール(ビール風味の発泡アルコール飲料)ですcoldsweats01

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« アリエルの海を目指して | トップページ | 花の五月 »

コメント

食べることに淡白になってきているかも知れない(;´▽`A`` 
気をつけます。

「自分のいまの体力で得られる食、それが相応の食」。。。深くうなずきました。

ひとは、その自然の求めに従わなくてはならないのでしょうね。ところが今は、お店に行けば何でも買うことができるし、レストランに行けば何でも食べることができる。自然の求めを自覚しにくくなり、味覚の恣に食べるので、体に不都合が現れることが多いのかもしれません。

食は、体のもとめ、そして子どもの頃からの刷り込みと習慣によるところが大きいと思います。料理に手まめな母の影響で、出来合いのものやインスタント食品はまず食べず、お出汁をとるところから、じっくり作ります。休みの日には、常備菜として、根菜の煮もの、おから煮、切り干し煮、高野豆腐の煮もの、ごま豆腐、煮豆、がんもどき、胡麻味噌等々を作り、びんやタッパウェアに詰めて、ひとり悦に入っています。「できた、できた」「うん、お出汁が効いていておいしい!」という嬉しさ、自己満足かもしれませんが、何よりのストレス解消法です。

ば~ばさまがご主人の所へ病院へ行かれるところでしょうか~♥♬
可愛くて素敵なイラストですね…何か夏の紗の着物の感じ…ღ˘◡˘றお洒落ですね
夫もまったく同じです
若い頃は肉ばかりって感じでしたが、晩年は魚ばかりでした
身体が欲するままに食していけばいいんですよね
足りないものが必ず欲しくなりますよね、「相応の食」と言うんですか
私は好き嫌いがたくさんありますので思った通り食べてると大変な事になります
でも、お野菜大好きなので、今は野菜が中心です。◠‿◠。✿

ば~ばさん こんにちは~~^^
わが夫は何でも酒の肴になります
カレーでもシチューでも味噌汁だけでもOKだよ^^;
だから、私は楽ですね~^^@

わが家も最近は和食がメインになりました。

さすが、ばーばさま。
魅力いっぱいのイラストです。
じっくりと見ちゃいました。
ビールと和食。最高ですね。
確かに、味覚は、’若い頃と今では違うかも。
けど、日本って、自分が作らなくても、そのへんで
お惣菜が手にはいる。ビールとおつまみ。
毎日かえてもあきませんね。

heart応援を頂いている皆様
いつもありがとうございます、この先GW中はお天気も良さそうだし行楽地は賑わうんでしょうねconfident


pencilMONA様
コメントをありがとうございます。

淡白な食を好むのはいいですが、食べることに淡白になっちゃダメですよ~smile


pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

確かに食べ慣れてきた味は舌を安心させますね…それにしてもご多忙なのにまめに保存食や常備菜を作られてますね(感心しちゃう)、私は独りになってから手抜きや外食、既製品が増えましたcoldsweats01


penciltime様
コメントをありがとうございます。

残念!、病院にはビールを持ち込めないのでーす…いまね、写真の前にビールとお花は欠かさないの(お花は忘れてもビールは)、だって夜には私が頂きますからねhappy01


pencilチーちゃん様
コメントをありがとうございます。

相変わらず煮物を作ってます…私も旦那様と同じでカレーだってお汁だってつまみに出来ますがdelicious


pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

和食の中でも家庭の普段惣菜、卯の花やヒジキ、佃煮…これからは冷奴でビールなんてイイですdelicious

おはようございます。

ば〜ばさんに和服はとてもお似合いです。
イラストはご自分で描かれたのよね。
素敵です。

亭主の好きな…何とやら。
主人の好物ばかり作ってましたがそのうちに子供たち中心にりました。
そして今は自分中心の献立です。

pencilけいこ様
コメントをありがとうございます。

フフッ、実物はPCに向かってると自分には見えないので(偽装ですね)…私も今は好物を買ったり作ったり、蒸し野菜が好きなので夏でもサラダより温野菜ですsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アリエルの海を目指して | トップページ | 花の五月 »