« 隣人とパスタランチ | トップページ | 消化器科の医師交代 »

2014年4月 8日 (火)

特別な窓と桜と

cherryblossom美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

今日は消化器科・月一の定期検診…いつもとは違う感覚の桜時季の通院。

.

この桜の下を夫の病室に通ったのは2011年の一時季だけ。

病室の窓の傍に椅子を二つ並べ、毎日ずっと観てました。

Photo

(↑当時の桜です

.

ふと「いつも帰りは、あの陸橋で振り返るのよ。

今日は振り返った時に手を振るからね」

そして夕方、陸橋から見える夫の部屋に向かって大きく手を振ると…窓辺に立ってる夫の姿がありました。

立つのもツライと分かってるのに「手を振るからね」なんて言わなきゃ良かったと後悔したり…そんな体でも立ち上がって見送ってくれた嬉しさもあって。

.

それからは、桜が散って葉桜になる頃まで、私が帰る時には病室の窓に夫の姿を見ました。

葉桜以後は?…すっかり花が散って新緑が爽やかになった4/16日「急に退院許可です」と。

.

そして次の入院からは、もう窓辺に立っている体力も失くなっていました。

…その秋には、夫はもう何処にも居なくなって…。

.

.

翌年からの私は自分の通院で桜の下を行き来。

.

私はいまでも病院に行くたびに、陸橋から夫の居た病室の窓を見ます。

でも、桜の時季には窓を見る思いがいつもとは違うの。

.

今日もまた桜の下を病院に…居ないのは分かっていても、つい陸橋から彼の病室だった窓を見ました。

Rimg0010

今日はすでに散り桜、舞い散る花弁に色々な想いが過り胸が詰まりました。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 隣人とパスタランチ | トップページ | 消化器科の医師交代 »

コメント

綺麗な桜ですね。
こんなにきれいなら思い出がよみがえりますね。

こんにちは。

ば~ばさんにも桜にまつわるご主人様の想い出が沢山おありですね。
桜は華やぎますが、儚くて想い出とともに散ってしまいます。

桜を見て幾つもの思いが過る・・・ 
よく分かります。
その時のシーンが、気持ちが蘇る。
時を遡ることはできないのですね。

胸が詰まります。。。私も桜には楽しい思い出だけでなく、つらい思い出が詰まっています。咲き誇る桜を見ると、「わぁ、きれい」と思うのも束の間、哀しい思い出が次々に蘇ってきます。

ずっとこうなのかなあ。。。

でもば〜ばさまの思い出も、私の思い出も、その時はつらいものではなかったのですものね。それで善し、ですよね。

私も夫を送った病院に今も通っています
本当にその切なさ味わった者じゃなくては分らないと思います
それ以上は書きますまい…◞‸◟ㆀ
ば~ばさまのお気持ちはとてもよく分ります
穏やかに受け入れようと努力されるば~ばさまの姿に胸が詰まります
本当に…切ないですね◞‸◟

あぁ~~それ凄くわかります!
目に焼きついているご主人のお姿。
桜がばーばさまの記憶にスイッチをいれるの
でしょう。幻のご主人の姿。涙でしょうね。
けど、年に一度のデートとは思いませんか。
ご主人が、ばーばさまに思い出して欲しいから
咲かしている桜。桜のラブレターでしょうか。

heart応援を頂いている皆様
いつもありがとうございます、ソメイヨシノに変わって枝垂れ桜、間もなく八重桜と楽しめますねconfident


pencilみかん様
コメントをありがとうございます。

ベランダ前の桜もまた観られるようになって、感慨深い春ですsmile


pencilけいこ様
コメントをありがとうございます。

ほんの数日だからイイのでしょうね、長期だと感慨も想い出も有難味が薄れるかもcoldsweats01


pencilMONA様
コメントをありがとうございます。

卒業、新入学などと時季が重なるだけに、哀しみも嬉しさも桜に想い出を持つ人は多いですねconfident


pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

桜を一緒に観た思い出を切ないものにせず、そんな嬉しい日々があったことを思い出しましょうconfident


penciltime様
コメントをありがとうございます。

景色は変わらなくても、事情も心情も大きく変わりましたね…切なさを飲み込んで心を鎮めてますconfident


pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

いいですね、桜の向こうにある面影が花吹雪と共に舞っても、来春にはまたクッキリ思い出せるhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 隣人とパスタランチ | トップページ | 消化器科の医師交代 »