« プランターのアスパラ | トップページ | 特別な窓と桜と »

2014年4月 6日 (日)

隣人とパスタランチ

restaurant美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

ランチのお誘いを頂いたお隣のNさんと、多摩センター・三越レストラン街へ。

Nさんは半年ほど前に妹さんの住む近くにと引っ越して来られて、いつもは殆ど妹さんと行動されていらっしゃいます。

.

でも、2月に妹さんが捻挫されて私とランチをご一緒し、お喋りが弾みました。

「またご一緒しましょ」とお約束したのですが…嬉しい本当の“また”でした。

.

多摩センター・パルテノン通りには早々と大きな鯉幟…かなり大きいですよ。

Rimg0005

先に行った3/4日には同じ場所にキティちゃんのお雛さまがありました。

こうなると5/5日過ぎには何が飾られるのか好奇心の虫がムズムズ。

.

.

先回のランチはお寿司でしたが今日は【Papa Milano】でパスタとピザの“ミラノセット”。

パスタとピザはそれぞれ3種あり、好きな組み合わせで選べます。

.

セットのポテトサラダと“シラスと菜の花の柚子胡椒味ペペロンチーノ”。

パスタの柚子胡椒味って言うのが興味を引いて…シラスも旬ですしね。

Rimg0010

“ツナとコーンのピザ”…写真には撮ってませんが飲み物付(コーヒーにしました)。

Rimg0011

.

Nさんはハムとホウレン草のピザにされて、ピザは半分ずつシェアしたのですが。

ただ、彼女の注文した品の写真までは撮れませんでした。

.

NさんはPCをされないと伺ってるので、彼女には私がブログをしていると話していません。

ブログをされていない方には、食べる品を次々に写真に撮る行為は不思議に見えるかしら。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« プランターのアスパラ | トップページ | 特別な窓と桜と »

コメント

色んな食べ物が有って迷いますね。
それにしても食べれる良いになって良かったですね。

自分の献立で一番多いのがパスタだと思います
ご飯はいつも冷凍してあるので、
美味しいおかずが手に入るとご飯を食べます
どっちにしても炭水化物好きです…パンも大好きだし…。◔‸◔。
でも今は炭水化物を取らない食事が流行っているらしいですね
メインディッシュとサラダと飲み物だけらしいです
レストランでもライスは結構と言う方が増えているんですって…
政府はお米をたくさん食べてくださいって言うけど時代は変わりますね

気にしないと思います。スマホなどにも
ついているし、撮影が普通になっていませんか?
楽しいひと時がもてて、よかったですね。
桜をみながらのお弁当会。ご近所さんとの
ランチ。ばーばさま、社交が多くて楽しそう。
こんなお食事ができるようになって、体調が
戻ったようですね。よかった!


pencilみかん様
コメントをありがとうございます。

一応はベーコンなど肉脂は避けますが、大抵のものは大丈夫ですsmile


penciltime様
コメントをありがとうございます。

私は「粉物はOK」と言われ、さらにオリーブ油などは植物油なのでOK…肉脂や乳脂の制限があっても魚介などのパスタはいいんじゃないかしらね…人間は炭水化物で生きてます~~ねぇdelicious


pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

最近はとてもお誘いが多くなりました、気が紛れるし楽しいしでありがたいことです…お誘いは私を案じてくださるからだと思い嬉しくお受けしますsmile

パスタ大好き! ふだん、ほとんどいただく機会がありませんので、どうしても食べたくなると、時々一人分作ります。和の素材とも、洋の素材ともしっくり合ってくれるパスタは、すぐれものだなぁといつも思います。

お隣の方とのランチ、いいですね♡ そういうちょっとしたお付き合いがあると、暮らしの安心につながりますね。都会のマンションでは、引っ越すまでお隣の方のお顔も知らない、などということがざらですもの。 

我が家のお隣は、私よりひと回り以上年上の奥さまと同い年の職人さんのご主人です。ここに住み始めて22年、子どもたちが小さかった時には、家の前で遊んでいる子どもたちとその友だちにお菓子をくれたり、悪いことをしたら厳しく叱ってくれたりしました。子どもたちが学校から帰って来た時、たまたま私がいなかったら「多分買い物にでも行ってるんだろうから、ここで待ってな」といって玄関先で待たせてくれたりもしました。子どもたちは「隣りのおばちゃん」と呼んで、今でもなついています。私に、沢庵の漬け方や出身地、福島の郷土料理の作り方を教えてくれたのも「隣りのおばちゃん」です。こういうささやかなつながりを、以前より温かく感じるのは、私が年をとった証拠なのでしょうね。

pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

夫が逝って独りになってから、自治会委員を頼まれ、最初は押し付けられたような気がしていましたが、今思うと皆さんが私が引き籠らないように引っ張り出してくださったんだと感じます。
独りで暮らす者同志が隣り合って暮らすことになったのもご縁なのでしょうね…『近くの他人』が適度な距離感で何かの時には頼りあえる、そんな関係でお付き合いしたいですhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プランターのアスパラ | トップページ | 特別な窓と桜と »