« 特別な窓と桜と | トップページ | Intemet Explorer11 »

2014年4月 9日 (水)

消化器科の医師交代

hospital美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

ベランダから公園越しに見える桜並木は花吹雪、風がベランダまで届けてくれた贈り物。

Rimg0002_2

.

昨日は消化器科・月一の定期検診…担当医師が替わっていました。

.

私が消化器科へ行くのは胃腺腫(ポリープ以上upwardright癌未満)と結腸平滑筋腫(同じく癌未満)で、どちらも要観察、定期検診が欠かせないからです。

そこで担当してくれていたA医師が転任しました。

内視鏡の操作がとても滑らかに上手な医師でしたが。

大学病院は医師の交代が多いですね。

.

そして、今度の担当医は、かつて夫を看ていてくれた看護師Iさんと親しくしている女医さん。

.

Iさんは家庭を持っていて、お住まいが我が家と大通りを挟んだ処なので、実によく駅ビルスーパーで出会います。

会うとお茶をご一緒したり…で、先週お会いした時に。

「もうご存知でしょうが、Tさんの担当だったA先生が本院に移動されたの。

替わってU先生が来たんだけど、A先生の患者さんを診てるから、たぶんTさんもU先生が診ると思うのよ。

U先生は私と友達付き合いだし、ちょっと口は悪いけれど情があるから、気楽に気さくに診て貰ってね」

.

と言うことで、診察に入る前にちょっとご挨拶。

「Iから聴きましたが、旦那様の闘病は大変だったようですね。

消化器はストレスの影響を受けやすい臓器ですし、気になることや悩んでることなど何でも、Iに話すように私にも気楽に話してくださいね」

こうした初対面の印象が病人にとっては心理的好感重要ポイント。

.

でも、U医師は出世?して飽くまで担当医、カメラなどを操る受け持ち医はO医師です。

私にとっては、たまに面談する担当医(U医師)より、内視鏡を操るO医師の技量が気になるところ。

どうぞ胃にも大腸にもスムーズに内視鏡を入れて頂きたいもの。

.

それはそれで、この街には…この医大には、まだ夫を知る方や想い出してくださる方が大勢いらっしゃる(/ ^^)/アリガト~。

.

次の内視鏡検査は6月末くらいにと…。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 特別な窓と桜と | トップページ | Intemet Explorer11 »

コメント

時期でしょうか…
私も担当医が変わり女医さんになりました
心を平安に保つにはお医者様との相性が大事ですよね
私はまだお会いしていないんですが…
私は今の病院はば~ばさまのこの前の記事と一緒で
辛いので、病院を変えようかなと今も思っていますが…
桜終わりますね…。◠‿◠。✿

お医者さんとの相性、私もとても大切だと思います。

でも自分が患者になった時に思ったことは、患者は心細い立場、医師はそれを診る立場なので、結局、「心細い立場」に寄り添えるか、「心細い立場」が納得できるよう説明できるかという医師のあり方が問われるということ。それができない医師がいるので、患者は診てもらった後に違和感が残るのだなぁ、と。。。

今日はいい陽気ですね〜。昨日は武蔵野日赤の近くにある船木園で、苗を少し買ったので、植え替えるつもりです。船木園は、中も外も花と緑であふれんばかり。レジの脇には、ネコがのんびりねそべり寝そべっています。別世界のようで、行くたびにホッとします。

おまけに…売り場のそこここに、ベンチが置かれていて、ご近所の方でしょうか、缶コーヒーを片手にベンチに腰を下ろして、花を眺めている方の姿が目に入ります。その心遣いもいいなあ〜と和みます。

ば~ばさん おはよう^^
担当医が変わると不安になりますね
私もそうでした。
執刀医が私の手術後他の病院へ移ったの
退院後初の診察は不安でした。

桜はもう葉桜でしょうね?
こちらはまだ3分咲き程度です^^@

heart応援を頂いている皆様
いつもありがとうございます、ソメイヨシノは葉桜になってしまいました、これからは花水木かしらconfident


penciltime様
コメントをありがとうございます。

一昨年は整形外科医、去年は外科医、そして今春は消化器科医と私の担当は次々に替りましたが…セカンドオピニオンだと思えばいいかなと。
此処は救急もあるし、すごく近いので老後のことを考えて通い続けるつもりですconfident


pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

どんなに腕が良くても出世や論文のための治療では患者はたまりませんね、と言って手術や処置が下手ではもっと困りますしね。
私の最初の結腸手術は武蔵野日赤でしたし、いろんな病気をしたので頻繁に通院してました…帰りは船木園で花や木の苗を見たり買ったりしてましたsmile


pencilチーちゃん様
コメントをありがとうございます。

術後に医師が替わると本当に不安…大きな病院はよく医師が替わるので患者はドキドキですcoldsweats02

身近な人とのコネクションって、そのときの
自分の状況によって異なるようですね。
私は医者とは思わないけど、ばーばさまに
とってのコネクション。ご主人を通じても
お医者さんと看護師さんでしたもんね。
コロコロ変わる大学病院の人事。
どうぞ、めげないでくださいね。


pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

いまは近所付き合いから広がって知人も増えましたが、夫の闘病中は医大のスタッフが話し相手・相談相手という狭い範囲でしたからねcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別な窓と桜と | トップページ | Intemet Explorer11 »