« 閑人の心太 | トップページ | 台風一過 »

2014年7月 9日 (水)

カラスの子離れ

chick美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

先日、カラスの子育てのことを書きました。

子育て中のカラスは我が子を必死に(過剰なほど、神経質に)守ります。

.

そうして守られて、1ㇳ月もすると子ガラスは体だけは親と見分けが付かないくらい大きくなるんです。

.

***************************

此処からは私の想像、フィクションです…だってカラス語は分かりませんもの。

Rimg0001

多分ね、真ん中が子ガラス…雛は2羽ほど孵ったと思っていたのですが~。

カラスは他の巣の卵や子を親が留守の間に襲うこともあるそうですから、生き残った子なのでしょうか。

右端で知らん振りしてるのは父ガラス。

.

口移しで餌を貰えなくなった子は、母ガラスが何を喚き、なぜ自分を突くのか分からないのでしょうね。

「ホラ、これからは自分でこれを捕えないと生きていけないのよ」、ガァーガァーと責める両親の変貌に、子ガラスはウロウロするばかり?。

.

体は大きくなっても、まだ親離れはしない~~したくない。

母ガラスにくっ付いて甘えようとするんですが~、父ガラスは厳しいですよ。

Rimg0002

「カァチャーン」と母ガラスに縋り啼く我が子を追い払う父…そして母までが。

(3羽の動きが早過ぎてシャッターチャンスが無い~、ジッとしてくれないんだもの)

.

やがて、冷たくあしらわれて泣きながら飛んで行った我が子。

Rimg0006

その子に未練など無いように…いえ、きっと振り返ったら想いが残るから~。

両親は我が子が飛び去った逆方向にトボトボと。

Rimg0003

心中では飛び去った我が子がシッカリ生きて行けるように祈ってるのでしょうか。

“子育て”そして“子離れ”ご苦労さん…。

.

.

そして翌日、子ガラスは戻ってきました…でも、啼いても、呼んでも、何度啼いて呼んでも親ガラスの姿は無いの。

Rimg0005

空を見上げていつまでも啼いてる、いつまでも…何時までも。

お前、シッカリせいよsign03(カラス、何故啼くの?~カラスの勝手でしょ)けどね~、

もうカァチャンは遠くから見守ることしか出来ないんだから~ナッsign01」。

.

嫌われ者のカラスですが~~次世代を育てるお役目は果たしましたね。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 閑人の心太 | トップページ | 台風一過 »

コメント

すごく面白~い!( ´艸`)プププ 
カラスの観察、素晴らしいです。
動物の子離れ、親離れって当然って思っていたら、そうでもないのですね。
子ガラスの気持ちに、ちょっとウルッ~

カラス物語。。。考えさせられました..

親離れしないのは、親の側に問題があるのですね。かわいいからと、いつまでも子ども扱いして、世話をしていると、親離れできなくなる。やがて、親が離したい、子どもも離れたいと思っても、離れられなくなる…

人間は他の動物より知恵があるので、高度な文明を発達させてきましたが、動物本来の生き方を忘れてしまっているのかもしれません。知恵を働かせて、子どもの自立と親離れを促さなくてはならないのでしょうね。

pencilMONA様
コメントをありがとうございます。

どの鳥も同じような子離れをするのでしょうが、カラスの子育てを見ていたのでチョイ感動でしたsmile


pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

子ガラスは親の横で口を開けるのですが、親は「ほら自分で獲れ」とばかりにがなり立てます…やっと自分で捕えたら今度は「アッチ行け」と突く、普段は可愛いと思わないカラスに胸キュンでしたcoldsweats01

ば~ばさん おはよう^^
胸を打たれました
動物の世界は過酷で、それでいて悲しいですね
そうしなければ生きて行けない
厳しい生活が待ってるんですもんね。

私も“カラスの葬式”と言う文章を書きましたが
人間社会ではネグレクト事件が後を絶たない悲惨な時代に
付きっ切りで生きるすべを教えて…手放す厳しさは驚きと言う以外有りませんね
動物って…人間が思っているより感情豊かで賢いと思います
ば~ばさまの観察力も素晴らしいです…☝。◠‿◠。✿

pencilチーちゃん様
コメントをありがとうございます。

巣立つ日が近づいた頃から親の啼き方が急に“叱ってる”って感じになって~見守っていましたcoldsweats01


penciltime様
コメントをありがとうございます。

timeさんも文筆家でしたか…親の啼き方が今までとは変わったので気になってずっと見てました、写真が上手く撮れてたらもっと感動的だったのですが~happy01

私は物に対するいつくしみが希薄してるので
観察に想いが行かないと思います。

pencilみかん様
コメントをありがとうございます。

でも、みかんさんは私の好みを直ぐに分かって二度目には嬉しいお土産を頂きました嬉しかったconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 閑人の心太 | トップページ | 台風一過 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ