« なんか変夏(か)も | トップページ | 大人の塗り絵 »

2014年9月 5日 (金)

もうSFでは無い

book美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

一昨日、地球温暖化がもたらす異常気象がすでに異常ではなく当たり前になりつつある怖さを書きました。

あと半世紀もしないうちに日本は熱帯化し、気温40度超えなんて誰も驚かなくなると識者は口を揃えて言います。

.

気温が高くなる…地熱が高くなると、いま以上の“ゲリラ豪雨”が連日のように各所で発生、排水が追いつかずに水に浸かる街が続出。

地下街も地下鉄も泥水中に沈み、救助も救援も不可能な事態に…街はゴーストタウンになっていくかも。

.

政府筋から未来気象の話は殆ど出ませんが、専門家や識者の間では必至の事態とされるそうです。

.

未来世代に暗い話題だと心を痛め、解決策の未だ見えないことを憂うばかり…そんな今日、書店で見つけたこの本。

Rimg0004『いつか海に行ったね』(祥伝社文庫)

<家禽の新種ウィルス(死亡率99,9%)の誕生秘話>

白亜紀に死んで氷河で冷凍されていた鳥の死体が、鳥たちが飛び交う地域辺りで融けて地表に出た。

それは地球の温暖化で北極圏が温まり氷河がユックリ融け動き出したから。

この白亜紀のウィルスが空中に蔓延し、人類は外を出歩くことが出来ないまま短い生涯を送ることに。

氷河を融かす温暖化の因は二酸化炭素…多量の二酸化炭素を排出したのは人間。

人類を滅亡させるのは結局人間で、自業自得なのか。

.

.

ある男の子の遠い日の父(家族)との思い出から、次々に明るみに出てくる恐怖の新種ウィルス蔓延。

.

フィクションとして書かれたものですが、これが現実にならないとは言い切れない、そのままノンフィクションになるかもしれない底知れない怖さがあります。

殺人犯も幽霊も出てはこないけれど、思わず息を止めてウガイしたくなる震撼。

.

現に温暖化で、北極や南極の氷が融けて水没の危機を感じている国もあるし、氷河が動き出しているのも事実。

.

白亜紀の生物大絶滅の原因は大隕石の衝突とも、地球の寒冷化とも言われます。

ならば温暖化が生物絶滅に繋がらないと断言できるのでしょうか。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« なんか変夏(か)も | トップページ | 大人の塗り絵 »

コメント

お早うございます~♪
今SFのような事態が起こってますね…
新種のウィルスに次々と冒されたり
山が崩れたり、海が何十メートルの津波で荒れ狂ったり
南極の氷が融け出したり、
我々は先の見えてる世代ですが…これからの人が大変ですね
民族や宗教、領土で争っている場合じゃありませんよね
地球存亡の危機です…#`ε´
リーダー達が立ち上がらなくては…期待が出来ませんが…´◠`
暗い話になりました…もうすぐですね…。◠‿◠。✿

penciltime様
コメントをありがとうございます。

ホント、同じ人間が殺し合っている場合じゃ無いよね…このままだと誰も生きられない地球になるかも知れないのに、指導者たちにはそんな危機感は無いんですね~目先の権力欲に庶民を巻き込むdespair

昔、「ディ・アフター・トゥモロー」だったか、隕石が地球にぶつかって・・・という映画を見て映画館の中で号泣してしまいました。
あれ以来なるべくこの手の本や映画は控えています。
気が小さので、とても不安になってしまいます。

阪神大震災の時も3日ほどよく眠れず、食事を取るのも困難になりました。
3年前の地震の時は妊娠中の娘が東京にいましたので、ずっとテレビをつけて地震情報を見ていました。

今は娘と離れているので、何かあってもすぐに会えないと思うので、こういうことを考えだすと不安で落ち着かなくなります。
こんなことではいけないのですが。

pencilMOM様
コメントをありがとうございます。

同じ日本国内に居てさえも、大きな災害の時は直ぐには会えないし連絡も取れないですからね~。
こんな事態が実際に起こらないことを願うばかりですが、災害ばかりかデング熱だエボラ出血熱だと聞くと不安になります…先の短い私はいいとして孫子の時代にはと考えると恐ろしくなりますthink

映画間違えていました。
「ディープインパクト」でした。
アルマゲドンのようなパニック映画ではなくて、とても心を打つシーンが多かったです。
恋人を救うためにシェルターに入れる権利を捨ててたすけに行く青年とか、不仲だった父娘が津波に飲まれる瞬間仲直りするとか。
でも、アルマゲドンはドキドキして追われましたが、これは辛かったです。

松風さんが蚊に刺されたとおっしゃってましたが、大丈夫かな~。
今は横浜でもエボラ蚊がいるらしいですね。
困りましたね。

まだ若い頃、映画「日本沈没」を観た時に恐怖で映画館に来たことを後悔しました。
地震の映像がとても怖かったんです。
でもこの頃には地球温暖化、グローバルになっていろいろなウィルスが入って来ることをだれも想像できなかったでしょう。
それとも専門家は想定内と思われてるのでしょうか。

ば~ばさんのおっしゃるとおり『SF』の世界です。

pencilMOM様
コメントをありがとうございます。

わざわざご訂正を恐縮です…映画の仮想世界に震えたことが現実になりつつあるなんてね~coldsweats02


pencilけいこ様
コメントをありがとうございます。

映画では仮想世界でも怖かったですが、それが現実になりつつあるとは…専門家の間ではかなり前から危惧されていたと言いますが、私たちは災害現象をみて初めて震撼するのですものねthink

こんにちは
信じますよ、これ。
あの東北大震災も、予知されていたのでしょうね。
そして、地域の子供達への害も。全ての真実は、封じ込め
られているのでしょう。知りたいか、知りたくないか。
もしかして、対策もないかもしれないとか、、、?
いつも暖かいコメントと応援ありがとうございます。

pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

気象や地質・災害の専門家たちは予知・警告しますが、政府は実際に起こった災害やウィルスの対策すら不十分、目先の事態の収束すら早急には出来ない有様…庶民はいつも“蚊帳の外”ですねdespair

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なんか変夏(か)も | トップページ | 大人の塗り絵 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ