« カウチンジャケット | トップページ | ジャガイモ? »

2014年10月 3日 (金)

夫の仲間たち

clover美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

Rimg0004

夫の遺骨が返されたら会いに行きたいと仰っていたMさんは、9/12日に返骨式があったとお報せしたら早速お彼岸にお参りに来てくださいました。

.

その時の雑談で私の体調を問われたので、術後に低血圧と貧血は残ったけれど、まずまず元気にしていますと話したのですが。

そのMさんからのメール。

「先日は先輩と向き合って存分に話し、私の気持ちも落ち着きました。

.

さて、あなたの低血圧も貧血も、私のような透析患者にはつきものの症状ですから、その辛さはよく承知しております。

野外で倒れた場合は発見が早いので救命率は高く、むしろ自宅で一人でいるとき のほうが危険なのだそうです。

くれぐれも気を付けてください。

.

我々仲間のメンバーも最近は痛みがちで、元気なのはHさん(高尾山の常連・絵描き)とIさん(山岳写真家)くらいです。

(ちなみにHさんはMさんと共に夫を“偲ぶ会”の幹事をした方で時々私に絵手紙を送ってくださいます、Iさんは会の写真撮影をしてくださった方です)

Iさんは先日も立山連峰の劔岳へ登ったそうで、同じ世代とは思えない体力で、周囲を驚かせています。

その登山が丁度9/26~27日で、Hさんが御嶽山でなくて良かったが~と心配していました。

改めて御嶽山噴火で犠牲になられた方々に慎んで哀悼の意を表します

先輩の納骨のことは他の仲間にも知らせました、みんな夫々に命日までにはお墓詣りに行くそうです」と。

.

夫が逝って今月末には3年になるのに、こうして皆さんがまだ仲間と思っていてくださる…そして仲間の妻として私のことも気にかけてくださる、幸せなことです。

夫のお仲間たちに感謝、そんなお仲間に慕われた夫にも感謝。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« カウチンジャケット | トップページ | ジャガイモ? »

コメント

人を支えるということは、実際に手助けすることだけではないのだなぁ、と改めて思いました。年齢に関係なく、その人ができないことがあれば手を貸すのは、誰にでもできることですが、その人の気持ちに寄り添って、心を支えるというのは誰にでもできることではないですものね。その人との関係性や、お互いの思いがあってこその支え合い。。。

誰かに支えられて、そして誰かを支える。。。こういう人と人との関わりを伺うと、ほっこりした気持ちになります♡

素敵なお仲間に囲まれてご主人様はお幸せでしたね
我が夫の祥月命日もまもなくです
ぶくぶく泡立つ酸素吸入だけが夫の命の証しでした
一年後にば~ばさまが同じ思いで旦那さまを見送ったんだなあと運命を感じますね
今まで夫の想いに浸る事が怖くて耳を塞いでいましたが
時が過ぎれば一人で夫を静かに偲ぶ事ができます…◞‸◟ㆀ
友人達とはまだ思い出話が出来ません…怖くて…´◠`

pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

折に触れ「元気にしてますか~?」って数行のメールや葉書、それがいいですね…電話と違って慌てて出なくていいし読み返せます、ゆっくりと読み返す時にその方の思いをちゃんと感じられますからconfident


penciltime様
コメントをありがとうございます。

うちは今月末が3回目の命日…最期は酸素吸入MAXでも喘いで、断末の表情は記憶から消したいのに鮮明に蘇り胸を締め付けます、でも少しずつ心を鎮め優しく思い出せるようになれたらいいですがconfident

こんにちは
あれから3年ですか。ということは、私がばーばさまと
出あって3年?早いものですね。
ご主人様の介護をされておいでだったもの。そして、ある日
空白の日がきて、背筋が・・・。旅立たれましたね。
ご主人さまのお友達。ご自分のお体だけでも大変なのに
お墓参りにきてくださるとは感謝ですね。そして、ばーばさまの
お体の心配までしてくださって、お優しいお方です。
準備万端で生きていても、100%なんていうことはない。
だから、今までと同様に、お心を豊かにお暮らしください。
ご主人が大切な奥様を守ってくださいますよ。天国からも
ちゃんとあなたを見つめてくださっています。
全ては安心。大丈夫です。
いつも暖かいコメントと応援あえいがとうございます。

pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

遠いアメリカから励まされていました、「井戸の底まで落ちても底を蹴って跳ね上がりましょう、壁を這い上がって青空を見ましょう」と言ってくださった言葉を今もポジティヴが薄れそうな時は思い出しますconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カウチンジャケット | トップページ | ジャガイモ? »