« 金魚のような花たち | トップページ | これも卵豆腐? »

2014年10月 9日 (木)

高額医療費減額申請

memo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

Rimg0002

入院前に顔馴染みの会計担当者が「Tさんは息子さんとかの扶養家族になっていない、独り暮らしですよね。

65歳以上で独居の遺族年金者は医療費限度額からさらに減額の申請が出来るはず。

だから、市役所で手続きしてきたらいいですよ」と。

.

早速、市の健康保険課に相談に行ってみました。

.

今回の入院手術が高額になるかどうかは分かりませんでしたが、今後のためにも手続しておいた方がいいでしょ。

すぐに申請が認められ『限度額適用、標準負担額減額認定証』が発行されて。

なんか小さな幸せ、けっこう安心。

.

ベッド代や食事代、レンタル用品は適用外ですが、それでも、医療費が減額されると助かりますからね。

私は長引いたらパジャマなどはレンタルにしようと着替えを持って行きませんでした。

でも、病室の近くにコインランドリールームがあったので、裸にバスローブを引っかけて誰も居ない朝一番に其処を利用。

1時間もあれば洗濯から乾燥まで終了。

せこいようですが、レンタルパジャマは2日着て\500、コインランドリーはパジャマ以外の下着やタオルなども洗えて乾燥込で\300moneybag

.

.

夫は勤務先で加入していた医療保険が辞職で切れ、次をどうするか迷っていた時(男性は73歳になると新規の医療保険加入は難しい)で。

その直後に突然の末期癌の宣告をされましたから。

高額医療費限度額はありましたが、医療保険無しの闘病で保険適用外の薬代や差額ベッド代…厳しかったです。

.

私には医療(癌含む)保険もあります。

そして、この認定を受けたことで、取り敢えず今後の入院の金銭的不安はほんの少し楽になります。

.

65歳以上の遺族年金者は“高額医療費限度額がさらに減額”って知らずに手続きしていなかったら…。

年々減らされる年金を遣り繰りして頑張ってる皆さま、せっかくの制度は恩恵を頂いて、心配の無い医療を受けましょう。

病気や怪我をしないことが一番なのですが、歳と共に万一が千一になり、百一になることもありますから。

(って、実はこんな制度に疎かったのは私だけかなぁ~(´-)sweat01)。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 金魚のような花たち | トップページ | これも卵豆腐? »

コメント

わが家は全て夫任せです。
夫に何か会ったら、私は生きていけないような気がします。
反対に私が全て仕切っていたら、夫が困る。
本当は二人で一緒に、が理想ですがなかなか・・・
保険の事や預金のことをうるさく聞くのがなんとなく憚られて、いつも中途半端で中断します。
夫は普段は威張りませんが、やはり自分が何もかもしておきたいようです。
先のことを考えてもきりがないので、なるべく私のほうが先に逝くようにと密かに(時々口にも出しますが)思っています。
友人は「自分のほうが長生きすると思ってるわけ」と笑います。
そうですよね~。
平均寿命なんて絶対ではありませんから。

お早うございます~♥♬
引き締めて引き締めて何かと居ずらくされてる高齢者達
もちろん支給される恩恵は受けたいと思います~☝(๑’ᴗ’๑)
だって現役の時はしっかりと税金を納めてきたんですもの…◕ฺˇε ˇ◕ฺ
老後易しくしてほしいですよね
私もこお言った事に疎くて、国の広報の方にもちょっと分り易く宣伝して欲しいと思います
何か自己申請で申請しなければ受けられませんて制度が多いですよね
年とればとるほど疎くなるので税金は隙間なく取るのだから、支給されるものも隙間なく施してほしいと思います
つい力が入ってしまいました…༼༼๑→ܫ←p༽༽ 
スーパー台風19号が来ますよ
ば~ばさま、お互いにくれぐれも気を付けましょう…。◔‿◔。

国や自治体のいろいろな制度や金融関係のこと、私はとても疎くて、しかもあまり興味がないのですが、夫の方がもっとひどい….。自分の給与額も知らないし、「まあ、そこそこあるんだろう」程度の認識ですから。。。高齢者の仲間入りを目前にして、ちょっと勉強しなくては、と思っている私。ところが用語の意味からわからないので、往生しています。。

そんな時、頼りになるのが妹です。若かった頃、金融機関に2年ほど勤めていたこともあり、知識だけでなく知識欲が豊富です! 昔から「・・・こういうわけだから、今のうちに○○をしておいたほうがいいよ」などのアドバイスをしてくれていたのですが、あまり興味がないので右から左でした。用語の意味がわかっても、全体がわからないので解説してもらっています。でも難しい。。

世の中の仕組みはホントに複雑だ、が正直な感想です。

こんにちは
いやーーお金の問題は、しっかりと学んでおかないと
いけませんよね。あちらから、親切に教えてくれるわけは
ないもの。両親とも闘病生活を送りましたから、
医療費やその他もろもろの費用のことは苦労しました。
お洗濯、食費、その他の経費。合計すると凄い額になります。
今回は、医療費の補助、免除があるようでラッキーです。
こうなったら、リサーチをして免除してもらえるところは
しっかりとマークをするといいですね。
いつも暖かいコメントと応援ありがとうございます。

pencilMOM様
コメントをありがとうございます。

遣ってくださる旦那様に一任しましょう、私も夫の生前は全部お任せでしたが、いよいよになれば何とかなります…どうなるか分からない先のこと思い悩んでもストレス、気楽に生きましょうcoldsweats01


penciltime様
コメントをありがとうございます。

保険料の天引きはちゃんと全員に通知が来るんですから、そこに1行追記してもいいと思いますが、徴収は洩れなく取りますが減額などは知らずにいる人の分はなるべく頬っ被りしたいんでしょうねcoldsweats02


pencilじゅんこ様
コメントをありがとうございます。

いまは家計が潤沢で切り詰める必要が無いからですよ…収入が無くなると疎いとか苦手とか言っていられなくて自ずと無い知恵を絞ってどう出費を抑えるか考えるようになりますcoldsweats01


pencilみどり様
コメントをありがとうございます。

大蔵+財務+総務など一手に引き受けていた夫が逝ってから、文部と厚生しか能の無い私が遣らざるを得なくなって、他人から得た情報を頼りに何度か役所に出向きやっと少しずつ慣れてきましたsmile

毎年年金が減っている状態ですからね。
賢く生きないといけませんね。

この証明書は取ってあります。
後からでも申請できるのですよね。

夫におんぶに抱っこ、状態で25年。
夫が病気になってからは(娘たちの助けもありましたが)基本的にひとりで調べながら11年。
障害者になったので諸々な手続きが大変でした。

ば~ばさん おはよう^^
私も何でも夫任せなので、こういう事に疎いです^^;
妹に聞いて知ってはいたけど、他人事でした。
私達は国民年金で微々たるものですから
免除してもらえる事は面倒がらず手続きしたいと思います。

pencilけいこ様
コメントをありがとうございます。

ホント賢くならないと、こういう特典は自分でマメに市の広報などチェックして調べないと知らずに過ぎてしまいますねcoldsweats02


pencilチーちゃん様
コメントをありがとうございます。

役所からは何も知らせて来ないので、自分で情報を集め手続してちゃんと恩恵に預かりたいねconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金魚のような花たち | トップページ | これも卵豆腐? »