« 読んで哭く本 | トップページ | イルカは居るか? »

2014年12月 4日 (木)

肺炎球菌予防ワクチン

hospital美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

Rimg0007_2買い物帰りに駅前発のバスに乗車。

.

すぐに私と同年齢くらいの女性2名の会話が耳に入ってきました。

「“肺炎球菌ワクチン”を申し込んだのよ。

アンタも私と同い年だから接種対象じゃない?」

平成26年10月1日から、高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンが定期接種となりました

「あ、あれね…国から半額補助が出て、4,000円程度で受けられるってワクチンでしょ。

私はしない!、肺炎で死ぬなら死んでもいいと思ってるもの」

.

ちょっと話が物騒、というか聞き捨てならない方向に。

「なんでよ、肺炎って苦しいんだってよ、4,000円で予防できるならやんなさいよ」

「いいのよ、ちょっとくらい苦しんでもそれで死ねるならいいの」

「なんで~?、そんなに死にたい訳?」

「年金は減らされるばかりで税金や保険料は上がる…生活を切り詰めるにも限界があるわよ。

光熱費を考えて暖房を入れるのも迷うようじゃね~生きていてもいいことないしサ。

独りで寝たきりになったらなんて考えただけでもゾッとする」

.

身につまされました…その方の思いに共感する私がいます。

でも、この女性はけっして暗い性格ではないようで、コーラスや俳句のサークルに入って交友関係も広いらしいのです。

「材料費だ月謝だとお金がかかることはもう出来ないからね。

プールも行かなくなったし…コーラスやハイキングくらいは続けたいけど」

.

.

停留所2つで降りる私が聴けたのは此処まで。

バスを降りてからずっと考えてます「私ならどうしよう“肺炎球菌ワクチン”」

苦しむのはちょっとイヤだけれど、死ぬのはチットも怖くない(むしろ歓迎する不遜な心がある)。

.

家に入り、買って来た食品を冷蔵庫などに収納しながらも頭の中は“ワクチン”。

「まだ考える時間はあるんだけど~?

たぶん私も“肺炎球菌ワクチン”を接種しないだろうなぁ」

.

予防ワクチンは一つの『賭け』

肺炎になるかどうか、予防が役立つかどうかは分かりません。

肺炎球菌ワクチンの効果はかなり高率ですが100%ではありません…副作用が出ることも

.

私はサークル活動もしていないし、罹病しても外にさえ出なければ他人にうつす心配も無いだろうし。

肺炎になり死に至ったら、それが私の寿命&運命だと納得受容するでしょうね。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

また、“非公開で”の連絡や報告も書き込んでくださいね。

.

強い思いで末期を生きた夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

« 読んで哭く本 | トップページ | イルカは居るか? »

コメント

公共の乗り物の中でするには物騒なお話ですね。
この方の気持ちが分かるような分からないような。

孫息子が生まれて孫守のためにと、娘に頼まれてインフルエンザの注射をしてから体調が変わったようです。
熱のある風邪など引いたことがなかったし、下痢はしても嘔吐はほとんどしたことがなかったのに。
今年は病み上がりでもあるし、たとえ整形外科でもお薬貰って飲んでるし(ガンの方のお薬もありますから)、予防接種は止めようと思っています。
別にインフルエンザに掛かって死にたいわけではないですが、ネットで見ると(それが正しいのかどうか分かりませんが)摂取に反対している人が多いようです。
何しろ当たるも八卦当たらぬも八卦だそうですしね。

よく分からないので、今度調べてみますね。
でも副作用があったり、効くかどうか分からないのなら躊躇してしまいますね。

20代と30代に計3回、肺炎になったことがあります。。。一度はマイコプラズマ肺炎でしたので、熱はさほど高くなかったものの、マイコプラズマ肺炎だとわかるまでひどい咳に苦しみました。検査の結果、そうだとわかってから、マイコプラズマ肺炎の治療薬でおさまりましたが。。。。

あとの2回は、いわゆる「肺炎」。高熱と痛みと咳と痰、そして息苦しさで、本当に苦しみました。いま、思い出しても >_

あのつらさを思うと、予防できるものなら、私は予防しようかなと思っています。

ちなみに、2回の肺炎のうち1度はアメリカ在住中でした。日米の病院の、治療方法や対応、薬の違いに驚くことしきり、でした。

あ、そうそう。クリスマスカクタス、花が咲きました!! ば〜ばさまが書かれていたように、家に入れてやりました。すると、固かったつぼみがふんわりとふくらんで、薄いピンクの花をつけてくれました。8年ぶりです!! 水をやり、時々肥料をやってはいましたが、毎年つぼみで終わってしまっていたので(ば〜ばさまがおっしゃるように、寒さの中でつぼみは生きていなかったのですね)、花を見たのは8年ぶりです!! 「ごめんね〜、ありがと」という思いで、見ています。どうもありがとうございました!!

ば~ばさん おはよう^^
年齢が対象外なので、考えもしなかったけど
私達は国民年金受給者なので
予防のための4,000円は結構大きい!躊躇するかも^^;
でも、歳をとってからの肺炎は命とりっていうし
今は健康で元気だけど・・・迷っちゃいますね。

まづは、風邪ひかないように自己管理しっかりしなきゃ^^@

pencilMOM様
家族、とくに小さい子が居ると流行性やウィルス性の病には罹患しないように気を付けないとね…体力が無い時の予防接種はちょっと待ちたいですねconfident


pencilMONA様
いまはとくに気を遣われることと思います、ウィルス性の病だけじゃなく風邪にもお気を付けてねsmile


pencilじゅんこ様
そんなに何度も体験されているんですか、大変でしたね…歳と共に肺炎は危険な病になると言われますが、ワクチンのことは真剣に考えてみます。
クリスマスカクタスが咲いて良かったです、私も嬉しい~happy01


pencilチーちゃん様
お孫さんがまだ小さいから接種年齢になったらワクチンを受けられたらいいですよ…でも、どっちにしても体調管理が大事ですよねconfident

死ぬ事?…ぜんぜん嫌でもないし恐くもありません(痛み、苦しみは嫌ですが…)
嫌なのは患う事で自分の意思で何もできなく成る事です
これは絶対避けたいのでコレステロール値にしても血管が詰まってポンと往ければ
気にしませんが…
起き上がれないほどの麻痺を起すことが一番恐ろしいです
それでとりあえず、患わない程度のケアはしていこうと思いますが…
予防注射は一切するつもりはありません
こんなこと言えるのは心残すものがこの世に無いからだと思います
いろいろ柵のある方にはこんな話は失礼と思います、もし、不愉快な方はごめんなさい
人間いろいろですから…
300年生きて、魔女になりたい…そんな思いもありますლ(╹◡╹ლ).。.:✽
ば~ばさま鼻水は改善されましたか
この間テレビで寒暖差アレルギーをやってました
鼻水が止まらなくなるそうです…あれ?これかなあと思いました

penciltime様
丸々同感です、思い残すことも無いし意思を失ったり寝たきりになったりするより苦しんでも意思あるまま逝きたい気持があります…どうもその寒暖差アレルギーのようで布団から出た途端に鼻水ですcoldsweats01

ご無沙汰してます~(≧∇≦)

最近は子供のクラス役員等をして各行事に参加したり
車を買ったり、仕事を始めたりバタバタしておりました^^;

お元気そうですね(*^_^*)
年末に一度帰省の予定ですが、色々と予定を入れていて・・・
また一緒にゆっくりお茶でもしたいです(*´∀`*)

肺炎球菌・・・ワクチンは悩む所ですね。
私も保育士のパートを始める時にインフルエンザをしましたが
一週間ほど痛みが続くし、かかる時はかかるし・・・
本当はワクチンって信用していないし、あんまり好きじゃないです^^;

ワクチン打つなら、その分美味しいもの食べて飲んで
太く短く楽しんだほうが良いな~♪

pencilchika0w0様
効果100%では無いし、副作用もあるし、けっこう高価だし…私は他人との接触が少ない上に術後の体力が戻らないので、しばらくは予防注射の類は控えようと思ってますcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読んで哭く本 | トップページ | イルカは居るか? »