« 病気≠病人 | トップページ | 節分の恵方巻き »

2015年2月 1日 (日)

ムール貝ワイン蒸し

wine美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きていきたい。

.

祈り・願い届かず、心の凍る残虐な蛮行が現実のものになってしまいました

願わくは、報復の連鎖だけは起きませんように       哀悼

.

魚介売り場に大きなムール貝があったので久しぶりに“白ワイン蒸し(ニンニク風味)”をdelicious

Rimg0007

旬の白菜に人参やブロッコリーを彩に添え、蒸して塩コショウで調味しました。

.

ムール貝(ムラサキガイ)として売られていますが実は日本の場合は殆どが貽貝

貽貝はムール貝より大きく、殻長は10~15cm、殻幅は5~7cmセンチくらいになる二枚貝です。

カラス貝に似た真っ黒な貝で、別名“黒貝”とも言います。

(カラス貝は淡水産ですが、貽貝は海水産です)

日本の海岸ならどこでも採れる貽貝は以外に coldsweats01 美味しいんですよ。

.

貽貝には極めて稀に真珠を抱えているものがあり、それで『胎』の字が付きました。

でも、そんなに稀な真珠が入っていても喜ぶのは~チョット待ってpaper、残念ながらこの真珠は上等品ではありません。

.

貽貝の身には甘みがあり、プックリながらしっかりした食感で、噛むとエキスがジュワッと出ます。

殻のまま酒や白ワインで蒸したり、網焼きにしてレモン汁を振って食べるのが一般的。

ムール貝のようにクリーム煮やパスタ、炒め物、マリネなど洋風にも、また酢の物、吸い物や味噌汁の種、巻き寿司の具などの和風にも旨味を活かして使えます。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

« 病気≠病人 | トップページ | 節分の恵方巻き »

コメント

こんにちは
ムール貝のお料理。体も温まって美味しそうですね。
真珠が入っているとは知りませんでした。
ちなみに、ミシガンでもムール貝は安価で手に入ります。
人気の貝ですよ。私も作ってみようかな?
いつも暖かいコメントと応援ありがとうございます。ポチ

基本、肉魚に弱いんですが貝類は大好き!
ワイン蒸し美味しそうですね…。◔‿◔。
まして真珠抱えていたら感動しますね…꒰ღ˘◡˘ற꒱❤⃛
昨日「限界集落株式会社」見ました
面白い始まりでした…全五回放映だそうです
しばらく楽しみです…。◠‿◠。✿

ば~ばさん おはよう^^
ムール貝のワイン煮美味しそう!
体も温まりそうで寒い日に良いですね^^
そうそう、お味噌汁を頂いたことあります
良い出汁が出てとっても美味しかったです。

今日は筋肉痛ですぅ≧≦

ムール貝、大好きです♡

アメリカで暮らしていた頃、海なし州でしたので、生の新鮮な魚介類があまり手に入りませんでした。冷凍のムール貝を試しにお味噌汁にしてみたら、意外においしかったので、味噌焼きなどにもして楽しみました。

真珠が入ってたらびっくりするでしょうね〜。 宝くじに当たるぐらいの頻度かな....。あ、でも20年ほど前、お年玉年賀はがきで、なんと! 一等賞が当たってしまったので、その時、運を使い果たしてしまったかも、、、、です。

牡蠣は食べられないのに、ムール貝は大好きです。
プリンスエドワード島のレストランでメインを頼まずにバイキングのムール貝を殻入れのバケツ(大きなボウルくらいありました)に2杯も食べて、隣のおじさんにジェスチャーで冷やかされました。
娘のところに行くと必ず一度は食べに連れて行ってもらいます。
日本では高いのでレストランでパエリアに入っているのを食べるくらいです。
貽貝と書いて売っているのを食べたことがないのですが、ムール貝と同じ味ですか?
10cmもある貝を魚屋さんで見たことがないのですが、今度もっとよく探してみます。

pencilみどり様
貝類は旨味が出るのでシンプルな料理が合いますね、私はスープもけっこう楽しみなのdelicious


penciltime様
春は貝類が美味しい時季ですから、いろんな貝料理が楽しみ…キャスティングも良かったですねhappy01


pencilチーちゃん様
いま帆立の稚貝が安価に出回っていますが、あの味噌汁も旨いですよね~貝類の出汁最高。


pencilじゅんこ様
冷凍のムール貝は殻を外したのが使い易いですね、パエリアやパスタに入れると美味しーいhappy01


pencilMOM様
貽貝はムール貝と形も味も殆ど変りません(殻の色が黒っぽいだけ)、冷凍の殻無しムール貝をご自分で調理なさればムール貝たっぷりのパエリアも安上がりcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 病気≠病人 | トップページ | 節分の恵方巻き »