« 腕まくりバンド | トップページ | 病気自慢? »

2015年3月21日 (土)

戦争は人の心も壊す

punch美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Rimg0021私が『憲法9条』に拘り、戦争に反対するのには自身の体験もあります。

.

私が生まれたのは、いまでは瀋陽(中国)、当時は奉天と言われた繁華な街です。

炭鉱所や製鉄所など軍需産業で栄えて…父も引き立ててくれる人に出会い、若くしてそんな炭鉱所の役職でした。

.

ただ、戦時中のことで表立っては言えない想い~~父の心中は“プロレタリアート”だったのです。

旧家に生まれながら、生まれたその日に跡継ぎ誕生を喜び馬を駆けて帰る父親が落馬事故で亡くなるという不運。

.

物心ついた頃には世間慣れしていない母親を養うために蔵の品々や庭に咲く花を色街で売る日々。

生家はブルジョアでありながら、生活は労働者以下…そこから無産階級の人たちへの連帯感?が生まれだのでしょうか。

エリートの道と言われた青中(青森高校)から六高(弘前大学)へ進んだものの、思想的に国内では『赤』と呼ばれ、結局は満州に逃避したのです。

.

そんな父の境遇を全て受け入れ、息子同様に可愛がってくれたのが炭鉱所々長。

若くして役職を得た父は、根が“プロレタリア”のせいなのか働く中国の人たちに慕われました。

嫁を迎えて満州で家庭を持って幸せに~~というはずが。

敗戦で一気に奈落の底に…でも、雇用されていた多くの中国人が日本への帰国を陰ながら支援してくれたそうです。

だから、私のように赤子で無事に引揚げられたのは奇跡的なことです。

.

.

いち早く逃げた将校や官僚は、逃路の道や橋を破壊…民衆の引き上げを邪魔したのは同じ日本人。

やっと引揚げ船の出るコロ島まで辿り着いても、その運搬船の船倉ではジャガイモ以下の扱い。

長旅で日本に…どれだけ多くの人たちが本土を夢見ながら船中で亡くなったことか。

そして佐世保上陸、煤けて垢だらけDDT塗れ襤褸布れ以下の帰還民を迎えたのは、和服で着飾った同胞。

でも、誰一人本気で歓迎してはいなかった…臭い・汚いと貌を背け手も差し伸べず足が近づくのを避けている。

.

さらには、親戚縁者を頼って身を寄せた引揚者達の多くが浴びたのは「この食料不足にトンデモナイ“ごく潰し”が帰って来た」との言葉。

.

父母も結局は母方の親戚にも居られず、生家も失くなった父の故郷で駅前テント生活を余儀なくされたのです。

そんな時に私はジフテリアを発症しました。

「感染する病気じゃないの~~隔離しなきゃ、とにかく皆の傍には近づかないで」と仮設のテントに聞えよがしの周辺の声。

.

何処にも居場所が無い両親の想いはどんなだったのでしょう。

時にはヒッソリと身を隠すテントに言葉の礫…同胞の無情・非情。

引き揚げ後にも剥がせない『引き揚げ者』のレッテル。

父は言ってました「でも、だからこそ俺は発奮した、絶対に成功者になると」

.

そして、引き揚げ者だけでは無く、もっと酷い差別をされていた在日のロシア人、朝鮮人にも手を差し伸べてきたのです。

.

父が成功すると、いままで暴言や唾を吐いた人たちが何も無かったかのように近づいて来ます。

敗戦時には同じ日本人を滅多切りし見捨てた同胞が…満面の笑顔でね。

.

戦争は「人から心を奪い鬼に変える」。

.

親しいと思っていた人に意地悪されたことはありますか??

信じていた人から「食い扶持を減らす余計者」と言われたことは??

戦争の悲劇は戦地だけではなく、国内にも戦後にも起きます。

戦争はそんな哀しい現実を子供たちまで見知ることになるのです。

.

NO WARpunch、何度も訴えます、戦争加担はダメsign03

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

« 腕まくりバンド | トップページ | 病気自慢? »

コメント

やっと春らしくなりましたが来週は少し寒いそうです。
昔の親は特殊階級の男以外はみんな苦労しましたね。
世界では戦争しているところが有るので止めさせるためには
世界中の知恵者が何ができるか考えないとどうにもなりませんね
止めさせる努力の前に対戦ですものね。
それもこれも世の中には不平等が充満しているからでしょうね。
私は何の思想も宗教も持ち合わせていないが、近所に共産党の党員が
何人もいてお付き合いで憲法9条を守る運動の一環で一人1000円のカンパで
地方紙の一面に賛同者の名前書いて戦争反対運動に協力しています。
憲法9条を守る女性の会です。
もちろん名前だけです。

お父様もお母様も苦難の日々でしたね…大変な時代だったんだと思います
以前は日本も戦争を繰り返していたんですよね
先人たちの苦労があって戦争の無いこんな幸せな時代に私達は生きられたんだと、あらためて思います
こんなに物に囲まれ使い捨て文化に溺れて生きているんですから…´~`
こんな平和ボケしていられるのも戦争の無い豊かな国に暮らしているからですよね
恐がるのは年寄りばかりで若い人達にリアル感の無い事と言ったら…
自分達が直面する現実なのに…☝(◔ิ_◔)
戦争絶対反対です!!!

pencilみかん様
私も憲法9条他を勉強したくて今年になって共産党の勉強会に参加し始めました…参加者が多くてみんな熱心なことに「まだ日本の良心は残ってる」と心強い思いですconfident


penciltime様
いつの時代も政府発表は嘘ばかり、敗戦色濃い本土大空襲以後も「わが軍は無敗」なんて宣伝してるんですから…国民は最後のその日まで“銃後の戦い”を強いられた、そんな時代に戻りそうな怖さthink

初めての便りをお許しください
終戦は小生が小学3年の時 秋田で迎えました
母方の田舎に疎開していたので 食べ物には不自由しませんでした
但し当時大学生だった二人の兄は学徒動員で海軍へ!
お蔭様で二人とも無事 生きて帰ってきました

今現在 世界のあちらこちらで戦争が!
子供達が可哀そうです

No More War!!

こんにちは♪
お久しぶりです。
「海峡」NHKのそんなドラマを先日みました。
史実としての知識からくる、中国や韓国からの引揚者のご家族のお話。
でもね、実際を体験された方々には、思い出したくもない地獄の世界だった
ことでしょう。いや、忘れたくても忘れられない悪夢かな。
そうです。戦争のようなことは、二度と起こしてはいうけませんね。
いつも暖かいコメントありがとうございます。ポチ

pencil湘南ジージ様
初便りではございませんよ、過去にも何度か~~さて、それは置いて、昨今の日本政府の戦争立法への危険な動き、怖いですthink


pencilみどり様
肌色が違う、宗教が違う、言葉が違う~~どの動物より賢く知恵も理性もあるはずの人間がそんな違いを受け入れられないはずが無いのに、なぜ殺し合うんでしょう…戦争は殺人者を作り出すだけsad

お父様の歴史を短くもぎっしり詰まった文章を読ませて頂きました。

文章力がおありのば~ばさんなので胸に響きます。
戦争を知らない私ですが戦後の両親の苦労はうっすらと記憶にあります。

戦争とはまた違うテロの恐ろしさは身震いするほどです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
アームバンド、お上手ですね。
センスがいいわ。

pencilけいこ様
非道で残虐なテロが世界各地を脅威の渦に…と言って、テロへの報復が戦争の引き金になりそうな安倍発言(テロを戦争参加への9条改悪の理由にする“戦争立法”)も許されませんねthink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 腕まくりバンド | トップページ | 病気自慢? »