« 奢れる人久しからず | トップページ | 誕生日も母の日も »

2015年5月 6日 (水)

内臓検査の結果で

hospital美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Rimg0004路肩や生け垣にズラリと植えられたツツジ。

ビッシリ隙間なく花を付けて満開になると反物を流したようで見事ですね。

.

ツツジとサツキの違いって何だろう?

ずっと疑問でしたが、同じなんだって。

旧暦の5月(皐月)に咲くから“サツキツツジ”と。

何を悩んでたんだろ~ ( д)ポカーン

.

❀✿❀✿❀✿❀✿❀✿

4/30日の午後は“造影CT)上腹部~骨盤内部検査”でした。

.

CT(Computed Tomography) 検査とは、身体にX線を照射して通過した線量の差をデータ収集、コンピューター処理して身体内部を画像化する検査です。

いまでは、はかなりポピュラーなものになり、多くの方が体験されたことがあると思います。

.

さらに“造影CT検査”は、その検査時に静脈注射で体内に造影剤を注入して血管や病巣などの細部を映し出すものです。

使用されるのは非イオン性ヨード造影剤です。

注入を始めると体がカッと熱くなってきます、若干ですが胃の辺りがムッと…。

人によっては吐き気や痒み、眩暈などの副作用が出ることがあるので必ず検査同意書を求められます。

私は数日ほど普段よりさらに血圧が下がり、フラーッとすることが多かったかな?

ただ、副作用を考慮した上で検査するのは、それだけ正確な診断が出来るからなんですね。

.

この造影検査で、腹部内のすべての臓器の精密な画像が出ました。

先の超音波とこの造影、採血など検査結果から5/2日に診断が。

.

まずは膵臓に腫れが見られるので、しばらくは投薬で対処し診ていく。

肝臓の嚢胞と血管腫は要観察で、年に1度の超音波 or 造影検査。

腎臓に小さな石(腎臓結石)がありましたが、これはひとまずそのまま。

.

そして解決を急ぐ問題は石灰化した子宮筋腫…この塊が腸を圧迫。

昨夏に大きなポリープを切除した結腸の傷が圧迫に因り癒着、このままでは腸閉塞を起すとdanger

消化器科としては、腸の癒着を処置する前に女性診療科の診断と対処を仰ぎたい、と診察依頼書が出ました。

女性診療科で予約を取り、早急に(と言っても半月後)子宮筋腫切除の相談をすることに。

この子宮筋腫切除が開腹で全摘出となれば、その時に腸の癒着も処置できるかもね。

.

いろいろ気になることがあっても連休前…診察も検査も連休明けと言うことになります。

連休前の病院も混雑していましたが、連休明けも混雑して待ち時間が長いのでしょうね。

.

そして私は、まず今月下旬から女性診療科の診察&検査、胃の術後回復確認の胃カメラ。

夏に向かって次々の検査と、その後には…たぶんまた手術が despair ショボーン

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

« 奢れる人久しからず | トップページ | 誕生日も母の日も »

コメント

検査、手術が続いて大変ですね
開腹手術ですか…でも腸閉塞になる前に治療していただくのが良いですよ
腸の癒着も処置していただいて一つ一つ治していただきましょう
全身麻酔だと痛みが一切ないので気が付いたら全部終わってますよ
私も体にメスを入れてますが術後の回復も早かったです
上手に症状と付き合っていくしかないですよね
私もそうですけれど年齢を重ねるとしょうがないですね
メンテナンスで明け暮れますよ

私、ツツジが小さくて皐月は花が大きいなんて勝手な解釈してました…同じなんですか、吃驚!

penciltime様
内視鏡手術は近年度々…開腹は14歳の盲腸から3度で1本は蚯蚓腫れ?、4度目はこの傷をなぞって取れるように遣って欲しいものですが~病気と付き合う老後より叶うのなら健康がいいなぁsmile

ば~ば様 今晩は~~

GWも終わりですね!!
私は草取りで終わりました・・・

ば~ばさんは、色々な検査で大変でしたね!
でも原因が解って良かったですね、でも手術は気が重いですね~
早く良くなって元気なば~なさんになってくださいね

連休が明けたら青梅のつつじ,さつき?を見に行きます~~

どのような精神の強さで、これだけ多くの検査や手術に耐えていらっしゃるのかと、驚きと尊敬の念を覚えます。すべてが順調に進みますように。
わたしも最近、シャクナゲとツツジが同じ属に属すると知って、驚いたところです。こちらでもご近所のお庭のシャクナゲやツツジが満開です。

爽やかな毎日ですね。
つつじのおおむらさきがきれいです。
サツキは花も葉も小さい物と思ってました。

次々に検査が続きますね。
その後は手術?
なかなかスッキリしませんね。
でもいいお医者様が付いていらっしゃるようで、頼りにしましょう。

私はツツジとサツキの違いは花の大きさかな?なんて思っていました。

私は30台後半で子宮と右卵巣を摘出しました。
腹腔鏡手術のない時でしたので、開腹手術をしました。
その時、息子を帝王切開した後の癒着を取っていただきました。
どんな手術でも嬉しくはありませんが、他の内臓の手術に比べるとかなり楽だと思います。
悪いものは取ってしまうより仕方ありませんものね。

pencilyokko様
GW中の草引きはご苦労様でした、連日好天で日焼けしませんでしたか?…青梅・塩船観音寺のツツジ祭りですか?、何年か前に行きましたが見事でしたよhappy01


pencilSolar08 様
精神力は皆無に近いくらいで且つ脆いです、ただ何となく医師の言うままの治療で…本当は何もせずに静かに夫の許に逝きたいと思っているのですが、治療放棄すると夫に叱られそうなのでcoldsweats01


pencilけいこ様
石楠花もツツジの仲間、未だに知らずに居たことが沢山あります…夫を送って身体の箍が外れたみたいで、あちこちガタガタ~あ、これも加齢か?smile


pencilMOM様
何度かの手術で腹部にメスが入ったのは3度、今度はどんな術法になるかしら?子宮と大腸と分けずに1度で済ませて欲しいものですconfident

次から次に欠陥が見つかり難儀しますね。
でも近くに大病院が有り心強いですね。
生きてる以上は自分に出来ること無理しないで
終末を迎えるより無いですね。

ば~ばさん 今晩は^^
そっか~、サツキとツツジって同じだったんだぁ
私も違いって何だろう?って思ってたから
あー、スッキリした^^@

ほんとに~、検査が続きますね~^^;
手術かぁ~
早くスッキリしたいね~。

ひとつひとつ気長にコツコツですね。
こんなに沢山のトラブル、普通だったら耐えられません。
ばーば様だから、冷静に解決?共存?できるのだと思います。
じーじ様も応援していると思います。

pencilみかん様
薬で気長に対処&手術で一気に…どっちもどっちでしょうが、残り人生は病院と友達かなcoldsweats01


pencilチーちゃん様
石楠花もツツジ科だって、知らないこと多いなぁ~…肝臓や膵臓の病気は生涯付き合うらしいよcoldsweats02


pencilMONA様
夫の闘病を思えば逃げ出してはいられませんが~本音は何もせずあの世行きを待ちたいかもconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奢れる人久しからず | トップページ | 誕生日も母の日も »