« 鮎の季節が来た | トップページ | 夏は茗荷ご飯から »

2015年6月 3日 (水)

海外派兵の後には

danger美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Rimg0004「武力の行使目的に戦争参加はしない」と安倍首相は答弁。

でも、後方支援であっても戦地で活動することは軍事攻撃の目標にされます。

しかも、危険を感じたら威嚇射撃もあると受け取れるような「自己保全の武力は武力とはみなさない」なんて、訳の分からないことを言う始末。

つまり、自分から喧嘩に出かけて、遣られたら遣り返すのは“正当防衛”、危ないからと先に遣っ付けるのは“危害攻撃”としてOKだと??。

.

戦闘地域に派兵して「武力行使しない後方支援」などあり得ません。

戦地は演習では無いのです、24時間実戦の『殺し、殺される』bomb場。

.

アメリカはベトナムでもイラクでもアフガンでも、初めから失敗が予測されている戦略を展開し、自滅的に失敗しています。

その裏には、世界で大きな覇権を持っていたアメリカ国内での、自国の覇権を自ら解体しようとする動きがありました。

失敗を繰り返すことで、いずれは軍事力に依存する政策から、中・ソ・イランの協力を得る新たな多極型の政策に転換したい思惑からと言われています。

そんなアメリカの自滅的戦争に参加支援しようとする安倍政権…何を考えてる?。

.

以前にもアフガン戦争やイラク戦争に派兵された自衛隊員が、帰還後に40人余も自殺していると書きました。

実際には文書に残る2004年度以降だけで54人も居たことが明らかになりました。

当時はまだ憲法9条が生きていて、地域や行動などの制約があったにも関わらずです。

今度は制約の無い派兵です、帰還後の自衛隊員のPTST(心的外傷後ストレス障害)や自殺がもっと現実になりそうで~danger

.

イラク戦争での自衛隊派遣は『人道復興支援活動と安全確保支援活動』と言う名目でした。

活動は“非戦闘地域”に限定とされていましたが、自衛隊は派遣当初から武装勢力に狙われたのです。

多国籍軍との活動の中、車両が武装した群衆に囲まれたり、宿営地への攻撃が。

そして、ついにイラクの中でも安全地帯と言われたサマワの自衛隊宿営地に向けて迫撃砲が撃ち込まれました。

戦場に近い場所に派遣されると言うことの現実ですね。

.

自殺しないまでも多くの帰還隊員たちが患うPTST。

心の病は、アルコール依存や薬物依存、虐待や暴力、ウツ病など社会問題を引き起こすことにも繋がります。

.

若者たちを戦地に送らない!

彼らの心身に深刻な傷痕を残さないためにも、戦争する国にしてはいけないのです。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

« 鮎の季節が来た | トップページ | 夏は茗荷ご飯から »

コメント

自滅であれ、正当防衛であれ、威嚇であれ、派兵された人の人生が取り返しのつかないことになるのは避けられないと思います、もちろん家族や周囲の人々にとっても。

アメリカの自滅的戦争・・・安倍さんの言動からは、むしろ今もアメリカの覇権が絶対的と認識しているふしが感じられます。

今日の新聞に朝霞市の元人形作家の女性が「憲法キルト」を作成した記事が出ていました。憲法前文や条文も配置して。
いろいろな形で憲法を考えることをアピールできる、している人がいるのですね。

歴史を辿ると、それぞれの戦争への過程がよくわかります。
過去の反省を未来に生かすことこそ人間の英知でしょう? 
歴史は同じかたちでは繰り返されないから、つい惑わされてしまうけれど、いま向かおうとする方向がどういう結果を生むのかよく考えないとね。

国会の問答を聞いていても要領がちっとも得られません…
安倍さんが異様に手を上げて応答してるのが何か不自然で…
人が多弁になる時って…。◔‸◔。人を煙に巻くときが多いですよね
て事は何か…知られてはいけないような、秘密の触れない何かがあるんですよね、きっと…☝
これから何が起こるのか…まさかまさかと思う事が現実になっていくんでしょうか
社会保険庁が滅茶苦茶で解体されて年金機構になって…今度はサイバー攻撃受けて情報流出だって!థ౪థ
個人ナンバーは大丈夫なんでしょうか

pencilぬう様
4日の国会憲法審議会で呼ばれた識者全員が「立法は違憲」と言い、与党は慌てたでしょうね。
世論も8割が反対に動いてるのに、安倍政権はゴリ押しするんでしょうか~ファッショは危険ですdespair


pencilMONA様
廃案署名して来ましたが、話を訊く人や署名する人が多くなってるのは皆が考え始めたようですconfident


penciltime様
質問してるのを遮ってまで喋ろうとする首相の姿勢に不実を感じます…弁明の常套手段ですね。
マイナンバーは個人情報の漏洩、権力による国民監視、特定個人への圧力など大きな社会問題が続出する懸念があります…平凡に暮らしているはずでも何が起こるか、怖いことですねcoldsweats02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鮎の季節が来た | トップページ | 夏は茗荷ご飯から »