« 二夏持越しカーデ | トップページ | オクラの塩ウニ和え »

2015年7月 7日 (火)

成長した七夕誕生の初孫

virgo美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Photo2
.

遠距離の孫に『誕生祝メール』を送るのも、例年は娘のスマホ宛でした。

孫たち同士がスマホでメール交換してるのは知ってましたが、いままでは私からアドレスなど訊いたことはありません。

今年も娘経由でメールを送信…そしたら「私のスマホに、ば~ばのアドレスを登録していいですか?」

即OKscissors…一応は私の了解を求めるあたり、大人になったなぁとチョイhappy01

.

娘の許にこの初孫が誕生したのは、娘の結婚から8年ほど後のこと。

その出産は予定日より数日遅れて、七夕の夜でした。

.

折りしも台風通過で朝からの強風豪雨typhoon

そう言えば、なぜか七夕は雨になることが多いようです…まるで織女&牽牛を逢わせたくない?みたい。

その雨が深夜には上がり、夜の明けるのを待って駆け付けた朝の空は台風一過の夏空。

誕生の翌日から婿は出張で、母子の退院は婿が帰ってきた翌日…なんとも親孝行な孫娘でした。

.

産後のことは、お義母様からも「良かったらお世話を」と言われていたので、娘なりに迷ったようです。

そして出した結論は、「Mさん(婿)は一人っ子で、お姑さんたちも初孫の世話をしたいみたい。

私が産後を実家で過ごすとアチラが寂しいだろうし、だからどちらにも行きません」と。

.

二人だけで子育てをしてきた娘夫婦、婿の転勤でますます私は何も手を貸せませんが。

娘は数年前からの子宮筋腫悪化で、この5月に開腹全摘出手術。

その入院や退院、その後も婿と孫娘の協力だけで過ごしています。

.

大雨の七夕に生まれた孫娘もスッカリ成長して、身長は母親より祖母(私)より高くなって。

受験勉強をしながら、多忙な父親の分も母親を見守り手伝いを。

.

そんな孫に、かつて私が多忙だった時期、娘が家事など遣ってくれた日々を思い出しました。

娘の子宮摘出で、孫は“一人っ子”が決定。

でも、父親の出張前夜に生まれて、出張明けを待っての退院だなんて、生まれながら親孝行?な子。

.

嵐の夜に誕生した孫、きっと母親似の芯ある女性になると信じてますshine

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

« 二夏持越しカーデ | トップページ | オクラの塩ウニ和え »

コメント

お孫さん、きっと、ばーば様の力になってくれるような気がします。
若い人が育っていくのは楽しみですね。
小さかった子が、いつの間にか頼りになる存在になっていく・・・ 
何ともいえない喜び。

お孫ちゃん、お誕生日おめでとうございます。
いいお嬢さんに育たれてますね。

そうね、七夕は梅雨が明けてないですよね。
今年も星空は見えません。

レース編み、お見事ですね。
細かい手仕事、根気仕事感嘆します。
カーディガンの身頃は時間がかかったでしょう。
尊敬します。

pencilMONA様
身近で成長を見てないと驚くことが多いです…メールの端々に「大人になったなぁ」と感じますsmile


pencilけいこ様
いつも七夕は雨で「牽牛&織女」は可哀想ですね…イベントの日に誕生日は忘れなくていいです。
これでレース編みの根気は使い果たしましたcoldsweats01

「産後を実家で過ごすとアチラが寂しいだろうし、だからどちらにも行きません…」
誰かに(実家に)一番頼りたい時なのにね
潔くて、しっかりしたお嬢さんですね
そして産後の大変な時お婿さんとやり遂げてしまうのが凄い!
ば~ばさまの後姿を見て育たれたんでしょうね…☝(๑’ᴗ’๑)
男前ですね!
七夕に生まれたお孫ちゃんもしっかり血を継いでる事でしょう
ば~ば家は安泰です
お嬢さんの手術も経過も良く良かったですね…。◠‿◠。✿

penciltime様
頼りにならない母だったので、その分シッカリした娘に育ちました(反面教師?)…術後の痛みが出てるようです、梅雨時は古い傷でも疼きますものねconfident

ば~ば家は記念日の誕生が多いですね。
忘れなくていいが記念日でなくてもみんな覚えていますよね。
娘さんの嫁ぎ先は子孫が少なくて大事に大事に育てないとならない
責任重大ですね。

pencilみかん様
娘婿も孫も一人っ子ですからね~…いまどきは一人っ子家庭が多いそうなので将来は大変ねcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二夏持越しカーデ | トップページ | オクラの塩ウニ和え »