« 磯の香のサザエ飯 | トップページ | 鱧無くてはの京の夏 »

2015年7月15日 (水)

Gパンをマキシスカートに

denim美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

1960年代から’70年代後半あたり大流行した“ベルボトム”のGパン。

裾がベルの形に似ているから“ベルボトム”と呼ばれるのですが、私たちは「パンタロン」と呼んでいたと思います。

.

腰から膝までは普通に体に添っていて、膝から下で急に裾広がりになる形でした。

年配者には“ラッパズボン”と揶揄されましたが、中に踵の高いブーツを履くと脚が長く見えると若者には“ブーツカット”と呼ばれて大人気。

亡きE・プレスリーのステージ衣装は派手なジャンプスーツでしたが、ベルボトム型でしたね。

.

最近は、ストレートやスキニ―などの細身タイプ、ガウチョやバギーなどのユッタリタイプ…etcと、流行りの主流が分からないほど多様です。

あの“ラッパズボン”ベルボトムも、「フレア」と名前を変えて健在。

.

さて、私はと言えば、いまはスキニ―かレギンスなど、ピッタリしたものが多いかなぁ。

そうそう、ユッタリしたのと言えば“モンペ”のようなサルエルやタイパンツを更に変形させたパンツも穿きますが。

.

そこで、穿かなくなった衣裳箱の底に眠っていたベルボトムを何とかしようと引っ張り出しました。

今までにも何度か断捨離しようと出しては捨てきれず戻していた2本。

棄てる決心が付かない…「なら、いっそスカートにリメイクしてみよう」と方向転換。

.

スカートを膝丈にしてパンツの膝下分を三角部に使うと共布(パンツ1枚分)で出来たのですが、マキシ丈にしたかったの。

同じような生地の古いパンツが無かったので、バイカラーになっちゃいましたが~。

Rimg0003

スカートにリメイクして、本当に穿くかどうか…取り敢えずは家用です。

脚部分を切り落としたGパンでショルダーも作ってみました。

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

« 磯の香のサザエ飯 | トップページ | 鱧無くてはの京の夏 »

コメント

刺繍のジーパンありましたね~☝(๑’ᴗ’๑)
ば~ばさまがさっそうと履いてお仕事に情熱を燃やしていた頃が目に見えるようですね
バッグまで作られたんですか…థ౪థ
この間のレースのセーターといい本当にば~ばさまには頭が下がります
何か一つ遣ると疲れてしまう昨今、見習いたいです
今日はカーテンを洗ってひと仕事しました
その後ソファーでひっくり返っていました…(✿→艸←)
ぐうたらです…(๑´ლ`๑)フフ♡

penciltime様
仕事人間だった頃はスーツにハイヒールでしたが、家ではGパンにTシャツ、しかも刺繍のGパンなんてイマドキ~?の感でしょ…スカートより残りで作ったバックが評判イイですcoldsweats01

ば~ばさん こんにちは^^
パンタロン、懐かしいーーー^^;
うーん、さすが!ば~ばさんです。
素敵にリメイクされてます~^^v
そういえば、お会いした時
薔薇の刺繍のスラックス?Gパン?でしたね。
スカートも良く似合いそうです。

バッグも素敵~~☆
私も作ろうかなと、古くなったGパンを出してはいるのですが
出しっぱなし状態ですぅ(--。

pencilチーちゃん様
そうそう、パンタロンじゃないけど両足の付根から裾まで刺繍のGパンでした…あのGパンも仕舞い込まれたままだから何かにリメイクしないと~smile

本当にご器用ですね。プロのような出来上がりで、いつも感心しきっています。
わたしもバッグが特に素敵だと思いました。
黒い皮のパンツが二枚あって、ちょうど脚の部分を切り落としたところなので、腰の部分をバッグにしようかしらと思いつきましたが、不器用なわたしの腕ではどうなることか。
ジーンズからスカートを一枚作ったのですが、着ることはないままです。
脚の間の三角の部分が気になってしまうのです。
ジーンズは今でもブーツカットばかりを買っています。昔ほど裾が広がっていないので、小柄(周囲の白人にくらべると)の身には一番合うような気がしています。独りよがりでしょうけど。

pencil Solar08 様
パンツの腰部はポケットがあるのでバックにすると遣い勝手がイイです…股の三角部はリメイクの面白さかと残しましたが、気になるなら切り落として突き合せにしたらいかが?confident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 磯の香のサザエ飯 | トップページ | 鱧無くてはの京の夏 »