« オクラの塩ウニ和え | トップページ | 磯の香のサザエ飯 »

2015年7月11日 (土)

なんてったってアイドル

shine美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Rimg0006これは“アリウム・ギガンチューム”という花。

ユリ科、ネギ属で、別名「花葱(はなねぎ)」。

アリウムの仲間はとても身近に接している植物群…タマネギやニンニクなんです。

.

沢山の小花が丸く集まった大きな花序は径10~15㎝。

薄紫のネギ坊主のようですが、ホワッと柔らかで優しい球状です。

花火のようでしょ。

.

************************

noteなんてたってアイドル、私はアイドル…

かなり前に小泉今日子さんが歌って大ヒットしました。

.

自分で自分のこと“アイドル”って言いきるなんてスゴイsign03 と思いましたが。

いま、私…shineアイドルなんですshine

アイドルと言うか“ジィバァドル?”、お爺ちゃん&お婆ちゃんの人気者。

バス停で顔を合わせる馴染みの方たちが、駅ビル前でバスを降りてコンコースを歩く時、私と並び歩き、腕を組みたいんですって。

だから、アイドルとしてはどなたの隣に立つか~~ね * ´3)☛

.

最初は、先の入院前に「独りで心細いでしょうに」と泪してくれたS夫人が私の手を握ったまま歩いたことからだったかと。

「冷たい手ね~」とS夫人が言ったら、「どれどれ」とSさんも…それからお会いする度に二人が「今日も冷たいね」と交互に手を握って歩いたのです。

それを見た、最初に自己紹介してくれたTさんが「なになに?」と寄って来て。

「私と腕を組んで歩こう」と私の腕に摑まり、T夫人が「あなた、それでは腕を借りてる形よ」

紳士のTさんも85歳ですから、私が支えてあげるのは一向に構わないのです。

でも、夫人が「女性に摑まり歩きはいけません…ねぇ~、ちゃんとエスコートしないと」と仰るので、腕を組ませて頂いてますが。

.

「そんな危なっかしい腕より、俺の方が安全だよ」とか、「女同士でお喋りしながら歩く方がいいわよね」とか。

どなたもが、男女を問わず私と並んで腕を組んで歩くことを楽しんでくださる。

ただ、実際には皆さんは私より高齢ですから、腕を組む私は「もし倒れたり躓いたりしそうな時は支えなくっちゃぁ」と肩に力が入るんです。

.

バスの時間をずらそうか~と思った日もありますが「数日お会いしなかったけど、また具合が悪くなったかと心配したわ」なんて言われるし。

知り合い、名乗り合い、お喋りをして…でも、お買い物に行く間だけのお付き合い。

それなのに「困ったことがあったり、体がツラかったりしたら駆け付けるからね」と。

ご高齢で足腰に不安をお持ちの方が殆どですが、けっこう本気で仰るからカワイイheart01

.

そんな方たちが、大勢いらして、先にバス停に並んでる方々が「オハヨー!」と手を振って迎えてくださる。

まずは最後尾の方とお喋りですが、バスを先に降りた方は待ってるから…「今日はどなたと腕を組もうかしら」

とっても幸せな“アイドルの悩み”でーす。

.

notesなんてったってアイドル、なんてったって私はバス停の“ジィバァドル”scissors

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

« オクラの塩ウニ和え | トップページ | 磯の香のサザエ飯 »

コメント

とってもいいお話!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 
最近思うんですよ。
周りを明るくするって、すごく大切だと。
マメ子がいると、それだけでみんなが力を貰える。
大人の私たちだって・・・
くすんでなんていられない。

そんなにフアンがいらっしゃる~♥♬
ば~ばさまはきっとお話をしてると楽しい方なんでしょうね
だからみんな集まって来るんですよ
でも、アイドルさんも大変です
皆さんに平等にしなくちゃね、かえって気を使っちゃいますよね
フアンの方の方が高齢では何となくケアしなくてはいけないしね…☝(๑’ᴗ’๑)
気を使って草臥れないように…。◠‿◠。✿
こちらは今朝は濃い朝霧です

pencilMONA様
最初は私も自然体で良かったのですが、最近は「みんなと笑顔でお話」に少々疲れてますsmile


penciltime様
そう“平等に”が結構くたびれる…偏らずにみんなと仲良くって気遣うし、少し距離を置こうとすると余計な心配かけるし~皆さんには新鮮で楽しい時間なんだと思うと無下には出来ないしねcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オクラの塩ウニ和え | トップページ | 磯の香のサザエ飯 »