« 日本は何処へ向かうの | トップページ | 明日は1回目の土用の丑 »

2015年7月21日 (火)

茄子のシソ巻焼き

riceball美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

『秋茄子は嫁に喰わすな』なんて諺があるので、茄子の旬は秋だと勘違いしている方が多いようです。

でも、本来は代表的な夏野菜で6~7月が最盛期。

秋茄子には種が無いので、“子宝”を願う気持ちが諺になったと…美味しいから食べさせないなんて意地悪からじゃないんですよ。

.

Img_0416そして、梅干し用の梅が干し上がる頃、申し合わせたように赤紫蘇も売り場に出てきます。

殆どが梅干用、または紫蘇ジュースに消費されると思うのですが。

.

発芽後の双葉の時に採った“芽紫蘇”は、刺身のツマに、成長した葉は、梅干や生姜・大根などを漬ける着色用に、細かく刻んで薬味にもなります。

初秋の頃に伸びる花穂は“穂紫蘇”として、料理の彩りに。

.

赤紫蘇はのぼせを抑え、血行を良くし、冷えを防ぐと言われます。

“紫蘇”の語源自体が、色「紫」で命「蘇る」薬草だと中国故事にあります。

魚肉の毒消しにもなるし、漬物のカビ予防にもなる…まさに古人の知恵。

.

その赤紫蘇で旬の茄子と味噌を巻いた『茄子巻焼き』、これは夫の好物でしたdelicious

Photo_3

大きめの葉に、縦に細切りした茄子に味噌を薄く塗って巻き込み、串か楊枝で止めて、フライパンに薄く油を引いて焼きます。

.

巻くのは赤紫蘇でなくても青紫蘇も美味しいです…茄子を巻ける大きさの葉を選ぶのが大変ですが。

Photo_4

盛り合わせたのは、輪切りにして塩水にしばし浸けてから水気を拭いてオリーブ油焼きした“ズッキーニのソテー”です。

塩水に浸けて焼くことで味が凝縮され、ズッキーニの甘味が出ます。

.

冷酒やビールの肴にピッタリなのですが、熱いご飯にも良く合いますdelicious

.

**************************

※コメントは非公開で保留の設定ですので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

« 日本は何処へ向かうの | トップページ | 明日は1回目の土用の丑 »

コメント

朝からパソコンとi-Padをいじり、電話が次々にかかります。
普段は皆さまのブログにはなかなか伺えませんが今、ちょっとだけひと段落。

午後から夜までメチャ忙しいので早ランチにします。
紫蘇もおナスもあるので早速、作りますね。
伺って良かったわ、有難う。

pencilけいこ様
冷えても美味しいし、冷凍も出来るので、材料と時間がある時に多めに作っておくと重宝しますdelicious

作った事は無いのですが甘味噌の紫蘇巻は何処かのお土産で買った事があります
香ばしくて美味しかったです~☝(๑’ᴗ’๑)
あれに茄子が加わった感じでしょうか
茄子とお味噌は絶対合うしボリュームが増して…御飯が進みそう…๑→ܫ←p~♥美味しそうですね~❤
「秋ナスは嫁に食わすな」って嫁、姑の微妙な心理だと思ってました…(๑´ლ‘๑)フフ♡
本当はお嫁さんを思う親心だったんですか…。◔‸◔。
永い間、大して気にもせず勘違いしてる事ってありますよね
赤い靴の童謡で「異人さんに連れられて~♪」のところ「良い爺さんに連れられて~♪」て意味無く歌ってました༼༼๑→ܫ←p༽༽ 

ズッキーニはフライにしても美味しいですね。
庭の畑で細いナスやピーマンが採れます。
夏のヘタの刺が刺さるととても痛いですよ。
ナスは焼きナスでも美味しいけど、油とよくあいますね。

penciltime様
茄子と味噌と紫蘇は相性がいいですものね~シンプルだけど美味しくて夏バテしません!。
間違えたり勘違いしたりのまま覚えていること、ありますね~この歳で知らないこともいっぱいcoldsweats01


pencilMOM様
茄子と味噌と油の相性っていいですね~焼いてる途中から食欲をそそる香りが広がりますdelicious

>塩水に浸けて焼くことで味が凝縮され、ズッキーニの甘味が出ます 

そうなんですね!
早速、そうしてみます。

pencilMONA様
塩水に長時間浸けると漬物になっちゃいますから、野菜の水気を取る程度の短時間でねsmile

こんにちは^^
赤紫蘇のジュース一度作りました
紫蘇の香りが清涼感いっぱいで美味しいよね
今年は青梅でジュースを作りました、爽やか~^^@

茄子の紫蘇巻き、良いね!
今夜作ろうかなぁ♪
ご飯もビールもすすみそう~~^^¥

pencilチーちゃん様
茄子の紫蘇巻はビールもご飯も進むね…猛暑&熱帯夜、紫蘇ジュースで熱中症予防しなきゃねsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本は何処へ向かうの | トップページ | 明日は1回目の土用の丑 »