« 名残り栗のご飯 | トップページ | 銀杏は公孫樹の実 »

2015年10月23日 (金)

知人の大怪我で

wheelchair美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Rimg0021私の入院直前、術前検査の前々日ですから9/23日でしたか。

いつもバス停でお会いする私の“大フアン”Tさんの奥様が玄関前のほんの数段の階段を踏み外し大怪我。

救急車で運ばれたと、翌日にバス停で会ったご近所のSさんから聞きました。

T夫妻は高齢なので、入院された奥様のことも心配ですが、お留守番の旦那様も気掛かり。

.

私の通う医大に運ばれたそうなので、25日の検査終了後にちょっと病室を覗いて見ましたeye

コンクリートの階段を3段ほど転げ落ちたそうで、左腕と左大腿部を骨折です。

「片手に傘、片手に荷物を持ってたので、手摺に摑まってなかったの」

それで、僅か3段を転げただけでこんな大怪我。

.

外科には馴染みの看護師も居るので、一般例として訊いてみました。

「高齢だと反射神経が働かず体勢を変えることも出来ないし、傘を手放して側の手摺に摑まる咄嗟の判断も出来ないの」

いずれ私も歳を重ねる先にそんな状態が来るのでしょうね despairショボーンsweat02

.

そして更にコワイのは、高齢者が大怪我をして寝たきりが長引くと、いろいろとイヤな症状が出る可能性があると(術後譫(せん)妄など)。

なるべくお喋りするなど刺激があった方がいいだろうと、手術前にも顔を出して見ました。

「明日は手術なので、数日は伺えないけど~退院前にまた来ますから」。

.

退院の日「早くリハビリが始まって順調に回復するように祈ってます、診察日には寄りますから」

「実は、明日には川崎のリハビリ専門病院に転送されるの…あなたにバス停で会える日を楽しみに頑張るからね」

.

手術や治療自体が終わってリハビリや療養だけの患者には“ベッドが無い”と聞いてはいましたが。

足腰が弱ってる旦那様のお見舞いも、遠くの病院になると毎日行けるのかしら?…余計な心配しちゃいます。

.

私は独り暮らしなので、遠い病院に転送されても~~~何処でも同じ。

退院後の通院を考えなければ、専門病院の方がイイのかなぁhospital

でもネ~~退院後の通院も其処だと…wheelchairsadsweat02ムリ

.

**************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 名残り栗のご飯 | トップページ | 銀杏は公孫樹の実 »

コメント

何かどんな仕組みか分りませんが…高齢者の数が増えてきてるからでしょうが受けられるサービスが減らされていきますよね
私は一番のピークの団塊の世代ですが元気なうちはいいけど介護が必要になった時の不安はいつも抱えています
ば~ばさまの知人の方も川崎への転院はご主人さまの負担も大変ですよね
ば~ばさまも手術の時に付き添いは必要で息子さんが付き添われましたよね
大學病院は完全看護ではないんですか
私は完全看護の病院に通院してますが手術の時には付き添いつけてくださいと言われたら有料で頼まなくてはなりません
“長生きしてすいません”なんて時代になりそうですねx
まるで「楢山節考」の時代に戻って行きそうです

つい先日、知人がお店の階段から落ちて顔中痣、足も打撲、手首骨折です。
な~~~にもなさらないご主人なのでさぞ大変でしょうけど明るい彼女は弱みを見せず、頑張っています。

私達が手を骨折したら悲惨な状況ですよね。
本当に気を付けなくてはいけませんね。

栗おこわは夫の大好物でした。

penciltime様
この病院も完全看護ですが大手術となると保証できる付き添いが必要(何処の病院も同じようです)。
現政府では今後は更に大幅にベッド削減、医療削減が有りそうで「年寄りは早く死ね」ですかdespair


pencilけいこ様
独居で利き手だったら生活出来ませんね…転倒要注意ですが事故は予期せずに起きますからねcoldsweats02

此の間息子の大きなスリッパを履いて郵便受けを見た後、気になった草を抜いていたら木を抜いた跡の凸凹に引っかかっり、たたらを踏んだらブロックに大きなスリッパが引っかかって、冷や汗をかきました。
あのまま転んでいたら膝はひどい傷になっていただろうと思います。
階段を1段飛ばしで走り上がっていたのはついこの間でしたから、ちょっとショックです。
老いは足からですね。(頭は別にして)

pencilMOM様
ホント、自分で思っている以上に足が上がらなくなって躓いたりしますからね〜、要注意ですcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名残り栗のご飯 | トップページ | 銀杏は公孫樹の実 »