« 黒豆ご飯 | トップページ | 蜆炊き込み飯 »

2016年1月 7日 (木)

七草粥

bud美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Image1_320x320_2正月で少し疲れ気味の《胃》には、7日の朝の“七草(種)粥”が嬉しいもの。

でも、独りになり、正月に料理を食べ過ぎたとか飲み過ぎたと言うことも無くなりました。

とくに今年は胃痛続きで“お粥”が多かったので「またお粥?」なんですが~。

ただ、“歳時食”は食べなきゃ落ち着かない性格なのですcoldsweats01

.

昔は春の野で、やっと芽を出した野草を摘むのが平安貴族たちの楽しみだったようです。

とくに、正月最初の子の日に野原に出て若菜を摘む七草の行事は「子(ね)の日の遊び」とも呼ばれる習いでした。

せり なづな ごぎょう はこべら ほとけのざ

すずな すずしろ これぞ七草 

↑は南北朝の歌人・四辻左大臣が詠んだと言われる歌。

清少納言の『枕の草子』にも、「七日の若菜を人の六日にもて騒ぎ……」と。

.

もっとも旧暦の七草は、いまの2月下旬、若草もたくさん芽を出していたと思われます。

七草には、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという意味もあったでしょう。

.

いまでも、7日に若い野草で粥を炊いて食べる“七草粥”の習慣は残っていますが、粥に入れるための摘み草をすることは無くなりました。

その代わり、デパートやスーパーで、七品揃えのパック入りが売られていますね。

  • (せり)=水湿地を好む多年草で香味が強い
  • ナヅナ=生長したものは“ペンペン草”と呼ばれる越年草
  • 五形(ごぎょう)=母子草、葉は白いフェルト状の毛に覆われている
  • 繁縷(はこべら)=ハコベ、産婦の乳の出が良くなると
  • 仏の座(ほとけのざ)=菊科のタビラコのこと
  • (すずな)=鈴菜とも書き、いまでは蕪のこと(江戸時代までは水菜や京菜)
  • 蘿蔔(すずしろ)=大根のことだとされている

この7種の野菜を刻んで入れた粥を七草粥といい、邪気を払い万病を除くと江戸時代には武家や庶民にも風習が定着。

幕府は公式行事として、将軍はじめ全ての武士が七草粥を食べる儀礼を行っていたそうです。

.

茹でて刻んだ七草をお粥に混ぜ込んで食しますが、好みで胡麻や柚子など振りかけてもいいですね。

お粥の仕上がり際に餅を入れたり、卵で閉じるとちょっとボリュームupdeliciousscissors

.

**************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 黒豆ご飯 | トップページ | 蜆炊き込み飯 »

コメント

ば~ばさんの作ったお粥さぞ美味しいでしょうね。
私はお餅が好きなので暮れに買った餅
暮れに作ったお汁粉に毎日1個入れて食べていたが
やっと汁粉無くなったので
今日はお雑煮にしました。
まだ餅は残っているのでお汁沢山作ったので
当分毎日お雑煮です。

夫のいた頃は七草粥作りましたが、今は一杯分の少量なんで好きなお粥にして食べました…
自分なりの勝手な解釈でね(๑◔◡◔ิ๑)ェヘヘ♫
お正月のおせちも、ぜんぜん作らないでお鍋にしました
だんだん自分の中で風習が壊れて行きますが、自分なりの歳時への想いは変わらないのですが…
一人で暮らしてるとこれからも、都合よく変化していきそうです…☝(๑’ᴗ’๑)
ば~ばさまは教えを守ってちゃんと継承してるなと感心しています

pencilみかん様
お節もお餅も無い正月だったので、汁粉も雑煮も無しです…1人だと何を作っても余りますねcoldsweats01


penciltime様
私も正月中もほぼ連日鍋物です、野菜を数種買っても鍋が続くと使い切れますし…孤食だと凝った料理を幾つもなんてムリ、好きな材料で好きに料理して食べる日々ですdelicious

ば~ばさん 今晩は^^
七草粥はちょっと苦手なので
お粥に小さなお餅一個と芹を入れ卵でとじました。
食べ過ぎ飲み過ぎだった胃に優しくて美味しかったです。

昨日でお餅全部食べ終えてお正月気分もどこへやらです^^@

pencilチーちゃん様
いつも特に美味しいと思わない七草粥ですが、正月に白粥か卵粥だったので青臭さも気にならず…でも、年に1度でイイお粥ですcoldsweats01

昨日は7日だということを忘れていました。
息子に「カレーが食べたい」と言われて「いいよ」なんて言った後で七草粥を思い出しました。
仕方がないので、今夜1日遅れで七草かゆを食べました。
これは毎年食べるので、食べないと物足りません。

次は鏡開きのおぜんざいが楽しみです。

pencilMOM様
歳時食って自分の習慣の暦のようなものかも、遣らないと物足りない気がしますねsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒豆ご飯 | トップページ | 蜆炊き込み飯 »