« マイナンバー被害 | トップページ | 意見を違憲とゴリ押し »

2016年2月15日 (月)

タラの芽の胡麻和え

bud美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

タラは学名 Aralia elata、漢字ではと書きます。

この木の新芽を「タラの芽」「タランボ」といい、初春の代表的旬食材。

.

『タラの芽を食べると、鹿の角も捥げる』という諺がありますが、鹿がタラの芽を食べたからと言って角がもげる・・・なんてことは無いですね。

ただ、タラの芽が美味しくて、鹿が好んで食べる時季は、牡鹿の角が抜け落ちる時期と重なり、昔の“自然暦”になっていたのでしょう。

また、山間部の村にはかつて「タラの芽一つ摘み取るは坊主千人の首を斬るに等しい罪」という言い伝えがあったそうです。

タラは枝一本の先に一個の芽しか萌(ふ)かないので、それを摘み取ることは木を殺すこと・・・首を斬ると同じ殺生だと、採り過ぎを戒めてたのでしょう。

.Photo_5

近年は温室栽培の普及で、スーパーマーケットなどで初春から販売されています。

そのため、鮮度のいいものがかなり長期間楽しめるようになりました。

アクがないのでそのまま調理でき、お浸しや和え物に…とくに天婦羅が人気。

.

天婦羅は定番ですが、小さな芽なら和え物にしても美味しいものです。

Photo_6茹でて、胡麻和えにしてみました…味噌和えや白和えなどでも。

.

タラの木は、ウコギ科の落葉低木樹で、山林に生えている棘の多い木。

その新芽は、脂肪分を含むほか、蛋白質やビタミンB2なども豊富な、珍しい山菜で、栄養に富んで味がいいため“山菜の王様”と呼ばれます。

.

樹皮は民間薬として健胃、強壮、強精作用があり、糖尿病にもよいとされますが、芽を食べることでも、同じような効果が期待できるそうですよ。

.

**************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« マイナンバー被害 | トップページ | 意見を違憲とゴリ押し »

コメント

タラの芽…季節ものですよね~♥♬…もうその季節なんですね
天ぷらも和え物も大好きです…꒰ღ˘◡˘ற꒱❤⃛
記事を読んでいて“あ~春なんだな~”と心がほっこりしました
暑かったり寒かったり変な気候ですが…
春は待ち遠しいですね~♪
最近、目覚めるのが遅く…中々朝散歩に足が向きませんが…
そろそろ始めようかな~♥♬と、思っています

penciltime様
スーパーの棚には一足先の春がいっぱいです、菜の花やタラの芽、独活、浅利や蛤など好物が~食卓も鍋から和え物など惣菜に替えて、細やかに嬉しくなりますhappy01

タラの芽の天ぷら、美味しいですよね! 
昨日はふき味噌をつくって、おにぎりで食べました。
ほろ苦さと香りが、まさに春!

pencilMONA様
あ、私も蕗味噌でご飯しました、秘密の場所の蕗の薹はダメで…買って来ちゃいましたcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マイナンバー被害 | トップページ | 意見を違憲とゴリ押し »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ