« 蕾を食べる菜花白和え | トップページ | マイナンバー被害 »

2016年2月11日 (木)

和服差し上げます会

t-shirt美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Photo和服箪笥に収まり切らず、衣裳箱で重なる和服と和装品。

かなり断捨離したつもりですが、箪笥のコヤシはまだまだ有りました。

処分するにも、どれを残しどれを捨てるかと選び始めると迷いが出てきてなかなか決められません。

古着屋では持ち込むだけ労力の無駄と思える超安値買い取りですし。

.

何かにリメイクと思っても、ほどいた布自体が“和”。

和服は着ますが、洋装の時は“和”と真逆のヘビメタファッションなのでcoldsweats02

.

だいぶ前に数枚の和服を資源ゴミに出した後、婦人会のサークルで和服のリメイクや裂き織をしている方たちが「勿体ないわぁ、私たちに頂きたかった~」。

それを思い出し、なまじ弄るよりは思い切って貰って頂けるのは差し上げて、それをケジメにしようと。

サークルの数人の方たちに集まって頂いて、箪笥の和服を広げました。

もちろん、絶対に手放したくない数枚と、冠婚葬祭用は残して。

中には仕付け糸の付いたままのも…1度も締めていない帯も…でも、未練を持ったら断捨離は出来ません。

.

「リメイクや裂き織に使うには本当の古着でいいんです。

こんな新しい綺麗な着物は鋏を入れられないので、和服として着る方たちに」

と言うことで、急遽、和服を着用する機会の多い方が呼ばれました。

そんなこんなで5人ほどが集まり「本当に頂いてよろしいの?」と、それぞれ1~2枚を選んで。

和服が7枚、帯が2本、道行コート、草履も2足…他、小物数点が貰われていきました。

.

広げた中に大島紬の雨コートも有り、内心は手放したくはないのですが、今の私には身幅が広過ぎます。

和服は少しくらい身幅が広くても着付け次第で何とかなりますが、コートは着方による幅の調整が出来ません…雨コートは長いだけに幅広だとブカブカ。

そんな私の未練な躊躇いが顔に出たのかしら?

「良かったら、和服の直しが出来る方を知ってるので、身幅を詰められるか訊いてみます。

もし、直せるようなら、着物を頂くお礼に私たちが直し代を」

ただ、このコートは被布襟が付いているので、直すのも大変そうですが。

.

初めてお会いする方が殆どでしたが、ご持参のお菓子でお茶を淹れました。

着物のコーディネートや着付けのポイントなどお喋りが続き~皆さん賑やかに、にこやか。

ここから新たなお付き合いが生まれそうです。

.

そして、昨日、「縫い直してくれるそうなので、仮縫いが出来たら伺います」

「仮縫いは結構です、先日どのくらい身幅が余るか見て頂いてる通りで」

「では、お任せ頂いて…直しが上がったら皆で集まってお昼でもご一緒に」

嬉しい電話が…仕上がりが待ち遠しいです。

.

**************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 蕾を食べる菜花白和え | トップページ | マイナンバー被害 »

コメント

喜んでいただけるところに御嫁入りで来て良かったですね~ෆ⃛ (๑’ᴗ’๑)۶✐¯:.*೨✧
本当に買う時はとんでもない値段で手に入れるのに処分する時の二束三文は腹立たしいですよね
持って行った労力だけ馬鹿馬鹿しいです
でも、大事にしていたものがゴミと消えるのも哀しいです
大事にして下さる方に差し上げるのが一番ですね~❀ฺ´∀`✌
大島紬の雨コートお礼にサイズ直しをして戴いて良かったですね
タンスに入っていたらこんなお付き合い無かったですものね~☝(๑’ᴗ’๑)
何かいい感じで処分ができましたね

penciltime様
度々入院するようになってから食器や衣類も断捨離しなきゃ、と覚悟したものの未練も出るので貰って頂くことに…決心出来て良かったです、雨コートも直るらしいしねsmile

とても有意義な集まりでしたね。
私も肩幅が広く腕が長いので、友人のご近所さんに直していただいていました。
でも、その方も九州のお孫さんにしょっちゅう会いに行かれるようになり、また目も見えにくくなって疲れるということで止めてしまわれました。
だから、古着を買うのをやっとやめることができました。
娘は遠すぎるしおまけに背丈が違いすぎるので、新しい着物を作っても残す人がいません。
お嫁さんはさらに背が高いですしね。

あげるにしても私の周りに着物を着る人はとても少ないです。
お嫁さんのおばあさまがたくさん残された着物は、子供さんたちが処分してしまったそうです。
処分って、たぶん捨てたということだと思います。
なんてもったいないことを、と思うのですが私の残していく着物ももしかしたら彼女が処分してくれるのかもしれません。
そう思うと新しい着物はますます作れませんから、いつも同じ着物ばかり着ています。

pencilMOM様
着物離れ、現代の生活では仕方ないですね〜高価で小物も多く着難いし動き難い…和の仕事着でさえ二部式になってるんですもの、着る人が居なくなってますよね。
仕立て直しの方も居なくなってるので、反物からハ掛けまで選んで仕立てたお気に入りだけ残しましたが、これらもいずれは引き取り手の無い処分品?、時代の流れですねconfident

もったいないけれど、よく決心なさいましたね。
でも、新たなおつきあいが始まるきっかけになったら、それもいいかも。
ばーば様の潔さに拍手です。

pencilMONA様
自分で着付けられる体力があと何年続くか、と考えたら貰って頂く決心が付きましたsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蕾を食べる菜花白和え | トップページ | マイナンバー被害 »