« 桜ご飯 | トップページ | 若布と大豆煮 »

2016年4月21日 (木)

日本人の情は篤い

sweat02美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Photo_6熊本地震の被災報道が伝える連日の度重なる大きな余震や被害の規模に心が痛いです。

小さな力でも何か支援のお役に立ちたいと思います。

.

この地震では幾人かのタレントさんやそのご家族も被災されました。

タレントの井上晴美さんご自身も、またご実家も被災されています。

その井上さんご自身の被災状況のブログが、心無い人たちの誹謗中傷を受け、「これで発信止めます」と閉じられました。

.

ブログは自分自身の日記のようなモノ、自身の記録や想いを綴るのは自由です。

それを読んで「売名だ」「可哀想アピールだ」など書き込む理由は無いはず。

.

「本当にツラかったのに、これ以上の辛さは今はゴメンナサイ、必死です」

自宅も実家も潰れ、3人のお子さんを抱えて、こんな悲痛な言葉でブログを止めざるを得ないなんて。

.

ツラくて、ストレス続きで、不安に潰されそうな時に、心情をブログで吐露することは心の慰めになります。

私も夫の末期の頃は書くたびに“言葉の石礫”を浴びました。

何度も心が折れましたが、励ましてくださる方々や、同じ経験をされた方からのコメントでどれほど癒されたことか。

.

もっと辛い思いをされている方が大勢いらっしゃることは分かります。

でも、誹謗中傷を書き込むのは被災された方たちでは無いと思います。

被災者の味方気取りなのでしょうか?

いずれにせよ、実際に被災されて大変な思いをされている人のブログに誹謗中傷を書き込む人間性の情けなさ。

哀しみ傷付いた心、その辛さに追い打ちを掛ける人が存在する…日本人は情に篤い、そんな言葉が有ったはず。

.

.

話は違いますが、被災家屋への空き巣が横行しているとの報道が。

東北大震災、鬼怒川決壊水害などの大規模災害の後にも、倒壊家屋や留守家屋での空き巣被害が多発しました。

“火事場泥棒”の言葉があるくらいですから、昔から他人の災難に乗じての犯罪はあったのですね。

空き巣ばかりか、避難所での置き引きまで弱みに付け込む悪質さ…災害の度に情けない事件が起きます。

.

そんな一部の心無いヤカラの存在を忘れさせてくれるのは、救助や支援をされている方たちの姿。

熱い思いで活動されている方のほうが断然に多い、そのことが心の救いです。

.

**************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 桜ご飯 | トップページ | 若布と大豆煮 »

コメント

自分を名乗って正々堂々議論を吹っ掛けるのであれば反論も出来ますが
身分は明かさず、隠れながら、根拠なく相手を誹謗中傷し世界に発信する事ができるんですから恐ろしい世の中ですよね
相手を傷つける事が目的なのでしょうから…ね
ネットじゃ戸も立てられないしね…
私のように古い頭じゃ考えが及びませんが…
しかし、中傷を繰り返している人は自分の事が嫌にならないんでしょうかね…。◔‸◔。

penciltime様
タレントの支援も中傷の標的になってますね〜中傷するのは被災も支援もして無いと思うの、書き込む前に支援でしょ、何もせず揚げ足取りする卑劣な気持ちはなぜ生じるんでしょうsad

被災地では度重なる地震に脅え、二次・三次災害の心配をしながら、着の身着のまま避難所に出向いているのに、その空き巣を狙い打ちする悪党どもが存在する事には驚きました。
人の弱みに付け込む信じられない行為に腹立ちます。

また、厳しい環境下に置かれた被災者唯一の記録ブログにも悪質ないたずら書きをするなんて、非人道的であるし嘆かわしくも思えます。

もっと良心ある人たちが増え、苦難を背負っている人たちに手を差し伸べ、いち早く復興出来るよう協力しようではありませんか  ‼

pencilyasu様
ボランテァの受け入れが始まり民間支援が本格化してくる中で政府の復興対策の遅れに安倍政府の改憲絡み、選挙絡みがあると聞くと腹立ちも募ります…優先は国民の安全でしょうにthink

>でも、誹謗中傷を書き込むのは被災された方たちでは無いのです。

証拠は?
IPアドレスでも調べたんですか?


pencil犬さん
こういうことですヨdog

ネットが普及して知らなくていいことも入ってきますね。

良かれと思ってした事も受け取る側は十人十色。
批判が出るのね。

娘と歩いた繁華街が少しずつ、少しずつ復興してきているようです。

「ハチドリのひとしずく」というお話があります。
森が燃えていました森の生き物たちはわれさきにと逃げていきました。
でも、クリキンディという名のハチドリだけは行ったり来たり口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます。
動物たちはそれを見て「そんなことをしていったい何になるんだ」と笑います。
クリキンディはこう答えました。
「私は、私にできることをしているだけ」

pencilけいこ様
復興への道は厳しい、被災された方々の疲労も蓄積しておられるでしょうからねconfident


pencilMONA様
良いお話をありがとう、私たちも夫々が出来ることで支援し続けたいと思いますねconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜ご飯 | トップページ | 若布と大豆煮 »