« 野蒜を酢味噌で | トップページ | 術痕の切り直し修正 »

2016年5月23日 (月)

気になる男性

karaoke美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Photo_6『戦争法』が強行採決寸前の昨春頃から、国会中継などを見るようになりました。

そこで戦わされる質疑応答・討論を聴いていると、議員の質(レベル)が良く判ります。

.

与党議員の質の低さは答弁だけじゃなく、質問を遮ろうとする野次でも明らか。

時には耳にするのも汚らわしいヤジが飛んで、こんな議員が国の中枢に居て、政権を担うなんて情けない。

.

そんな議員たちの中で、私は気になる(惹かれる)人物を見つけました。

志位和夫共産党委員長…少年期には“反ファシズム作家、ロマン・ローラン”を愛読。

東大工学部卒で、音楽家に憧れていたほどのクラシック音楽好きで、結婚式で新婦とピアノ連弾したなどなど…素敵なエピソードがたくさん。

.

そんな国会議員の中では希少(?)な紳士的さが、【AERA】(5/23日号、朝日新聞出版)にも紹介されました。

時代を象徴する人物を取り上げた『現代の肖像』で、「舌鋒の鋭さ、精緻な理論が強みの人」と。

志位委員長は質問の内容によっては専門家を訪ねて現況を勉強、シッカリした質疑構成で相手を追い詰めるそうです。

道理で彼の理路整然&臨機応変な論戦には、相手が応えに窮しシドロモドロになるはず。

.

【AERA】でも指摘されたように、本当に頭脳明晰な人だと感じさせます。

その行動や活動、発言を見聞きしていると、人柄の良さ&人格の高さも伝わってきます。

惜しむらくは彼が共産党委員長だと言うこと。

多くの人に植え付けられた“共産党アレルギー”の偏見が邪魔をします。

.

.

そこで、なぜ日本人に共産党アレルギーがあるのかと調べました。

因は戦前の独裁政権下での「共産党員はアカ、革命=暴力」など刷り込み教育や独占報道かと。

でも、現実には“アカ狩り”と称して暴力的だったのは政権の方。

共産党は結成以来の綱領にあるように『国民が主人公』、国民の合意での平和政治を一貫して訴え続けているんですね。

刷り込み教育の怖さ…“あの国”や、過去の戦争奨励思想を思います。

.

調べついでに『共産』と言う考え方は古代(ギリシャ時代)からあり、19世紀後半にカール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスによって体系化。

歴史の中でや、“ソ連共産党”or“中国共産党”など国により考え方に違いはありますが、それらと日本共産党の考え方もまた違っています。

基本は「共生の経済」で、自由と民主主義が保障され、個人を大事にする社会という考え。

現与党より余程国民の平和な生活を目指してるようです。

現政府の、大企業やブラック企業を守る弱肉強食の要素が強い極資本主義より国民に添っていると思えるのですが。

.

自分の気になる人が評価された記事を読むのは嬉しいもの。

志位氏が共産党委員長でなければ…そんな仮定をすること自体無意味でしょうね。

誠実で頭のいい彼の行動や活動は、やはり共産党に行き着くのでしょうから。

.

国会中継など視聴したことの無い私が、“戦争法”から政治に興味を持ち始めたのです。

引き揚げ者の両親の苦労を感じて育ったので「戦争は絶対ダメ!」、日本の平和を壊しちゃいけないと切に思います。

遺族年金暮らしになり、病気を持ち、弱者層の一人になって「平穏に生き終いたい」が願いです。

.

国民の一人一人が自分を、家族を大切に想い政治に関心を持てば、少しは社会も変わっていくかも知れない。

政治家や政党の欺瞞に振り回されず、己が目を見開き議員の資質を見極め、心の扉を開けて政治思想の本質を知る時機。

過去に刷り込まれて生じたアレルギーを直し、白紙になって平等に各党の政見を判断したいと思っています。

.

**************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 野蒜を酢味噌で | トップページ | 術痕の切り直し修正 »

コメント

イクメン議員の大騒動が終わったと思ったら、東京都知事にも問題が。
新聞は地震の復興が進まないこと、若い女性がまた犠牲になった話、ストーカー等々
なんだか情けなくなります。

日本に生まれてよかったと思えるようになりますように。

pencilMOM様
巨大な悪(政府)に弱腰だった国民が政権を突け上がらせた…遺憾だ、再発防止に努力、迅速に対応、など決まり文句を並べるだけで何の政策も無いから繰り返されます。

都知事問題は、いわば家計費をクスネタみみっちさで呆れ果て言葉も無いですthink

ば~ばさん おはよう^^
奥様とピアノ連弾だなんて
ロマンチストなんですね^^@
そうそう!なかなか的確な指摘をしますね

都知事問題、何だかなぁ・・・
スッキリしてくれ~!って感じ^^;

pencilチーちゃん様
低レベルの議員の中で志位さんの理知的さは際立ってますね…都知事のセコさは情け無いsad

小泉政権以降日本は揺れ始め、郵政民営化を機に、次には非雇用者制度の確立をした。これでは雇用不安が出、厚生年金や国民年金加入者の減退を招き、将来の年金制度はどう守られるのか不安を抱いていたが案の定。

次のバッターは安倍政権、祖父である岸信介氏の政治手段を受け継いだのか、祖父がやり遂げれなかった憲法改正にいち早く目を付け憲法9条を改正し戦争法案を作ろうとしています。
特定秘密保護法案を成立させた時点から怪しげな、きな臭い空気となり、国家権力が抱える「正義」や「公益」の危うさを感じずにはいられませんでした。

そこへ持ってきて今年2月、高市早苗総務相の電波停止発言で報道を規制し報道や言論の自由を奪い取ろうとした。
各報道機関は自粛ムードに入ってしまってしまいNHKは会長を挿げ替えニュース番組を見ていても当たり障りのない発言ばかりでつまらない。
また、2014年7月には歴代内閣が禁止していた集団的自衛権容認の憲法解釈変更を行い国防軍を創設しようとしています。

それに、地震が襲った熊本県の翌日菅官房長官は「緊急事態条項」を創設のため改憲を急ぐ考えを示しましたが、これも事実上「戒厳令」を可能にするもの。

憲法を改正するには、衆参両議員の2/3以上が賛成しないと成立しないので、まず憲法96条の2項を変え過半数の賛成で発議が出来るようにたくらんでいます。

内閣法制局長官をすり替えてしまう人事や日銀総裁人事等など・・自分の意見がスムーズに通るシステム作りをするなど、巧妙なテクニック。

先に述べた集団的自衛権に関しては、9条で国際紛争を解決する手段としては永久に放棄すると謳っているので使えないからいち早く改憲をしたい姿が見え々です。
このような考えでは戦前の考えに逆戻りしてしまい、国家のための国民になりかえない危険な状態です。
この独裁者の言う危うい戦争法案を止めないと、子や孫まで戦争に駆り出される事態に追い込まれてしまいます。今夏にある選挙で国民は立ち上がり暴走を止めないと、とんでもないことになりそうです。

与党議員らは武力抑止のためと言っておりますが、昔から火のない所に煙は立たないように、喧嘩を吹っ掛けるような事をしなければ他の国からは殴り掛かっては来ません。

日本は素晴らしい憲法を保持している国家です。この現憲法を高らかに全世界に発信することで平和は守れると思います。
日本共産党の国会質問は的確に的を撃ち抜くような質問であり、聴いていてもすっきりしますね。
昨日の国会質問内容もケイマン諸島のパナマ文書問題でしたが、日本でも524社・63兆円もの課税逃れが分かり指摘しておりました。(驚きました‼)
こんな非道理の税逃れがあるのなら法人税を引き下げすることなく、国民に消費税も10%引き上げることなくやっていけるのに。
回答は合法だと・・(怒り ‼) 一般庶民はやってられないよ・・と叫ばなきゃ・・‼

次々と小言が出て来ますのでこの辺で、打ち止めにしておきます。
長々と愚痴をこぼしてすみません。 coldsweats02

今夏の選挙は運命を変えるほどの大事な選挙ですね。


pencilyasu様
すべて同感、スカッとしました。
これで『刑事訴訟法』の改悪が強行採決されたら、国民は総監視されますね、そのうち全戸に盗聴器や監視カメラが設置されるかも…戦争法で徴兵も復活する危惧…マイナンバーでプライバシー丸裸の国民は独裁者から逃げられませんsad

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野蒜を酢味噌で | トップページ | 術痕の切り直し修正 »