« 不名誉な都知事列伝 | トップページ | 天然江戸前鮎 »

2016年6月18日 (土)

明日葉の納豆和え

bud美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

♪明日があるさ、明日・葉が出る~♪。

今日摘んでも、明日はもう次の葉が出る・・・と言われるほど生命力が強く、これが名の由来『明日葉(あしたば)』になってます。

大島・八丈島の旅館や民宿の殆どで、宿泊すると食膳に供される郷土野菜です。

.

最近はスーパーにも、今頃の季節には当たり前のように並んでいますね。

多摩市や横浜市近郊の畑でも栽培されるらしく、駅ビルの産直店にもあるんです。

ちょっとアクの強い味が、これまた南国情緒だと、ゴーヤのように人気が出てきている野菜。

石垣の間・庭の隅・空き地など、何処にでも生え、自生のものは1メートルにも成長。

きびしい自然条件でも生き残る逞しい植物で、島の人たちにとって、かつては貴重な野菜でした。

伊豆・房総・三浦半島辺りでも自生しているのを見かけます。

.

セリ科で、茎を切ると黄色の汁が出ます。

野菜には珍しく、蛋白質・カルシウム・鉄分などを含むのが特色でしょうか。

お浸し・胡麻和え・汁の実などにしますが、天婦羅は食べ馴れない人にも食べ易い。

食べ慣れたら、茹で刻んで菜飯にしても味わい深いご飯です。

.

明日葉を茹でて冷水で冷まし、水気を切って細かく刻んで納豆和えに。

Photo_6

  • オクラは塩で擦って産毛を取り、塩が付いたまま茹でて、冷水で冷まし、水気を切って小口切り
  • 麺つゆに練り芥子少々を混ぜて、納豆を加え、明日葉とオクラも一緒に良く混ぜる
  • 器に盛ったら、糸カツオを天盛りに乗せる

.

**************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 不名誉な都知事列伝 | トップページ | 天然江戸前鮎 »

コメント

ば~ばさんのお料理はひと手間もふた手間もかけてらっしゃるわ。
おひとりなのに~。

今日も暑そうですね。
美容院に行こうか迷ってます。

夏らしい1品ですね。
明日葉は家庭菜園をしている人に時々頂きます。
体にいいもの、ベタベタ、ズルズル、ネバネバが苦手なので、私は食べられません。

ほとんど好き嫌いのない友人がすでに5人同じ病気になりました。
でも、私が一番元気なんですよ。って、威張ってどうする?

のどごしが良さそうで
夏の暑い時に良いですね^^@
ビールのつまみにも良いかな。

今日はこちらも30度超えて暑いです。
義母は安定してるそうで
気持ち良さそうに寝てるように見えます。

pencilけいこ様
ひと手間はとにかく、ふた手間は無いです…手抜きばかり考えてます、暑くなると余計に手間無し調理になりますcoldsweats01


pencilMOM様
ヌルッ、ネバッ、トロッどれも好き…でも確かに好き嫌い無いから健康長寿とは言えないみたい、夫も健康にイイものを選んで食べて~coldsweats02


pencilチーちゃん様
暑くなるとビールに合いそうな惣菜が多くなります、そんな材料にばかり目がいくしcoldsweats01

明日葉って食べたことがあるのかな? ないのかな?
でも、元気が出そうな いい名前ですね。
納豆は好きです。オクラも。
写真の納豆和えが美味しそうなので、明日、明日葉があれば買ってきて 作ってみます。天麩羅も作った方がいいかな?
ゴーヤを初めて食べた時は苦いと思いましたが、今は美味しいと思います。明日葉もそうなるかも。

栄養価が高いというので、偶に買うことがあります。
こんな風に食べるといいですね。
栄養バランスがバッチリ!

pencilhikobae様
芹の仲間でそんなに強いクセではありません、特に栽培物は柔らかで食べ易いですsmile


pencilMONA様
炒めるのも好きですが、納豆やオクラも食べたかったので混ぜちゃいましたdelicious

明日葉ってシソの葉みたいのかなと思ったらほうれん草みたいなボリュームのあるものですね
菜っ葉類は大好きなので…多分大好きかも…っていうより食べているかも…?*´ڡ`*
ねばねばぬるぬるは大好きで納豆とオクラと菜っ葉…絶対大好きです~♥♬
でも…あすなろ、とか…明日葉とか、名前が綺麗ですね…誰が付けるんですかね
日本語って雨でも、季節でも、きれいな言葉がたくさんありますね…情緒的ですねhappy01heart04

penciltaime様
文学的情緒は優れているはずなのに、なぜ金権には汚いくらい固執するのかしら。
そう「清貧」という言葉があるくらいで、金権と無縁な方が情緒的に居られるのかなぁcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不名誉な都知事列伝 | トップページ | 天然江戸前鮎 »