« 潤目鰯の昆布締め | トップページ | 非核三原則って形だけ? »

2016年6月 8日 (水)

術痕修正上手くいった?

hospital美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Photo_45/31日が術痕の修正手術の抜糸予定日でしたが。

でも、結束の1ヶ所が赤く腫れていて延期。

.

「術痕の治りが悪いのは何故?」

「大腸ポリープ切除後で少し体力が落ちていたかも知れないね。

それと、傷周りの血流を悪くしないように」

と言うことで、1週間後の7日に抜糸しました。

.

抜糸の延期で「傷はシッカリくっ付いてるけど、糸が埋もれちゃったね」

針目が8個、糸を切る度にピリッ!…。

その一瞬に体が固まるのは条件反射?。

.

術後翌日の傷周りは内出血が赤黒く縁取っていましたが、この2週間で痣はすっかり消え、傷痕も今のところキレイ。

.

秋の開腹手術時のような長い傷は縫合後がテープなので、自然に剥がれ落ちるのを待つだけでしたが。

外科の創傷などの縫合は殆どが糸での結束。

結び目を切ってピッ!、針目の数だけチクッ!、条件反射で体がビクッ!

.

術後2週間経て、生検結果も出ました。

「悪性腫瘍では無かったです…癌の心配は要りません。

簡単に言えば、肥厚性瘢痕(ケロイド)の範疇…術後の皮膚線維異常増殖(↓)ですね。

でも、蘇生の異常部位を深めに切取りましたからこれで大丈夫でしょう」

.

ハイ!、ちっとも簡単な説明じゃ無かったけれど、心配ナイってことよねgood

.

ただ、この皮膚線維異常増殖って言うのは厄介で、傷を修復しようとコラーゲンが頑張って増殖し過ぎると修復の範疇を越えて塊を作るんですって

コラーゲンは傷の治療薬ステロイドにも含まれ、傷の治りを早めると言われますが…でも~それがケロイドの因かも知れない

女性が有り難がっているコラーゲンも悪さをすることが有るんですね。

.

実は、昨秋の開腹手術の一部もケロイド化しています。

まだ大きなミミズの状態で「痛痒い~!」程度ですが、ついでに訊いてみました。

「術痕の蚯蚓腫れは、帝王切開した方の有毛部に多く診られますね。

状態が酷ければ担当科に申し出た方がいいでしょう」と。

.

私自身は、まぁ今の状態では形成手術までは…高齢の独り身ですしsweat01

.

**************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 潤目鰯の昆布締め | トップページ | 非核三原則って形だけ? »

コメント

悪性でなくてよかったですね。
抜糸は4回しましたが、全く痛みを感じないというかいつ抜いたのかもわからない時もありました。
帝王切開の時は明らかに医師の力量不足だったと思います。
手術も下手でしたし。
一昨年の脊椎狭窄症の時、個人医院出だされていた薬にステロイドが入っていました。
総合病院の先生が、「この薬は私は処方できません。過剰摂取になります」を言われて薬が変わりました。
ステロイドをむやみに怖がってはいけないのでしょうが、やはり不安でした。
この間新聞に「飲んではいけない薬」ロキソニンと書いてありましたが、それも1ヶ月以上飲みました。
今飲んでいる薬も不安なのですが、服用を止めることもできないので諦めてます。

生検結果、良かったですね!winkgood
これがまた悪性とか言われると初期であったにしても
何時かは手術って感じでしょう
やっぱり気持ち的に落ち着かないですよね…良かったですねnote
とりあえず無罪放免ですね
傷跡の処置は続けていかないといけないかもしれませんが
外的なものと内的なものは心の負担の重さが違いますもの
又、美味しいものに挑みましょうsign01happy01

pencilMOM様
帝王切開や子宮筋腫摘出の痕がケロイド化の確率が高いそうです、そんな高確率は嬉しく無わね…同じ薬を飲み続けるのは不安ですが、塗り薬でも長期使用は止めた方がイイらしいのconfident


penciltime様
悪性でなければ「出たら切る」を繰り返しても何とか落ち込まずに遣っていけそう、多分coldsweats01

生検の結果、悪性でなくてホッとしました。
いろいろ気になることありますが、よしとしましょう。
しばらく、のんびりとなさってくださいね。

pencilMONA様
いろいろあっても気に掛けず、楽しいことだけ考えてノンビリと暮らしていきますsmile

生検結果、良かったです。
読んでる方もホッとしています。

小さくても傷跡は年齢とともに戻りにくくなりますね。
痛痒いでしょうが気長に構えて下さい。

pencilけいこ様
傷の修復薬がケロイドを作る事がある、飲み薬の副作用には敏感でも塗り薬までとはねcoldsweats02

術後の抜糸も大変でしたね。
私も何度も手術した経験がありますので抜糸の時の緊張感やチクリ感は今でもトラウマのように甦って来ます。
同じ個所の手術では明け口が同じとあってか、ケロイド状態になり、その場所の修正手術時には、こんお藪医者と思い込み、違う病院で治療処置してもらった経験もあります。
Drの腕もありますね。
病院を替えたら、今ではどの場所を手術したのか分からないくらい綺麗になりました。

生検結果、良い結果でよかったですね、安心しました。

pencilyasu様
ケロイドだから悪性じゃないだろうと思っていても、まずは見た目のヒドサと痛痒さで修正になりました…ただ、本当に修正出来たかは数か月後じゃないと分かりませんけどcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 潤目鰯の昆布締め | トップページ | 非核三原則って形だけ? »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ