« 本当の自由とは | トップページ | 処方薬との相性 »

2016年8月 1日 (月)

一日遅れで土用鰻

fish美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

東京都知事選では小池百合子さんの圧勝でした(私的には残念sweat02)。

核武装支持論者だった彼女、国政と都政では違うでしょうが彼女の思想本質は変わらないはず。

知事としての政策公約をどう都民生活向上に活かすのか、しっかり見て行かないと。

.

*******************************

Photo_3787/30日は『土用の丑』でしたが、31日が亡き夫の誕生日なので1日遅れの鰻。

食事が摂れず点滴で命を繋いでいた最期の夏も、大好物の鰻には箸を伸ばし一口ほど食べられました。

.

『土用の丑』には「」のつくものを食べると精が付くと言われ、鰻や牛(肉)の売れ行きがup

牛肉人気は昨今のことですが、鰻を食べる歴史は江戸時代からです。

.

土用とは立秋までの18日間を言い、暦の上では8/7日…やっと梅雨が明けてこれから夏本番と言う思いなのに。

さて、土用の頃は海や山が荒れる…そして人間の体調も乱れる。

.

夏のスタミナ維持には『鰻』がいいとは、万葉の昔から認められ奨められてきましたが、江戸時代に爆発的人気に。

あの有名な医師・平賀源内が、贔屓の鰻屋が夏の熱さで売れ行き不振で困っていると聞き《土用・丑(うし)の日は頭に“う”の付く食べ物を》と書いて軒に貼らせたそうです。

当時は四足禁制…となれば牛と言う事は無いですから、“う”と書いて鰻屋に張り出せば、誰だって鰻と思い込むでしょ。

まして当時の鰻は、オカズと言う以上に薬の意味があったのですもの。

仕掛けは大当たり、年に一度くらいの贅沢は…で、江戸っ子の心を捉えました。

.

川柳の「女房を質に措いても初鰹」と同じ意気込みsign03

『土用の丑の日は鰻』、これを食わなきゃ江戸っ子が廃るってんで鰻屋は大賑わい。

.

天然鰻は、胸鰭のところがちょっと黄色味を帯びている。『胸黄=ムナギ』が訛って鰻になったそうです。

.

002_1ところで、鰻を蒲焼用に開く時、関東は背開き、関西は腹開きにしますね。

これは、江戸は武士優先社会、腹を切る(切腹)は縁起が悪いと忌み嫌ったからです。

蒲焼の調理も、関東では蒸して脂を抜いてからタレで焼くので、箸ですぐに切れるほど柔らかい仕上がりですが、関西では串を打って素(しら)焼きにし、タレで仕上げるので歯応えも残ります。

どちらで焼いても、鰻には良質の蛋白質と脂肪、ビタミンA・Eが豊富で、体力回復にはもってこいですよ。

Photo

粉山椒ではなく山葵で食べるのが我が家風です。

.

暑い盛りの滋養補給に『土用の丑の日』には鰻を摂る習慣が、続いてきました。

ただ、近年は国内産の稚魚の漁獲量がめっきり減って、まさにウナギ稚魚の卸値は“ウナギ上り”。

さらには『割き3年、串打ち8年、焼き一生』とウナギ職人が座右の銘にしている修業に付いていけない若者が増え、職人不足。

高騰する鰻…で、新たに【ナマズの蒲焼】が脚光を浴びています。

.

編集者時代に秋篠宮さまが学生自分に行かれたと言うナマズ専門店を取材したことが有りますが、淡白で癖の無いナマズはこれから人気が出るかも~?

ミニ鰻ではありませんが、ドジョウの蒲焼も美味しいものです。

鰻に拘らず、栄養豊富な食べ物で暑さを乗り切りましょう。

.

**************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 本当の自由とは | トップページ | 処方薬との相性 »

コメント

お早うございます~ღ'ᴗ'ღ
鰻の記事は一段と力が入ってるようにお見受けしましたよ~(๑´ლ`๑)フフ♡
鰻の蒲焼と言うと皆ぱっと顔が輝くところを見ると…よほどの美味しさと思いますが…
私は鰻を食べれません…☝◞‸◟
嘘!と、思うでしょ?本当です
鰻屋さんに行って他の料理を作ってもらうのは私ぐらいのものです

都議選は残念でしたね…
鳥越氏は国策の人、隣近所のお世話のような都政にはちょっと無理っぽかったですね
カリスマ性はあると思うけど…
これからは自民党、都議団と戦う小池百合子を見てみたいと思います
強そうだものね
有り余る予算で湯船につかってた都議団は首を洗って待て!みたいな感じですね
高みの見物と行きましょう…☝(๑’ᴗ’๑)~♪

penciltime様
自民党の中に「除名もしてない、離党もしてない彼女は自民党員だ」と言う議員がいます…彼女も彼女で「私はまだ自民党員です」なんて、訳分らない世界です。

鰻と鮪トロ、ウニは夫の大好物でした、他の魚介は??でしたがcoldsweats01

小池さんに決まりましたね~
夫も「なぁんだ...」って、言ってました^^;

焼いてる時の匂いは本当に美味しそうで
でも私、全く食べないわけじゃないけど鰻はちょっと苦手~
夏に夫のために買うくらいですね
忘れたわけじゃないけど、まだ食べ(させ)てません^m^

鳥越さんは参議院選の結果を見て、これでは日本はダメな国になってしまうからと、立候補されたのに・・思わね結果になってしまい残念です。
私も鳥越さんを応援していただけに・・(ガッカリですよdown
途中・週刊文春や新潮が横やりを入れるし、演説の中で脱原発を発言すると都政には関係ないとかの横やりが、そうですかね? 東京電力福島第一原発事故で東電が支払った賠償額は何と6兆3千億円、この事故を受けて原発安全対策費が3.3兆円(電力11社)、またテロ対策費として一原発当たり数百億円もかかる金食い虫ですよ。
この費用は東京都民も電気料金として上乗せされて来るんですから、関係大ありですよ。
まだまだ放射能は出ているし、高濃度汚染水も海に流れ出している。
現在汚染水は6万トンもたまっている状態、放射性セシュウムで1リットルあたり数万~数千万ベクレルの高濃度だそうですよ。
こんな状態では安心して海の幸を食べられないですよね。

小池さん当選されましたが、背負う看板は所詮自民党ですからね。
これからの政権も期待薄だと思うんですが・・まぁ、見取りましょう。

pencilチーちゃん様
鰻が苦手ですか?、私も大好物と言うほどじゃ無いので、夫の誕生日と命日だけ買って供えてます…でも~国産は高価で庶民向きじゃないですねcoldsweats02


pencilyasu様
小池さんの孤立無援を強調した立候補、取り囲む人の心を捉える話術、パフォーマンスでミーハー人気を勝ち取った気がします。
極右団体が後ろ盾ですし、女性知事がイイと応援した人が多い都民には今後に不安が無いのでしょうか…庶民的目線の平穏な生活政策が見えてこないのですがthink

鰻、今では食べられますが、昔はダメでした。
食べられるようになったきっかけは、長男を出産した時に来ていた義母でした。
退院後に2週間ほど来てくれた時、たまたま 玄関に鰻屋さんが来たんです。即断ったら、義母が出てきて、『産後には鰻がいいのよ。ダメなのは皮でしょう。皮をとれば食べられるはずだから、食べなさい。』と強引に。
以来だんだんと慣れて、今では皮も平気、美味しいと思いますが、コレステロールがとても多いようなので、なるべく、控えるようにしています。

やっぱり食べたいですね、鰻! 
宮島で食べたアナゴ飯も、また食べたい。
これも美味しいけれど、別ものですね。

pencilikobae様
ビタミンEが多いのはいいけれど、コレステロールもカロリーも高いので滅多に食べません…本音はお高いからなんですがcoldsweats01


神戸や広島の穴子飯は美味しさ別格ですね…でも鰻の蒲焼はまた別物の旨さdelicious

うなぎを最後に食べたのは去年、友人と一緒に瀬田川近くの評判のお店に行ったのが最後です。
今年はまだ一度も食べていません。
あ~、食べたくなってきました。
私は関西風が好みです。
関西都の違いは知っていますが、関東で食べたことがないんです。
そういえば関東で和食を食べた記憶がありません。

pencilMOM様
関東のは焼いて蒸すので身がホロッと柔らかで、関西のように歯応えも感じる蒲焼ではないです…どっちかは好みでしょう、私は夫々の旨味があってどちらも好きです。
ただ、茶漬けや鰻キュウリには関西風、鰻卵には関東風が合うように思いますsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当の自由とは | トップページ | 処方薬との相性 »