« 山菜ミズのナメロウ風 | トップページ | 甘辛炒めイベリコ豚丼 »

2016年9月12日 (月)

優生思想の先には

sweat02美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

Rimg0001相模原市の障がい者施設『津久井やまゆり園』で起きた残虐極まりない事件から50日近い時が経ちます。

直後にはあまりの衝撃に心痛く、ブログに書く言葉も見つかりませんでした。

.

「障害者なんて居なくなればいい」「死なせた方が本人のため社会のため」なんて平然と言う容疑者。

障がいがあろうと無かろうと、居なくなればいい人なんて居ません。

容疑者は「障害者は不幸」と決めつけていましたが、幸せか不幸かは障がいと無関係のはず。

まして他人が判断したり決めつけることでは無いと思います。

.

容疑者のこんな考えは、日本の社会の根底にある“優生思想”が因となっているかと。

容疑者は犯行前に「ヒトラーが降りてきた」と言ったそうですが、ヒトラーのような独裁者が人種や人命に価値を付けるのです。

兵隊や戦役労働者として役に立たない人間を大量虐殺したおぞましい事実。

.

いま、日本も格差と差別を助長する空気が濃くなっています。

戦争法で徴兵が始まり、大衆への看視・盗聴、ヘイトスピーチが公然と行われる社会。

ヘイトスピーチ…人種、思想、宗教、性別、職業、障害などにより個人や集団を誹謗中傷、攻撃、脅迫、侮辱する

.

最近の安倍首相はヒトラー化(独裁者)していると言われています。

安倍政権の“福祉後回し、削減政策”では、介護補助を打ち切られる人が続出します。

之こそが優生思想、人命に格差・価値を付ける始まり。

弱者や障がい者を優生思想で切り捨てて行くことは不幸を積み重ねることになりませんか。

「優生」と「劣死」は表裏一体なのだと思いますsad

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 山菜ミズのナメロウ風 | トップページ | 甘辛炒めイベリコ豚丼 »

コメント

パラリンピックを見れば障害の人達がどんなに生き生きして競技に取り組んでいるのかわかります
柔道の正木健人さんが銅メダルに終わり「応援してくれた日本の皆様に申し訳ない」と口を震わせたのを見てどれだけ崇高な精神の持ち主かと感動しました
障害者も健常者もハンデこそあれ同じ意識で戦っているんだなあと思います
不便だろう生きずらいだろうと別視してるのは健常者達で…
まして死んだ方がましなんて誰が思うでしょう
安倍さんが日本をどこに持っていきたいのか…
国としてどうありたいのか…
恐い時代に引きずられているような思いを誰もが持ってます

penciltime様
この事件の容疑者の「政府・首相が納得する」との思い込みは政策にも因が有りそう、弱者を切り捨て軍備や派兵を進める裏に人命軽視が隠れてそう…安倍首相もヒトラー化してきましたしdespair

心が痛い許せない事件です
近所にも友人にも障害あるお子さんがいらっしゃいますが
愛にあふれてて幸せそうで何の障害も感じた事がありません!

偏見をなくし暮らしやすい社会になる事願います。

pencilチーちゃん様
障害も個性の一つ、マイナス要因なんかじゃない…パラリンピックのアスリートたちの輝く笑顔、心がHappyになりますねhappy01

障がい者でも一人の人間です。生きる権利はあるんです。
この様な悲惨な事件が起こってとても悲しく思いました。
容疑者の心理状態はまるでヒトラーと瓜二つ。

新しい憲法草案では「基本的人権の制限」が入ってますので、身体障がい者はホロコースト扱いかな・・weep

最近は障害者の害を使わず、障がい者と書くそうです。私も最近勉強して来ました。
害は被害、害虫、公害等々・・あまり良いイメージが無く障がい者は邪魔者扱いにされたような感じになるからだそうです。すみませんいらぬ事を申し上げて。coldsweats02

pencilyasu様
あ、そうでした「害→がい」と書き直しました。
体や能力の傷がいより、思考に問題のある人間こそ社会の害を生みだすのかもthink

役に立たないから生きている資格が無いなんて言い出したら、私どうしたら良いの?
と思います。
では、貴方はどうなの?誰かの役に立っていますか?しょうがいがないから幸せですか?と犯人に聞きたいです。
幸せな人がとる行動ではありませんよね。

pencilMOM様
残虐な行動へ走る思考は想像も出来ないのですが、障がいが不幸だと思うようになった因はどこから生まれたのでしょうねdespair

誰でも障がい者か障がい者予備軍なのよね。
年を取って、誰かの手を借りなければならない時に気づいたのでは遅すぎます。
子どもの教育の中に、何かの形で自然に入れられないものかしら? 

pencilMONA様
いまの教育現場は障がいを持つ子を分けるでしょ、一緒に助け合いながら成長する機会が無いんですね…授業の進行第一では労りや助け合いの心が育ちませんねsad

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山菜ミズのナメロウ風 | トップページ | 甘辛炒めイベリコ豚丼 »