« 恐怖症もいろいろ | トップページ | 舌裏の口内炎 »

2016年10月20日 (木)

蕪と厚揚げ煮

bud美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

蕪や大根などの根菜が美味しい時季になりました

とくに蕪は寒くなってくると甘味が増して美味しくなるんですって

.

蕪は、その色・形などから大根の仲間だと思っている人が案外に多いようです

よく似てはいますが、同族どころか親戚筋にも当たりません

蕪の親戚は、“白菜”や“京菜”なんです

.

蕪の原産地は北欧で、2000~3000年も昔から栽培されていたと言います

一般的には、球形で白いものが多く見られますが、大根のように長いものも

色も白とは限らず、赤色(飛騨地方の赤蕪漬けは大好物)、紫色、青色(私はまだ見たことが無い)もあるそうですよ

.

地方により、特殊な品種が作られていて、いろいろな名物漬物になっています

代表的なものでは、聖護院、天王寺、近江、伊予緋、日野などが知られてますね

二十日大根(ラディッシュ)と言うのも、大根とは言いながら実は小さな蕪なんです

.

どの蕪も、多くは漬物にされますが、煮物やサラダも美味しいもの

蕪を摩り下ろして、海老や牡蠣などを入れた器に流し、蒸すと上品な一品です

.

私が良く作る惣菜は、厚揚げや油揚げと煮たもの

Photo

弱火で10分くらいコトコト煮込むと蕪がトロッと柔らかくなり、冷めて味が染みるとさらに美味しいのdelicious

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 恐怖症もいろいろ | トップページ | 舌裏の口内炎 »

コメント

大根はよく 使いますが、蕪はたまにですね。
白菜の親戚とは知りませんでした。
写真の蕪が美味しそうなので、今度煮てみます。

前回の烏賊・蛸の足の先端ですが、やはり、切り落としてから使っています。
特に蛸の足先は汚く、雑菌が多いので、切り落とさないとダメだよって、主人に教えられました。
ネギの葉先は、黄ばみ易いし、見た目からでしょうか?
私も切ってるかな・・・

あ~っ、懐かしい、お袋の味 ‼ 若い時は美味しいとは感じなかったこの味、小生もこの歳になって美味しいと感じるようになって来ました。 coldsweats01

赤カブは飛騨が有名ですが、美濃でも作っている方がいて店頭に並びます。
我が家も赤カブを漬けることもあります。見た目綺麗に仕上がりますね。 delicious

アブラナ科なのですね。
カブも育てたいのですが、開墾しないともう種をまくスペースがありません。
カブの煮たの優しい味ですよね!(゚▽゚*)

pencilhikobae様
じっくり煮込んだ大根、とろけるほど柔らかになった蕪、それぞれに美味しいですね。
蛸の足先を切る人が私だけじゃない、お仲間が居るって何だかホッsmile


pencilyasu様
蕪の煮物は優しい味ですね…「赤カブ検事」じゃないけど私も赤カブ漬けが大好物delicious


pencilMONA様
大根とはまた違う柔らかで優しい煮物に仕上がりますね、蕪は漬物も好きですsmile

ほっこりする優しいお料理だわ
とっても、美味しそう^^@
甘くてとろっとして幾らでも食べられますね
私は塩漬けした蕪も大好きです。

pencilチーちゃん様
煮るとトロッと崩れるほど柔らかくなり美味しいですね、浅漬けや糠漬けも好きですsmile

息子が大根は好きですが、蕪は苦手のようです。
「柔らかい食感が嫌」だといいます。
大根のように皮を厚く剥くと、蕪はとても小さくなるでしょ。
そんなことできないからそれなりに剥くと、「食べたときの外側と真ん中の硬さが違うのが気になる」そうです。
お皿によそって出せばなんとか食べますが、喜んでという訳にはいきません。
大根も柔らかく炊いてるのですが、わけの分からない敏感さに困ります。

pencilMOM様
たしかに蕪の煮物は皮を厚く剥かないと皮筋が口中に残って気になりますね、でもトロッと煮込まれた蕪は優しい味ですけどcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐怖症もいろいろ | トップページ | 舌裏の口内炎 »