« 野菜高騰の余波 | トップページ | ハロウィンの飾り? »

2016年10月26日 (水)

チダイのムニエル

fish美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

日本には、名に“〇〇鯛”と付く魚が数多くあります

じつは、その殆どは鯛科ではなく、所謂『あやかりタイ』coldsweats01

.

今回使った“チダイ(血鯛)”は値段も大きさも手頃ですが正真正銘の鯛

魚体こそ真鯛よりは小形ですが、秋は真鯛より味がいいんです

見た目は幾分小型の真鯛、なので詳しくないと間違えます

.

真鯛の時季は春で、のっこみと言って浅瀬に集まってきますが、チダイは20~100mの深場を好んでいることが多いそうです

.

時季の真鯛の雄の頭にはコブが生じて明らかに雌雄の別が分かります

この雄のコブが真鯛の特徴といえるのですが…チダイとの区別が出来るでしょうか

さらに真鯛なら尾鰭の後ろ縁が黒いのですが、チダイは尾鰭全体も赤い

そして、鰓蓋の縁に血の滲んだような帯が見られて、これが名の由来とも言われます

.

連子鯛や花鯛のように小さいのは、折詰めなどに“尾頭付き”として、デ~ンと納まっていることがありますね。

ただ、チダイはちょっとした真鯛と見紛う大きさにもなるので、小型折詰の尾頭付きには滅多に使いません

.

塩焼きや煮付けで食べますが、漁れたて新鮮なら刺身もお奨め

簡単で美味しいのはムニエルでしょうか

Photo_2

炊き込み飯も美味しいのですが、骨がコワイので三枚におろし小骨を取ってからの方が無難。

焼いた粗骨で出汁を取り、半身は削ぎ切りに、あと半身はそのまま乗せて炊き込みます。

骨を取ってあるので安心して食べられる“鯛飯”です

.

余談ですが、折詰めに入っていて、冷めて味の落ちた“尾頭付き”は煮浸しにすると美味しく復活します

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 野菜高騰の余波 | トップページ | ハロウィンの飾り? »

コメント

とてもいい色に焼けて美味しそうですね。
付け合わせのお野菜も丁寧にされてますね。

タイの種類、よく分かりません。
教えて頂いて有難うございます。

いいお天気、ジムに行って来ます。

pencilけいこ様
昨日あたりの肌寒さと打って変わって夏に近い好天、空高くなり何を食べても美味しいdelicious

昔は祝い事があると必ず鯛の尾頭付きでしたね。
こんなにも種類があったとは・・sign02
ば~ばさんの美味しそうな料理を見ながら、鯛をしばらく食べていないことを思い出しました。
以前料亭で食べた鯛の刺身はさっぱりした味で美味しかった事を思い出しました。
鯛はタイでも、ありがたい・あやかりたい・もいいですね・・coldsweats01

pencilyasu様
秋から冬は真鯛より“あやかりタイ”の金目鯛や甘鯛が旬…金目は高いけど美味しい!delicious

お魚、しばらく食べたくないと思っていたけれど、オイシソ~(゚▽゚*)

pencilMONA様
旦那様の大釣果で同じお魚が続かれたのでしょ、飽きちゃうような羨ましいようなsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 野菜高騰の余波 | トップページ | ハロウィンの飾り? »