« 三笠宮様のお言葉の重み | トップページ | 自己陶酔?の政権 »

2016年11月11日 (金)

新蕎麦

noodle美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

そろそろ新蕎麦が食べられる季節ですね

蕎麦はそのまま蕎麦米として雑炊やスープなどで食べることもありますが、挽いて粉にして伸して細く切った“蕎麦切”で食べるのがポピュラー

細い太いは別に、手打蕎麦が特に香り良く美味しいのもこの新蕎麦の時季

.

粉を熱湯で練り混ぜ汁に浸して食べる“蕎麦掻き”、“蕎麦煎餅”や“蕎麦クレープ”という食べ方もあります

.

蕎麦は世界中で栽培され食べられていますが、原産はシベリアからインドに至る辺りと思われます。

日本のように麺類にして食べるのは、フランス、イタリア、中国、韓国、北朝鮮、ネパールなどですが麺の製法はそれぞれ。

韓国や北朝鮮では冷麺のような(トコロテン式に)押し出す法

イタリアは、のし棒で成形するピッツォッケリなど

麺のように食べるほかでは、団子状や腸詰…茹でるほかに焼くことも

.

栄養的にはルチンが知られますが、蛋白質はアミノ酸スコアと必須アミノ酸が豊富

ただ、アレルギー物質も含むので特定原材料として使用の表示が義務付けられています

.

つなぎを使わずに打った新蕎麦の香りは喉にも鼻にも美味しい

Photo_2

.

小林一茶は、晩年を故郷・信州に戻り、蕎麦の句をたくさん詠みました…数種ご紹介しましょう

蕎麦の花 江戸の奴らが何知って

故郷や 酒はあしくも 蕎麦の花

蕎麦どきや 月の信濃の善光寺

信濃では月と仏とおらが蕎麦   (一茶)

各地に蕎麦の名所があるくらい日本人は蕎麦好きです

蕎麦だけで際限の無いくらいのメニューがあるそうです

太いの細いの、暖かいの冷たいの、乗せる具材も…好みがそれだけ分かれるのが蕎麦

.

そして、何と言ってもこの一年を“年越し蕎麦”で締めくくるお国柄です

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« 三笠宮様のお言葉の重み | トップページ | 自己陶酔?の政権 »

コメント

麺類なら何でも好きですが、中でも 日本の蕎麦が一番好きかなdelicious

うどんがすき
そばがすき
ラーメンもすき
メン類はみんなすき
そんなわけで
シクラメンもすき

星野富弘さんの詩画集にある詩です。
私も同じ気持ちです。


我が家でも年越し蕎麦は欠かせません。「行く年くる年」を見ながら準備して、除夜の鐘をききながら頂きます。 息子たちもそれを目当てに帰ってきます。

去年今年貫く棒の如きもの 高浜虚子
年越しにはいつもこの句のことを思います。

pencilhikobae様
私も麺好き、メンついでにイケメンも好きcoldsweats01
お盆が過ぎたと思ったら、もう歳末が目の前…年越し蕎麦を食べて正月~1年が早いcoldsweats02

ほんとにお蕎麦は嗜好品
お店によってそのお味は違いますもんね
我が家の若夫婦もお蕎麦大好きです^^@

年越し蕎麦かぁ、もうそんな時期なんですね~

pencilチーちゃん様
隣県が蕎麦処・山形、車で蕎麦街道へ~なんて羨ましいです、蕎麦OKになり嬉しい年末よhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三笠宮様のお言葉の重み | トップページ | 自己陶酔?の政権 »