« そして誰も居なくなった | トップページ | 男気の薩摩っぽ逝く »

2017年3月30日 (木)

青柳と若布の芥子酢味噌和え

bottle美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい。

.

大好きな牡蠣の季節は終わりますが、多くの貝類は春が旬

.

色合いの綺麗な剥き身で売られている青柳”は、貝柱も舌(脚)も美味しく人気があります

この青柳は希少な『江戸前』資源の一つで、外洋と内湾の潮が交わる千葉県・富津岬の辺りが主産地

近くに青柳という地名があることからも、ここが昔からの産地だったと思われます

.

ところで“青柳”というのは関東での通称で、本名は「馬鹿貝」と言うんです

エッ、ウソ~sign02

馬鹿貝が本名だなんて…多くの方はそう思われるんじゃないかしら

でも、ホントなの

.

馬鹿貝は、いつも口(殻)を開けて赤い舌(脚)をダラ~ンと出して、いかにも口許が締まらなく見えるので、其の名が付いたと言われますが~

…というのは俗説で、実は潮の干満や砂地の変化に敏感で、すぐに棲息場所を移動するから“場替え貝”と言われ、それが転訛してバカ貝になったとの説が有力です

また、殻が脆く壊れ易いので“破壊貝”が転訛したという説もあります

馬珂貝とも書きますが、店頭では通称の“青柳”で売られているはず

.

青柳の舌(脚)は、仄かな甘味があり、サッパリとした味と歯応えで刺身や寿司種にすることが多いです

この脚は赤っぽいのが雌、白っぽいのが雄といわれますが味は同じ

サッと霜降りにしてヌタにしても美味、酢の物にもいけます

豆腐と小鍋に仕立てるのも美味しいですよ

.

青柳には貝柱が2個あり、大きい方は「大星」小さい方は「小星」と呼ばれて、どちらも珍重されます

生で美味しいのは勿論ですが、椀種や混ぜ込み飯にしても美味しい

ただし、火の通し加減が難しく、火を通しすぎると硬くなり味を損ねます

人気なのは掻き揚げで、天婦羅職人は「アラレ(青柳の貝柱)の掻き揚げ」が上手に揚げられて一人前だそうです

.

Photo

刺し身盛りの青柳を買ったので、添えてある大根のカツラ剥きも活用しました

大根のシャキッと、若布の風味、そして青柳のネットリした食感が、芥子酢味噌で一体に

細切青シソの香りが爽やか~酒肴にすれば酒が進みそう

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます。

« そして誰も居なくなった | トップページ | 男気の薩摩っぽ逝く »

コメント

青柳の本名は馬鹿貝(場替貝)ですか。
馬鹿じゃなくて環境に敏感だったのに可哀そうな名前ですね。

植物にもありますね。屁糞葛には早乙女花という可愛い別名があります。灸花とも言われます。

「そして誰もいなくなった」 見たかったのに 見逃しました。残念!

pencilhikobae様
バカ貝が訛りで場替貝が本名なのでまだいい方?
屁糞蔓や大犬の陰嚢(ふぐり)なんてそれが本名だから可哀想…オオイヌノフグリには瑠璃唐草とか星の瞳なんて素敵な別名があるのにねsmile

だらっと舌を出しているから馬鹿貝なのかと思っていました。(^-^; 
でも、青柳という嫋やかな名前も貰っているのだからいいですよね!?

はじめまして。

じーじ様の闘病ブログから見させて頂いております。
私の父は下咽頭癌でした。
ただ、じーじ様の様にはキチンと生きてくれていたのかと思うと違いますね。

母が肝臓癌で亡くなり、その後は寂しさからなのかアルコールに溺れるようになり、わたしは止められなかった。
私には兄姉妹は居ますが皆県外(東京と滋賀。私は山口県です)でそれぞれ仕事と家庭を持ち、「お願い」とは、言いづらい状況でもありました(昔から面倒を掛けていたこともあります)
母が亡くなったあと、私は嫁ぎましたが子供は出来ませんでした。

今、思えばそれも良かったのか。

父は2014年7月に郭清術を受け、声を喪い、それでも頑張って共に生きてくれました。その後2015年10月に食道癌の診断を受け、2016年5月に亡くなりました。
夫が「一緒に暮らそうよ」と言ってくれ、
2014年10月(父の退院で帰れる時に)より短かい時ではありましたが共に生活出来ました。
今年の5月で父の1周忌を迎えます。

ばーば様のブログ、楽しみに見ていました😃
じーじ様のお話、かなりタメになりました。

良い情報を有り難うございます。
情報を活かすも殺すも自分次第ですもの。

これからも楽しく見させて頂きますね🙇⤵

私は反対です。
バカ貝という名を知ったのが先で、青柳という名は後で知りました。
夫は晩酌を夕食のおかずで飲んでくれるし、息子も私もお酒を飲みませんから酒肴と言うものは殆ど作りません。
だからば~ばさんが作られる一品が珍しいです。

pencilMONA様
植物にしても命名の?多いですね、通称が粋でヨカッタcoldsweats01


pencilゆんゆん様
長いこと読んで頂いているそうで本当に嬉しいです
夫が逝って6年経ちます…当初は独りでどう生きていけるか不安で一杯でしたが、天井灯交換も温水便座交換も根性を決めて遣ったら出来ました…独りに慣れたのでしょうか
寂しさは薄れることはありませんが、生きていけてるって不思議ですよね

末期の病状を耐えられる強い精神力が私にあるのか、いつも自問しつつ夫のように最後に周りの人に「ありがとう」と言って逝きたいと思っています~が

春本番になりますが、寒の戻りがあったりしますので、どうぞご自愛くださいませね
コメントを書き込んで頂いて感謝致しますconfident

pencilMOMサマ様
反対って、ビックリしましたが名前を知ったのが逆だったのね
バカ貝(本当は場替貝)はひどいと青柳が通称になってますが、これが本名でイイですよねsmile

おはよう^^
スーパーでは青柳で売ってますが
この辺ではバカ貝と言った方が分かりやすいです^^;
磯臭いから嫌いと言う人もいますが、美味しいよね。

今日は曇り空、昨日より寒いです^^@

pencilチーちゃん様
青柳って呼び名はバカと言う言葉が問題になってから広めた通称なので馴染みが薄いですね…春は貝類が美味しいよね~delicious

馬鹿貝の由来が分かり、ここへお邪魔した貝じゃなかった甲斐がありました。(笑)
くだらないおやじギャグばかりが脳裏を支配しますが・・大丈夫でしょうか?coldsweats01

子供の頃潮干狩りに行き大きな貝を見つけ拾って来ると、それは馬鹿貝だから不味くて食べられない・・という伝説を信じ切っていましたが、青柳などという素晴らしい名前でデビューしているんですね。(小生のような歳になると、何処かできっと食べているはずですが、思い出せない)(゚ー゚;

pencilyasu様
(貝⇒甲斐good)、我が夫の“オヤジギャグ”連発に娘や息子は無理に笑わなきゃと顔が引き攣ってました…でも、私はオヤジ&オバンギャグに大歓迎+大賛成=平和です
きっと何処かで召し上がった美味しい掻き揚げには小柱が入ってましたよhappy01

こんばんは。

記事とは関係ない、自己語りであったのに、
お返事下さり有り難く思います。

どうかば~ば様もお身体ご自愛下さいませ。

「美味しく食べたい」大切ですね。

これからもじっくりまったりとば~ば様のブログを読ませて頂きますね😃

有り難うございます。

pencilゆんゆん様
ありがとうございます
これからも記事と関係なくても話したいこと、気付かれたことなど聞かせてくださいねhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして誰も居なくなった | トップページ | 男気の薩摩っぽ逝く »