« モリかカケか | トップページ | 初抜歯で初ブリッジ »

2017年6月21日 (水)

淡竹煮物

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

春の味覚・孟宗竹が終わり、筍の味が恋しくなる頃から赤茶色の皮に包まれた細身の淡竹が出てきます

淡い味わいから淡竹の名が付いたと言わます

淡竹と書いて“はちく”と読みますが、破竹と書くのは誤用です

因みに破竹は「竹を割るほどの勢い=破竹の勢い」と使います

.

中国原産で黄河流域に広く分布、日本では北海道より南のとくに日本海側に多いようです

孟宗竹、真竹に次いで良く見られます

.

淡竹は甘味も苦味も薄ですが、その分アクも少ないので掘り立てなら生食も出来ます

茹でる場合も特に米糠を入れなくても大丈夫

皮付きで茹でてもイイのですが、嵩張るので皮は剥いて茹でて構いません

.

孟宗竹や真竹のように、炊き込みご飯や煮物、揚げ物、炒め物と用途広く活用できます

明太子マヨを塗って焼くのも美味しいのですが、今夜はシンプルに煮物です

Rimg0003

.

メンマとして煮て瓶詰保存も出来ますし、塩漬けも、干しタケノコも

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« モリかカケか | トップページ | 初抜歯で初ブリッジ »