« モロヘイヤの『だし風』 | トップページ | 高部の塩焼き »

2017年8月30日 (水)

明日は野菜の日

restaurant美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

明日、8/31日は、8・3・1(やさい)で“野菜の日”だそうです

野菜のよさを見直してもらおうと、1983年9月に食料品流通改善協会や全国青果物商業協同組合連合会など9団体が制定しました

.

この時期はまだ残暑もあったり、夏バテで食欲がなくなっている方も居ますね

しっかり野菜をとって元気に秋を迎えたい気持ちを込めて、“野菜の日”に野菜たっぷり料理を

.

夏は葉・実野菜の季節、そしてこれから秋本番に向けては根野菜の時季

そんな、端境期に、夏野菜の名残いっぱいの「ラタトゥイユ」は如何でしょう

.

トマト、茄子、ピーマンなどの夏野菜に、玉葱ニンニクなどを加えた野菜メインの料理

あくまで野菜は参考まで、お好きな野菜や冷蔵庫にある野菜でどうぞ

スッゴク簡単で、たくさん煮込むとパスタやリゾットにも応用できる、夏の終わりの優しい一品です

翌朝に冷蔵庫で冷えたのをトーストに乗せて食べるのは、ハマります!

冷蔵庫に残る野菜、お好きな野菜…なんでも構わないのですが、ニンニク微塵切りとトマトは是非!

.

ニンニクを炒め、切った野菜を順に入れて、あればブーケガルニ(ロリエ&セロリ&パセリの茎の束)を入れ、塩・胡椒を少々で調味

40分ほど煮込みます

Photo_2

明後日から9月、秋らしく、野菜室もこざっぱりして次の旬の味を迎えましょう

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« モロヘイヤの『だし風』 | トップページ | 高部の塩焼き »

コメント

かき揚げにしたり煮物にしたり野菜炒めにしたり冷蔵庫を一掃することあります
こんな時、意外な味に出会ったりしますね
納豆のかき揚げ辛子醤油で食べた時はけっこう感動しましたsign01delicious
冷たい「ラタトゥイユ」は素麺に良さそうですね
あっ…お腹すいてきた…๑→ܫ←p~♥
いろいろ工夫して夏野菜を無くして…秋に備えることとします
又、秋の旬の食情報楽しみにしています~♪

penciltime様
独り暮らしだと袋入りの野菜が残りますね、早く使わないと~と思ってもどんな料理で?…そんな時はラタトゥイユのような決まった食材じゃなくても作れるのが助かります、素麺にもイイねhappy01

冷蔵庫で冷やした「ラタトゥイユ」
サッパリ頂けますね^^
私も食べたくなって野菜室開けたら
何にもなかった・・・体調不良で買い物も出来なくて・・・
嗚呼、残念(ーー

実りの秋、美味しい季節が来るね。

pencilチーちゃん様
体調がすぐれない日が続くと食料が~ね、私は独り暮らしだから買い物しないと飢え死に?coldsweats01

お久しぶりです。

そうですか、今日はやさいの日なのね。
今日のお昼はモロヘイヤのお浸しを食べました。
ラタトゥイユは夏野菜がいっぱいとれますね。

近くの友人がお得意で何時も頂いているばかりです。


pencilけいこ様
私は残ったラタトゥイユと素麺でパスタ風に、けっこうイケました…モロヘイヤやオクラや長芋などのネバネバは夏の間は毎日何かしらの形で摂ってますsmile

なるほど~831(ヤサイ)の日なんですね! 
私は、このところ、ニク!ニク!になっています。 
野菜も十分摂ってます。
代わりに、ご飯を食べなくなりました。
今日はどうしても食べたくなって、私だけ焼き鳥をつくりました。
夫は鶏が苦手なので・・・ 
塩だけで焼くとサッパリ!

pencilMONA様
暑くて体力が失われたからでしょうか、魚好きの私も肉が増えました(昨日は久しぶりに魚でしたが)…台風の過ぎた後にちょっと暑さが戻りそうですが、9月ですもの~秋らしくsmile

野菜の日って何時からあるのですか?
知らなかったです。
野菜は読めますが、無理やりな感じのものもありますね。

来客の時にラタトゥイユは作り置き出来るので便利な一品になりますね。

pencilMOM様
1983年に制定とありますから35年も前ですね、語呂合せの記念日はたくさんありますが古い方かな??…ラタトゥイユは作り置きしてリメイクも出来るので重宝ですねsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モロヘイヤの『だし風』 | トップページ | 高部の塩焼き »