« 東京に居て東京土産げ | トップページ | 無花果の生ハム巻き »

2017年9月11日 (月)

シメジの和風スープ

riceball美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

『香り松茸 味シメジ』と昔から言われていますが、松茸が香りならシメジは味で勝負です

.

湿った土地を好むので“湿地(しめじ)”と言われていましたが、実は乾燥している土地の方が好みのようなんです

一面に生えるから“占地(しめじ)”だと言う説もありますね

.

千本シメジ、百本シメジ、大黒シメジ、株シメジ…と種類も多いです

最近は、白いシメジも登場して人気が出ていますね

.

天然物は雑木林(広葉樹林)か、松の混生樹林に沢山が一株になって生えます

軸は白くて下部がふくれているのが特徴

.

近年は栽培が盛んで、通年、店頭に並んでいますが、いまが旬に入る天然物の味は格別のようです

傷み易くて輸送が難しいから、都市部ではなかなか手に入りませんが、山間部の“道の駅”などに出ることがあるようです

機会があったら是非天然物のシメジを味わってくださいな

.

他のキノコ同様に、吸い物、炒め物、焼き物、煮物、炊き込みご飯、酢の物やサラダなど使いみちは多様

栽培物シメジでも充分に美味しく思える私、最近のお気に入りは和風のスープ仕立て

Photo_5

油揚げ、エノキ茸などと出汁醤油で

チョ~簡単!、しかも疲れた胃にも優しい味です

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 東京に居て東京土産げ | トップページ | 無花果の生ハム巻き »

コメント

おはようございます。
茸のシーズンになりましたね。シメジスープ美味しそう!
ば~ばさんの作られるメニューを見るとつい食べたくなり時々真似をし挑戦してみるのですが・・味の方は足下にも及ばないです・・coldsweats01

pencilyasu様
かつて昼神温泉の朝市で数種の天然茸を買いました、野性的な濃い味のキノコ~懐かしいhappy01

シメジのスープ、胃に優しそう~^^
味噌汁やお吸い物やご飯には欠かせませんね
孫たちが好きなのでシメジは常備してます^^

天然シメジは食べたことないですが
見かけたら購入して食べたいです。

実りの秋になりましたね^^@

pencilチーちゃん様
シメジは食感も良く使い易くて重宝ですね、ハウスのキノコ類は価格が安定して助かりますhappy01

キノコの季節ですね~(ღˇ◡ˇ*)♡
いろいろなキノコと油揚げの炊き込みご飯を作ります
そしておすすめのこのきのこスープを作る事にします~♥♬
キノコづくしです…(ღˇ◡ˇ*)♡
今は一年中食べれますが…季節だからこそ幸せです~♪

penciltime様
年中食べられるようになりましたが秋のキノコは別…季節感です、キノコ尽くしはイイですねhappy01

夫も”香り松茸、味しめじ”を喜びます。
高価すぎて、家族も特に喜ばないので松茸を買うことはありません。
この季節に和の外食をするとほんの一切れ入っていますね。
薄い一切れでは味も香りも分かりません。

私はえのきとマッシュルームが好きです。

pencilMOM様
松茸の香りイイことは分りますが、値段を考えたら香りと値段が“=”かな~?、それより好きなキノコをたっぷり存分に味わえるのが庶民の秋の楽しみかなぁcoldsweats01

天然シメジ、美味しそうです! 
でも、クマと遭遇したくないですものね。
栽培もので充分です。
キノコ汁、つくってみます。

pencilMONA様
熊も怖いし、毒キノコの判別も自信ないし~リスクが大きいので売り場のキノコで充分ですcoldsweats01

きのこ大好き、嬉しい季節になりました。
2~3種類の茸を切らしたことはありません。
この時期だけのヒラタケが生協のタカログにそろそろ載る頃かと楽しみです。
ヒラタケって、天然物のシメジのことかしら? 栽培もされているんでしょうね。

シメジの和風スープが美味しそうです。
みそ汁に使ったりしますが、たまには和風スープが良いかもね。

pencilhikobae様
ヒラタケ、優しい味で美味しいですよね~栽培もされてますが、いまの栽培キノコは個々の風味がありますね…スープは数種のキノコを使うとより旨味が出ますdelicious

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京に居て東京土産げ | トップページ | 無花果の生ハム巻き »