« 隼人瓜味噌漬け | トップページ | コールラビの炒め物 »

牡蠣のオーブン焼き

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

これから、大好物の牡蠣がどんどん美味しい時季になります(嬉しい~)

.

牡蠣の主栄養素は、グリコーゲンやコハク酸、アミノ酸の一種・グリシン

あの『グリコ・キャラメル』の名コピー「一粒で300メートル」の原点です

グリコの創業者が牡蠣から抽出したグリコーゲンをキャラメルに加えて、『グリコ』と命名

疲労回復・体力増強を、あの名コピーとランニングする男性キャラとで、広くアピール

.

海のミルクとも言われる完全食品“牡蠣”は、そのグリコーゲンをたっぷり含みます

ほかには、ビタミンA・B・Cも豊富で、牡蠣を100g食すと、一日に必要な蛋白質の2/3、カルシウムの1/3、リンは全量、鉄分やヨードは4倍も摂取出来るんですって

さらには、中高年には欠かせないタウリン、生活習慣病予防や視力向上を助けると

牡蠣好きで良かった~

.

こんなに優秀な食品ですから、各国で古くから愛されているのも分ります

ヨーロッパでは、牡蠣を求めて戦が起きたとまで言われているんです

シーザーも、ナポレオンも、大の牡蠣好きだったそうです

それが、後世で彼らの侵攻が「牡蠣を求めて故」との一説を生んだのも頷けます

シーザーやナポレオンが牡蠣好きなら、彼らの愛人・クレオパトラやジョセフィーヌも牡蠣を食したに違いありません

美しく若さを保った美女は、牡蠣を食べなくっちゃ

.

日本でも、牡蠣は縄文時代から食され、貝塚から牡蠣殻が沢山出土しています

奈良時代に、天女のような美人と言われた允恭(いんぎょう)天皇の后の妹・衣通姫(そとおりひめ)は、伊予の国(愛媛県)に流された恋人を想い

夏草の あいねの浜の 蠣貝に 足踏ますな あかして通れ

と、『古事記』に詠っています

自分は行ったこともない伊予の国が牡蠣の生息地で、岩場に牡蠣殻が張り付いていることを、宮廷に居ながらにして精通しているほど、すでに牡蠣は献上され貴族に好まれ食べられていたんですね

平安時代には、貴族は牡蠣の産地にまでこだわり、伊勢の国(三重県)から王朝に献上させたと文献『延喜式』(927年)に記載があります

.

牡蠣には柑橘の酸味が良く合います

柑橘類のビタミンCやクエン酸は、牡蠣の味を引き立てるだけでなく、栄養の利用効率を高める素晴らしく理想的な組み合わせです

.

牡蠣のフライやパン粉焼き、酢の物、ベーコン巻き焼き、土手鍋…どう食べても美味しい

昨夜は牡蠣のオーブン焼きで

Photo_4

潰して粗微塵に刻んだニンニクと塩、黒粒胡椒・酒でサッと下味を付け、200℃のオーブンで10分

牡蠣の殻があったので、それに盛ってみました

たまたま殻付き牡蠣を生食した時の殻…取っておいて良かった~豪華に見えます

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 隼人瓜味噌漬け | トップページ | コールラビの炒め物 »

コメント

山育ちで、牡蠣を食べたことが無い。
就職した都会で、初めて牡蠣フライを食べた時、ん なにこれ、駄目だ~と・・・

でも、いつしか慣れて、フライ以外は美味しく頂いてます。

<グリコの創業者が牡蠣から抽出したグリコーゲンをキャラメルに加えて、『グリコ』と命名> そういうことだたんですねぇ。

hikobae様
私は海産物で育ったようなもので海の物は何でも好きですが、とくに貝類が大好きです
子どもの頃は岸壁に棲息する牡蠣やウニを男の子たちに命じて獲らせた“ガキ大将”でした

牡蠣は古代から食されていたんですね。
栄養素の語源や歴史的なエピソードまで知ることが出来、古びた脳細胞の知恵袋引き出しに収納出来ました・・(ただしいつまでもつのかな・・?)(笑)

牡蠣の想い出は、息子が大学生の時、シドニーの大学に交換留学していた事があり、半年ぐらい経った頃、息子の安否を苦にして訪ねて行った事があります。(親バカですね)(゚ー゚;
その時に息子の案内で連れてって貰ったフイッシュ・マーケットで生牡蠣にレモン汁を掛けて食べた"フレッシュで美味しい"あの味が今でも忘れる事が出来ません・・美味しかった~ 

でも、若い頃から牡蠣のフライが好きでのつまみによく食べておりました。

yasu様
海外のオイスターバーでは、殻付牡蠣がバケツのような器で供される所がありますね
牡蠣の産地で新鮮なのを頂くと、本当に古今東西で愛された貝なんだと思います

グリコのキャラメルに牡蠣のエキスが? 
初めて知りました!w(゚o゚)w 
牡蠣に当たった・・というより、私の体調が悪かったのだと思いますけど、その記憶も、ばーば様の記事で帳消しになりそうです。
また当たるまで、食べてみたいと思います。(゚m゚*)

MONA様
キャラメルに牡蠣エキスが直接入っているわけではありません、牡蠣から抽出されたグリコーゲンと言う栄養素を精製して…ただ、現在はグリコーゲンは他の形でも生成出来るようです

牡蠣好きですね~(ღˇ◡ˇ*)♡
大人になってから生牡蠣が食べれるようになりました~♥♬
大人になると場によっては好き嫌いが言えない集まりなどあって
山のように積まれた生牡蠣に気が卒倒しそうでしたが
レモンをたっぷりかけて目をつぶって食べて見たら
あら!?…食べれる…これ食べれるかもしれないなんて大牡蠣十粒も食べてしまいました
でもね…夫が無くなってから味覚が子供返りして…生が弱くなりました
今は、フライや炊き込みなどにして食べてます…大好き~(๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧

time様
寒くなるのは苦手ですが、牡蠣や鮭など好きな海産物の時季なのは嬉しいです
プリッとした生牡蠣をレモン汁で食べるのが大好き、燻製も好き…どうやっても好きなんだわ

夫が牡蠣好きです。
週に1回牡蠣フライにしてくれてもいいよ、と言います。
娘はレモンを絞った生牡蠣を食べられます。
私はムール貝は大好きなのに牡蠣は苦手です。
ムール貝は日本では高くて思い切り食べられません。

MOM様
私はムール貝も牡蠣も、貝類はどれも好きです…生牡蠣はムール貝より高いけど鮮度命で

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 隼人瓜味噌漬け | トップページ | コールラビの炒め物 »