« コールラビの炒め物 | トップページ | ハロウィン用の使い難い器 »

2017年10月29日 (日)

6年経っても

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

10/30日は夫が逝った日、あれから6年が過ぎ明日から7年目

.

命日を前に、いろいろな方からお線香やお花などが届いて、ずっと忘れずに居てくださるお気持ちが嬉しくて

そして、多くの方に親しまれた夫を改めて想い偲んでいます

.

七回忌は家族の集まり易いお盆に、家族だけで墓参し食事して済ませました

台風が来る前の昨日は、私独りで久しぶりに夫も好きだった【植むら】で“偲ぶ日”を

Rimg0002

.

6年経ても、あの夜のことは昨夜のことのようにありありと思い出します

他のことはいろいろ忘れっぽくなってたり、他人の名が直ぐに出て来なかったりするのに

.

夫への想いも寂寥感も募りはしても、薄れはしません

涙することは少なくなったし、想い出も哀しみより懐かしい愛しいものになったようです

ただ、睡眠がコマギレ、1~2時間毎に目覚めるのが習慣になってしまって

.

夫が在宅中は、苦しみ出すと咳き込み血を吐き過呼吸にもなるし、夜中だろうと何時だろうと寸時も気が抜けなかったから

就寝していても脳の片隅は覚醒していたのかも知れません

いまでも、夜中に何度も眼が醒め、意識が微かな音を捜します

捜してる音は無音の闇の中の微かな寝息…もう聴けないと分ってるんですが~

.

微かに穏やかな寝息が聞けた時の嬉しさ

苦しまずに眠っていてくれる時間が何よりの安らぎでした

いまでも、夜中に目が醒めて、つい夫の寝息を捜し…

何の音も無いことに「だよね~違う世で寝てるんだよね」と寂しい納得

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« コールラビの炒め物 | トップページ | ハロウィン用の使い難い器 »

コメント

七回忌だったのですね。
ご主人さまの看病、大変でしたね。
就寝中も心配で気の休まることが無かったのですね。
ご主人さまは ば~ばさまのことを 嬉しく、有難く思っていらっしゃったことと思います。
今も、ずっと見守っていらっしゃいますよ。

何年たったから・・・という事はないですよね。
でも、懐かしく想いだすことが多くなって良かったです。
楽しく、元気にお過ごしなさって、ご主人さまを安心させて下さいね。

その時の辛いお気持ち、今も引き続いているのですね。
少しずつでよいから、薄らいでいくようにと祈っています。

7年と聞くとそんな長い時間を過ごしてらしたんだなあと感慨深いです
ば~ばさまはいつも凛としてらっしゃいますね…
淋しさも心切なさも自分で抱きしめていくしかないですものね
ば~ばさまはご家族がいらっしゃるから頑張りすぎないで、
体調の悪い時は少し甘えてみるのも良いと思いますよ…(ღˇ◡ˇ*)♡
食いしん坊同盟の同志と思ってましたが、持病持ちの同志でもありますね
神さまに呼ばれるまで頑張りましょうか…お互いに~*´◡‘


hikobae様
見つかった時はすでに末期で手術も放射線も出来ませんでしたが、横にもなれず食事も出来ずでも頑張っていましたから“お手本”です


MONA様
亡くなった直後はかなり取り乱しましたが、やっと泪から卒業できたようです


time様
食いしん坊&持病持ちのほか、秋に夫を癌で送ったのも共通点…お互い秋は寂寥の季節
今秋はやっと秋らしい晴れが続きそうですね、秋の味覚と紅葉を楽しみましょう

七回忌、早いですね~
あの時のば~ばさんの気持を想うと、今でも胸が痛みます
辛かった事切なかった事は、なかなか忘れられませんものね
それを、温かい思い出に変えて日々を過されるば~ばさんは
本当に素敵です☆
これからも、無理せずマイペースで楽しく過ごして欲しいな、と思います^^@

チーちゃん様
直後は自分を見失って取り乱していましたが、時は思い出を愛おしく優しく替えてくれますね

私も叔母がなくなって12年目に入ります。
亡くなった時の悲しさは自分の想像を超えるものでした。
今は、あの時にこうしていればと後悔ばかりです。
叔母は突然死でしたから看病する暇もなかったので、育ててもらった感謝の言葉も伝えられませんでした。
それが一番つらいことです。

辛かったことも楽しい思い出に変われば、少しは慰めになりませんか。

MOM様
私の父も若くして突然死でした、急に逝かれると受け止めるまで時間が~母の時は「親は先に逝く」と受け止められましたが
夫の死は未だに哀しみも寂しさも薄れません…楽しい思い出に変わることは無いでしょうね

時の流れは速いですね。 もう7回忌だったんですか、その間最愛なるご主人さまとの思い出が走馬灯のように流れた事と思います。
まだそこにいらっしゃるのではないかと思う気持ちも心情も、またご主人様に大事にされていた事も、この文面から伝わって来ました。
辛いと思います。 
寒くなるこれからの季節お互いに健康に留意し頑張りましょう。

yasu様
寂しさは消えることは無いと思いますが、想い出は悲しいと言うより愛おしい懐かしさになってきました…急に冬が来て体も慌てますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コールラビの炒め物 | トップページ | ハロウィン用の使い難い器 »