« 家族の新年会 | トップページ | 河豚皮とキュウリのポン酢 »

2018年1月 7日 (日)

七草粥

bud美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

正月料理を食べ過ぎて、少し疲れ気味の《胃》には、7日の朝の“七草(種)粥”が嬉しい

Photo_5

せり なづな ごぎょう はこべら ほとけのざ

すずな すずしろ これぞ七草 

南北朝の歌人・四辻左大臣が詠んだと言われます

昔は春に野に出て、やっと芽を出した野草を摘むのが貴族たちの楽しみだったんですね

また、七草の行事は「子(ね)の日の遊び」とも呼ばれ、正月最初の子の日に野原に出て若菜を摘む習いでした

清少納言の『枕の草子』にも「七日の若菜を人の六日にもて騒ぎ……」とあります

.

七草には、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという意味もありました

もっとも旧暦の七草はいまの2月下旬、若草もたくさん芽を出していたでしょうから

いまでも、7日に若い野草で粥を炊いて食べる“七草粥”の習慣は残っていますが、その前日に粥に入れるための摘み草をすることは無くなりましたね

その代わり、近年ではデパートやスーパーで七品揃えのパック入りが売られていて、これが好評

.

諸説ある“七草粥”の習慣ですが、どれが正解かは確定されていません

  • (せり)=水湿地を好む多年草で香味が強い
  • ナヅナ=生長したものは“ペンペン草”と呼ばれる越年草
  • 五形(ごぎょう)=母子草とも言い、葉は白いフェルト状の毛に覆われていて、味は~イマイチ?
  • 繁縷(はこべら)=ハコベとも言い、産婦の乳の出が良くなると言われます
  • 仏の座(ほとけのざ)=菊科のタビラコのこと
  • (すずな)=鈴菜とも、いまでは蕪のことを指しますが、江戸時代までは水菜や京菜のことと言われていました
  • 蘿蔔(すずしろ)=大根のことだとされています

この7種の野菜を刻んで入れた粥を七草粥といい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる習慣

.

基本的には、前日の夜に七草を俎に乗せて、囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れます

囃し歌は鳥追い歌に由来し、これは七草粥の行事と豊作を祈る行事が結び付いたもの

歌詞は「七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタクサ」など地方により多少の違いが

江戸時代には武家や庶民にも七草粥の風習が定着

幕府は公式行事として、将軍はじめ全ての武士が七草粥を食べる儀礼を行っていたそうです

.

七草の主旨には添わないでしょうが、卵で閉じると食べやすくなりますね

ちょっと青臭いような、萌え出たばかりの緑の香りが、子供の頃に原っぱの叢に寝転がったような懐かしさ…胃に優しい七草粥は、思い出に繋がる心にも優しい癒し食かもしれません

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 家族の新年会 | トップページ | 河豚皮とキュウリのポン酢 »

コメント

遅くなりましたがおめでとうございます。
今年もよろしくお付き合い下さいませ。

適当にあるものだけでお粥を作ったことありますが、ちゃんとした七草粥を食べた事はないかもしれません。
ん?母が作ってたかしら(苦笑)
お正月も若い頃のように暴食することがなくなりました。

お子様や孫さん達が全員揃うのはなかなか難しいですね。
たくさんご用意されましたね。
お孫ちゃん、お元気になられたかしら。

私も、今朝、七草がゆをいただきました。
五行って、母子草のことなのですね? 
確かに美味しくなさそうです。
私はお粥にルッコラも入れました。
滋養がたっぷり!

pencilけいこ様
ホントは定期検査や手術の度にお粥食が続くので、何とも無い日にお粥は食べたくないのですが、【歳時食】をスルーするのに抵抗があって…七草粥、とくに美味しいわけじゃないけどcoldsweats01


pencilMONA様
七草が近くなると野菜売り場に七草セットのパック入りが並びますね…七草も栽培される時代smile

ば~ばさま、お早うございます~(ღˇ◡ˇ*)♡
「七草粥」召し上がったんですね
必ず歳時事をこなしていく、ば~ばさまの真摯で丁寧な暮らしぶりにハッと我に返り…
長く伝わってきた習わし事は粛々とやらなくてはいけないと思いました
何やかやと言い訳を付けて普通のお粥で過ごしてしまいました…๑→ܫ←p~♥
どこかで後ろめたさはあったのですが…(๑ˇεˇ๑)
一人暮らしなのに…ば~ばさまの生きる姿勢見習いたいです…☝(๑’ᴗ’๑)~♪
七草粥、さっぱりと美味しそうです~♥♬

penciltime様
七草粥ではありませんでしたが、timeさんの佃煮が乗ったお粥は美味しそうでした
七草粥は特に美味しい訳じゃありませんが、歳時食を摂らないと何となく「何か忘れてる、何か足りない」思いが引っ掛かります…日々ボンヤリ過ごしてますから食事だけはチャンととsmile

七草粥は古典文学にも記載があり 平安時代からの習慣なんですね。

囃し歌の歌詞は祖母がよく口ずさんでいましたが、「唐土の鳥が、、渡らぬ先に」の後に続く歌詞が思い出せません。 

昨日の昼食に七草粥を食べました。
乾燥させた「七草粥セット」を年末に買っておいたものを使いました。

pencilhikobae様
歳時食は何となく「食べなきゃ」と、不思議ですが食べて気が安らぐならそれでイイのかしら
七草囃し歌は「七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタクサ」かと…ただ、地方によって多少の違いがあるようですhappy01

七草粥の習慣も薄れてしまい、今年は作らず終いでした。
伝統情事は受け継いでいかなければ駄目ですね・・反省 (=´Д`=)ゞ

pencilyasu様
美味しいモノがいっぱいあるのに病気でもないのにお粥…ついスルーしちゃう気持ち解りますhappy01

七草粥を朝作るのは無理なので、夕食のときに炊いてます。
夫がおかゆ好きなので楽しみにしていますが、七草全部自分で摘むことが出来ないのでパックになったものを買っています。

次は20日の鏡開き。
お鏡さんはないのですが、お正月の切り餅を残しておいておぜんざいを作ります。
鏡開きよりおぜんざいが目当てです(笑)

pencilMOM様
私も七草はパック入りです…関東の鏡開きは11日でしたが、そちらは20日なんですねsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族の新年会 | トップページ | 河豚皮とキュウリのポン酢 »