« 菜花入りさつま揚げ | トップページ | 大根の挽肉挟み焼き »

2018年3月12日 (月)

蕗の薹天麩羅

clover美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

ほろ苦き 恋の味なり 蕗の薹  (久女)

早春の味の代表格、蕗の薹

雪融けを待ちかねて、土手や庭先に顔を出す蕗の蕾のことです

萌黄色のふっくらした愛らしい姿が、春の到来を告げますね

.

蕗の薹は、特有のほろ苦さと、すがしい土の香りが身上で、昔から食用・薬用に摘まれてきました

一般に、早春の野草はアク味が強く、苦味も香りも強烈ですが、それは逞しい生命力の証し

そのアク味や苦味こそが、冬場に蓄えられた体内の塩分や脂肪を和らげ、新しい活力を生み出す源になるんです

.

蕗の薹は蕗の花の蕾で、通常に蕗と言われるのは葉茎

食用には、蕾が開く前のものが美味しい

刻んで、汁の実や蕗味噌に、丸のまま精進揚げや田楽にします

.

Photo_12

天麩羅にすると、特有の苦みが薄れて旨味になります

蕗の薹の幾つかを、烏賊や他の野菜などと共に細かく切って“掻き揚げ”にすれば、少しの蕗の薹も、ボリューム感のある天婦羅に

.

薬用には、干して煎じて飲むと、咳止め効果があるといわれます

.

蕗はキク科の多年草で、日本特産野菜

種子がタンポポのように飛び散るので、「吹雪=ふぶき~フキ」になったという説がありますが、諸説あって決定はありません

花言葉は『公平な判断』

.

私の住む周辺には、蕗の薹が芽を出しそうな場所は無いので、産直で買うのですが

身近に蕗があるところに住んでいたら探しに行くのも楽しいでしょうね

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 菜花入りさつま揚げ | トップページ | 大根の挽肉挟み焼き »

コメント

こんにちは^^
あの苦みと香りに、春を感じますね
蕗味噌も良いけど、やっぱり天ぷらが美味しいですね^^
昔、実家の土手にいっぱいなってるのに
スーパーで高値で売ってるのを見て驚いたことがあります。

pencilチーちゃん様
近くには蕗が生える原っぱも土手も無く遊歩道もワンコに占有されてるし…いよいよ春ですねsmile

海辺の町には多分たくさんの春の野草たちが咲いていると思いますが…
私にその知識が無いのでさっぱり分かりません…(๑ˇεˇ๑)
スーパーに行って袋に入ってなくては食べ物と分かりません
駄目ですね…(๑´ლ`๑)フフ♡
蕗の薹天麩羅…堪りませんね美味しいですよね
筍、タラの芽、蕗、ぜんまいどれも季節を食べるようで贅沢な感じです
ほろ苦き 恋の味なり 蕗の薹…恋の味はこんな味でしたか…
忘れてしまいました…꒰ღ˘◡˘ற꒱❤⃛

penciltime様
たぶん蕗の薹以外にも野蒜、菜の花、土筆やヨモギなどなど摘めるんでしょうね
我が家周辺は行政の緑地整備なる計画で作られた並木通りや公園、遊歩道は有りますが“自然”と言う感じではないの…しかもワンコたちの散歩道で
『恋の味』も人それぞれかも~杉田久女(すぎた ひさじょ)さんの恋はほろ苦かったのねhappy01

友人と田舎道を歩いていた時、たくさんの蕗の薹を見ました。
でも、よそのお宅のお庭だったので摘めませんでした。
何度かコゴミを摘みに行ったことがあるのですが、その川辺は埋め立てられてしまいました。
コゴミの天ぷら大好きなので残念です。

もう一度、蕗の薹の天ぷらが食べたくなりました。
また摘みに行きましょう! 
まだ大丈夫だと思う。

pencilMOM様
造成が進むと野草や山菜の生える自然が減りますね、止むを得ないと思いますが寂しいですconfident


pencilMONA様
この蕗の薹長野の産直で買いましたが、関東南部でも日陰ならまだ残っていそう…名残の味delicious

蕗の薹、ほろ苦くてアクがありますね。
でも、天婦羅にすると美味しい、大好物です。

アクというと森友問題の公文書改ざんが明らかになりましたね。 
『花言葉』のどおり公平な判断で、諸悪の根源を留め挿しアクを出し切ってほしいですね。bearing

pencilyasu様
天麩羅にすると、このほろ苦さが旨さになりますね~春を感じるのにも欠かせない味です
全ての罪を官僚に押し付け“トカゲの尻尾切り”、政治家の遣ることはいつも変わりませんねdespair

蕗の薹の天ぷら、菊の花のように奇麗に出来てますね。
春~て感じで、美味しくて、懐かしい 蕗の薹です。
昔、季節になると母がよく持って来てくれました。

pencilhikobae様
開ききっていなのを揚げたので可愛いでしょ、開き切ったり傷の有るのは蕗味噌にしましたsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菜花入りさつま揚げ | トップページ | 大根の挽肉挟み焼き »