« キヌサヤをサラダで | トップページ | 塩茹でソラマメ »

2018年4月16日 (月)

新牛蒡と鯛兜煮

bud美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

“新牛蒡”が店頭に並び始めました、ひね牛蒡より柔らかく香りも高い初夏の味

収穫後数日で店頭に出るので、掘りたての瑞々しさが堪りません

.

牛蒡はキク科で、ヨーロッパからアジアにかけてが原産地

日本には中国を経て伝わり、平安時代には栽培が始まっていたと言います

中国では風邪予防の薬用に使われますが、主として食用にするのは日本だけらしいですね

.

“権棒”とか“ゴンボ”などと呼ぶ地方もあります

地味な野菜で品種の分化はあまり見られません

滝野川牛蒡の系統が栽培の主流で、千葉県・茨城県・埼玉県が主産地です

.

牛蒡には、期待できる栄養分は殆どありませんが、カルシウム・リンのほか食物繊維が多く、とくに消化・吸収し難い炭水化物のイヌリンが含まれるので、整腸作用や便通に効果があります

皮に風味があるので、こそげたり剥いたりはせず、タワシで泥を落とす程度でOK

アクが強いので酢を少し加えた水に放つと言われますが、新牛蒡は香りが命なので切って直ぐに使った方が美味しいです

.

名残の桜鯛の頭と“新牛蒡と鯛兜煮”

Photo_4

.

天婦羅、キンピラ、吸い物、炊き込み飯、五目寿司、甘辛煮つけ…使い道は多様

とくに、笹掻きした牛蒡は、鰻や穴子、泥鰌などの他、牛肉などと卵を回し入れた柳川風にすると抜群に美味しいですね

最近の若い人たちには牛蒡のサラダが好まれているそうで、胡麻やマヨネーズなどとの相性もイイです

.

余談

貝原益軒が『大和本草』の中で、牛蒡について「本邦には菜中の上品とす(わが国の野菜の中では体のためにも大事なものだ)」と書いています

牛蒡は丈夫な野菜で、細長いところから『細く長くつつましく生きる』の願いを込め、祝い膳などに使われます

正月のおせちの“開き牛蒡(タタキ牛蒡)”は、牛蒡の根が地中に深く入り込む…家の基がしっかりする、堅固になるという願いから

.

『人の牛蒡で法事する』という諺があるんです

昔は、葬祭や法事には隣近所が助け合い、主婦たちが役割分担で煮染めやけんちん汁、キンピラなどの料理を作ったそうです

その材料を用意しないで、誰かが持って来るのをあてにした家を皮肉った諺

そんな諺に出るくらい、精進料理には牛蒡が欠かせないものでした

.

冠婚葬祭…牛蒡が無くては始まらないようですね

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« キヌサヤをサラダで | トップページ | 塩茹でソラマメ »

コメント

こんにちは^^
煮物でもご飯でも汁物でも牛蒡が入ると
グンと美味しさが引き立ちますね^^
お料理には欠かせません。
天麩羅とサラダも大好きですー^^@

今日も風が強くて桜の花びらが雪のように舞ってます。

pencilチーちゃん様
牛蒡って出汁になりますね、キンピラや柳川もイイし~掻き揚げが蕎麦に入ってると嬉しい!happy01

濃いおつゆで煮込まれて絵皿に乗って運ばれてくる兜煮は高級和食屋さんの定番ですよね
ば~ばさまは食材のノウハウを提供しながらご自分で板場に立ち自らの腕を振るう女将なんて適職でしたね
着物着て割烹着して…私、絶対通いましたよ…*´◡`☝
このお料理、ごぼうの出汁が出て美味しく煮上がったでしょうね

霞が関地方は嘘と忖度でゴチャゴチャ…
このお粗末さ…呆れて怒る気にもなりません…´~`

penciltime様
鯛兜は骨が殆どで食べるには面倒ですが、それだけに少しの身が余計に美味しく感じますね

昔から政治家や官僚は悪代官のイメージ、セクハラもパワハラも被害者の我慢で隠蔽されてきたことが、いまは「we too、me too」で勇気ある訴えが多くなりました
でも、悪代官たちの本性は昔のままですね…加害者を擁護し被害者を恫喝するような“オエライさん”ばかり、嘘が罷り通る魑魅魍魎たちcoldsweats02

鍋にすることはありますが 兜煮はやったことないです。
煮魚ってあまり好きじゃなくて・・・
でも、この一皿、夫に出したら喜びそう・・・

新ごぼう 美味しいですね。
何処だったか?? 旅の昼食に牛蒡茶が出て、健康に良いという事で、皆で買いました。
効果はあったんでしょうか?

pencilhikobae様
身が少なく食べるのが面倒ですが鯛の頭は美味しいです…牛蒡もやっと制限食から解禁ですsmile

ごぼう大好きです。
お魚料理の中では鯛の兜煮が上位に入ります。

ごぼうは日本食料品店にありますが、鯛のアラはなかなか見つかりません。
たまにあるようですが、まだお目にかかっていません。
私が来ると娘はいつもごぼうを買って、「きんぴらを作って」といいます。
孫たちも好きなようです。

pencilMOM様
娘さんはまだしもお孫さんたちがキンピラ好きなんて嬉しい限りです…そう言えば牛蒡は食べないと思われていた外人さんたちも日本に来て食べた和食でキンピラが人気ですってsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キヌサヤをサラダで | トップページ | 塩茹でソラマメ »