« 佃煮の日 | トップページ | 日本人の新美学 »

2018年6月30日 (土)

オクラのマスタード漬け

bud美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

関東甲信では昨日、史上初の速い梅雨明けで連日猛暑日

本来ならこれから夏本番~なのに、長ーい夏になりそう

.

散歩の途中、他家の庭にオクラの黄色い花が咲いていました

「そうか、オクラは夏が旬なんだ」と思いだし「オクラを買って帰ろう」(単純coldsweats01

.

オクラは黄蜀葵と書きます

芙蓉やハイビスカスと同じ葵科で、黄蜀葵はトロロアオイのこと

別名を陸蓮根と言うのは粘りからでしょう

.

オクラは西アフリカ黄金海岸での呼び名で、そこから広まったと言われます

和名はアメリカネリで、日本にはアメリカから入ったようですね

.

早朝に咲いた花は昼にはもう萎み莢が出来ます

翌日の夕方にはもう収穫出来るんです

.

完熟した種子は煎ると珈琲の代用品に、タンポポの根よりはそれっぽいかな?

.

お浸し、酢の物、和え物、サラダ、汁の実、山掛け…などなど

茹でるだけでなく、焼いても、炒めても、揚げても美味しい

刻んで麺の薬味、魚介と山葵醤油、塩雲丹と和えると酒肴にバッチリ

ネバネバ人気で、長芋や納豆、ナメコなどネバネバ食品を組み合わせるのが好まれていますね

.

オクラは、新鮮で産毛がピンとして緑色が鮮やかな物は生でも使えます

茹でて刻む時は丸のままサッと茹でてからヘタを落とし刻んだ方が粘りが強い

.

爽やかな夏の味、オクラのマスタード漬け

Photo_3

オクラを塩で擦って産毛を取り、水洗いして水気をしっかり拭きます

粒マスタードを加えて良く揉んで馴染ませ、そのまま40~50分置くと「ン旨いー!」

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 佃煮の日 | トップページ | 日本人の新美学 »

コメント

夏に オクラや茗荷は冷蔵庫に常備してますが~
オクラをこのようにしたことは無いですね。
粒マスタードもあるし、やってみようかな・・・
私には粒マスタードが多いような気もします。

pencilhikobae様
粒マスタードは練り芥子のように辛くないので味を浸ませるには多めで、食べる時に落しますsmile

ほんとに早い梅雨明けで、暑い夏をいかに快適に過ごせるか・・・・。

このオクラのマスタード漬け、真似っ子させていただきます。
簡単!美味しそう!

ニャンコがいるのでほぼ一日エアコンつけっぱなし、
いいのかなぁ~。

pencilつきのこ様
私も独りなので、ついエアコン我慢になりがちです
でも、暑さを苦痛と感じる時は手遅れと言われて早めにエアコン…倒れないことが使命かとcoldsweats01

へぇー! そういう食べ方があるのですね。
オクラを鉢に植えてあります。
まだ、小さい苗木。
実ったら、ぜひ、マスタードで和えてみます。

生オクラは初めてです
是非作ってみたいです!
だいたい茹でて刻んでおかかをかけて…
後は煮物、天ぷらと変わり映えしないです
梅雨明けしましたね…
いつもよりだいぶ早いらしいですね
長い夏になりそうですね…お水を飲んで熱中症気をつけましょう…´◠`☝

pencilMONA様
和えると言うよりオクラがしんなりするまで漬けます、若いオクラほど味が浸み易いかもsmile


penciltime様
オクラがしなっと漬かれば食べられます
まだまだ暑さの先は長いですね~2ヶ月以上猛暑に耐えるには気力以上に体力が要りそうcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佃煮の日 | トップページ | 日本人の新美学 »